愛犬のトイレトレーニングを失敗してしまった時の対処法3つ

愛犬のトイレトレーニングを失敗してしまった時の対処法3つ

基本的なしつけの1つである、犬のトイレトレーニング。最初は誰でも失敗することだってあるはず。そんなとき、どうしたら良いのか…?この記事では、トイレトレーニングに失敗したときの対処法についてお伝えしていきます。

お気に入り登録

犬のトイレトレーニング

黒い子犬

トイレトレーニングは早いうちから!

犬のトイレトレーニングは、子犬のときから教えてあげられる状況がベストです。成犬になってからのトレーニングも可能ではありますが、覚えるまでに時間を要するため、根気強く教えることが必要となってきます。

最初からできる犬もいるのはなぜ?

家に来た直後から、まだ教えていないにも関わらず、トイレが完璧の犬が時々いるんです。我が家で初めてお迎えした犬もそうでした!

そのような犬たちも最初から完璧な訳ではなく、ブリーダーさんやペットショップの方がしつけてくれているため、トイレができるそうですよ。上手にトイレができたら褒めてあげましょう。

トイレを覚えさせる秘訣とは

トイレシーツのそばに立つ犬

トイレのタイミングを把握する

犬がよくトイレをするのは「寝起き」「飲食後」「遊んでいるとき」です。トイレをしたくなると、落ち着きがなくなってそわそわしたり、同じ場所を何度も歩き回ったりします。くるくる回り始めたらトイレの合図かもしれません。

予兆が現れたらトイレへ連れて行く

上記のような動きが見られたら、トイレのある場所に抱っこで連れて行ってあげましょう。犬のいる位置にトイレを移動するのは逆効果。折角トイレを覚えようとしている犬の記憶を邪魔してしまい、混乱を招きます。

ペットシーツは広めに配置

失敗する前提で、ペットシーツは広めに配置しておきましょう。最初は2〜3枚程を目安に並べておき、はみ出しを防ぎます。犬がオシッコする場所が分かってきたら、徐々にペットシーツの枚数を減らしていきます。

失敗してしまったときの対処法

ゴールデンレトリバー

1. 失敗しても怒らない

失敗したときに怒ってしまうと「排泄するのは悪いこと」と犬が誤認してしまい、トイレを我慢する癖が付いたり、隠れてオシッコするようになったりします。そのままストレスが蓄積すると、食糞してしまう場合もあるので危険です。

最初はできないのが当たり前なので、失敗しても怒らず、気長に見守りましょう。

2. 粗相した場所はすぐに消臭

人間には分からなくても、一度粗相したところにはニオイが残ってしまい、続けて何度も粗相してしまうことがあります。

そのため、即座に消臭することが大事です。犬がマーキングしないようニオイの素を除去し、清潔な環境を保ちましょう。

犬が舐めても大丈夫な消臭スプレーもあるので、トイレを覚えるまでの間は、舐めても安心なスプレーを使うことをおすすめします。

3. 無言で素早く片付ける

床を拭く手

失敗したとき犬に構うと、構って欲しさにわざとトイレを失敗することがあります。

理由だけ聞くと可愛いと思ってしまいがちですが、これが習慣付くと、直すためには相当な時間がかかります。失敗したときは怒ったり褒めたりせずに、無言でさっと片付けると良いでしょう。

まとめ

トイレシーツに囲まれた犬

トイレトレーニングは最初が肝心です。失敗が続くこともありますが、愛犬を信じてしっかりトレーニングしてあげて下さい。一度覚えてしまえば自然と身に付き、悩んでいた時間が嘘のように思えてきます。

外でしかトイレをしない、という犬もたまに見かけますが、天気が悪い日は飼い主さん共々お散歩に行くだけでも一苦労…。家の中&外出先どちらもトイレを覚えてくれると良いですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。