犬の口腔内にはどれだけの細菌がいるの?キスは避けるべき?

犬の口腔内にはどれだけの細菌がいるの?キスは避けるべき?

犬は感情表現として飼い主さんのお口を舐めたがるものですが、衛生面が少し気になるところ。愛犬が一生懸命ペロペロとキスをしてくれるのは何とも嬉しいことですが、愛犬とのキスにはリスクがあるのでしょうか?今回は「犬の口内細菌」について解説いたします。

はてな
Pocket
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の口腔内細菌はどのくらい?

口を開けているダルメシアン

犬の口腔内細菌は約400種類が特定がされています。まだ特定されていないものを含めると、今後細菌数がもっと増える可能性があります。

人間と犬は保有する菌の種類が違う

人間の口腔内にも同じく約400~500種類の細菌が存在しています。しかし、人間と犬とでは細菌のバリエーションに違いが見られます。人間と犬で共通して保有している菌は約15%程度です。人間と犬の口腔内細菌の種類がほとんど違うのは、人間と犬の食べ物が違うためであると考えられています。

人間に有害になりうる菌

顕微鏡を覗く女性

パスツレラ菌

70%の犬の口腔内にいる菌で、猫の場合ではほぼ100%存在すると言われています。噛まれることがなくても、犬に口の周りを舐められたり、犬の唾液などが飛ぶなどの理由でも感染症を引き起こし得る細菌です。

  • 皮膚の化膿
  • 呼吸器系疾患
  • 骨髄炎
  • 敗血症

などを引き起こす例があり、死に至ってしまったケースもあります。

カプノサイトファーガ

こちらも犬の口腔内にいる細菌で、カニモルサス、カニス、サイノデグミという3種類があることが分かっています。カプノサイトファーガ菌は、咬まれたり引っかかれたりすることで感染症を引き起こす恐れがあります。

  • 発熱
  • 倦怠感
  • 頭痛

などの症状で自然に治まることがほとんどですが、

重篤化すると

  • 敗血症
  • 髄膜炎
  • 播種性血管内凝固症候群

などの救急医療が必要な全身症状に進行する恐れがあります。

報告されている患者数は少なく、発症率は低いとされています。しかし、日本国内では1993年~2017年末の24年間で93件の感染が確認されており、そのうち19例が死亡に至っています。そのほとんどがカニモルサスの感染で、軽症で2件のサイノデグミの感染が報告されています。海外でも発症に至って重篤化してしまったケースもあるため油断は禁物です。

手足の大部分を失った女性の例

エマージェンシーの看板

2007年オーストラリアで、ある女性が病院に緊急搬送されました。搬送された女性の症状は、両腕両足が冷えて斑点が出ており、顔は紫色に、ほとんど話すことが不可能という重篤な状態でした。その原因は細菌感染によるものでした。

カプノサイトファーガ・カニモルサス菌が原因

カプノサイトファーガ・カニモルサスという菌が原因であることを特定できた頃には、その女性の入院は2週間に及んでいました。最終的に抗生物質によって回復することができましたがすでに遅く、女性は左膝下と右足の一部、手足の指全体を切断せざるを得ませんでした。

その女性が具合が悪くなる以前のことを思い返してみると、足の甲を軽く火傷したことを思い出しました。そして、その火傷部分を愛犬が舐めたということも。

こんな場合は要注意!

注意マークの積み木

犬に口や手などを舐められたからといって、必ず感染症を引き起こすわけではありません。

しかし、

  • 傷口を舐められた
  • 血が出る咬まれ方をした

など、傷口に犬の唾液が付着した可能性がある場合や、

  • 高齢者
  • 妊婦
  • がん患者
  • アルコールを過剰に飲む人
  • 脾臓を摘出した人
  • ステロイドなど特定の薬を服用している人

など、免疫力が低下している状態の方の場合は、細菌感染が重篤な症状になる危険がありますので注意をしましょう。

まとめ

眼鏡の女性にキスをする犬

犬の口腔内には約400種類もの細菌がいます。それらは健康な犬でも保菌していることが普通なのですが、その細菌の中には人間に感染すると最悪の場合死に至る恐れのある種類も存在しています。犬の口腔内細菌による感染症の原因菌はパスツレラ菌とカプノサイトファーガ菌であることが多く、国内外で感染例が報告されています。犬とキスをしたからといって必ず感染症になるわけではありませんが、犬の唾液が付着した場所に傷口があった場合や免疫力が弱い状態の方は感染症の発症に十分注意しましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。