犬を撫でではいけないタイミング5選!無理に撫でるとどうなるの?

犬を撫でではいけないタイミング5選!無理に撫でるとどうなるの?

犬は動物の中でも人とスキンシップをとることが好きと言われています。しかし、だからといって、いつ如何なる時も撫でられたいとおもっているわけではありません。また、犬を撫でてはいけないタイミングも存在します。では、どのようなタイミングに犬を撫でてはいけないのでしょうか。

お気に入り登録

犬を撫でてはいけないタイミング

撫でられるチワワ

大好きな愛犬を撫でてあげたい、可愛いわんちゃんを撫でたいと思うことはあるでしょう。しかし、タイミングによっては、それが愛犬にとって悪い影響を与えることもあります。ここでは、犬を撫でてはいけないタイミングをご紹介していきます。

1.悪い事をした時

叱られる犬

愛犬がいたずらをしてしまったり、トイレトレーニングを失敗したりした時、「ダメでしょ」と口では言いながらも、つい可愛くて撫でてしまう…ということはありませんか。

しかし、「ダメなこと」と教えなければいけないタイミングで撫でてしまうと、犬は人間の言葉が基本的に理解できないため、「褒められた」と勘違いしてしまう恐れがあります。

すると、「また飼い主さんに褒めてもらおう」とダメな行動を繰り返す原因にもなりかねません。叱っている最中や悪い事をしたタイミングでは、撫でないようにしましょう。

2.寝ている時

眠るチワワ

すやすやと愛犬が寝ている時、その安らかな寝顔が愛おしくて優しく撫でてしまうことはよくありますよね。しかし、犬は警戒心の強い動物のため、ちょっとの刺激で目を覚ましてしまいます。

優しく飼い主さんが撫でた場合であっても、「飼い主さんが撫でている」という刺激によって、目を覚ましてしまうことが多いです。

すると、せっかくの眠りを妨げる行為になるため、愛犬にとっては良くないですよね。眠っている時も邪魔をしないよう、そっと見守りましょう。

3.ごはんを食べている時

ドッグフードを食べる犬

愛犬がもりもりとごはんを食べている姿を見ると、安心すると同時に可愛いと思ってしまいますよね。つい手を出し、撫でてしまう飼い主さんも多いですが、これもNGです。

犬にとって、ごはんタイムは何より大事な時間です。そのタイミングで撫でてしまうと、反射的に威嚇してしまう子もいるほどです。

威嚇をしなくても、気が気でなくなってしまったり、集中力が切れ、途中でごはんを食べるのをやめてしまったりと、気を散らせてしまう可能性があります。

ごはんの最中は愛犬がゆっくり、集中して食べられるよう、少し遠くから見守ってあげると良いでしょう。

4.帰宅時

外出先から帰ってきた際、愛犬が嬉しそうに飛び跳ねる勢いで出迎えてくれる光景。飼い主にとっては至福の時間でもありますよね!「ただいま!帰ってきたよ!」とつい撫でたくなってしまいますが、そこはグッと我慢してください。

外出先から帰宅した際、興奮状態の愛犬を撫で、飼い主がオーバーリアクションをとってしまうと、犬も「飼い主さんが居なくなるのは一大事である」と認識してしまいます。すると、お留守番が上手くできなくなってしまったり、分離不安の症状を引き起こしたりする恐れが高まります。

これは、帰宅時だけでなく、外出時も同じです。飼い主が家から居なくなる時、帰ってきた時は、愛犬に「大したことじゃないよ」と感覚的に教えるためにも、あまりかまわないようにしましょう。

5.離れた場所で休憩している時

愛犬が、わざわざ飼い主から離れた場所へ移動し、休憩したり、日向ぼっこしていることはありませんか。その際、わざわざ近寄り、撫でてしまう…ということもあるでしょう。

しかし、愛犬が『わざわざ』離れて休んでいるということは、「今は1人でのんびりしたい」という意思の表れでもあります。邪魔をせず、遠くからそっと見守ってあげてくださいね。

まとめ

撫でられて嬉しそうな犬

いかがでしたでしょうか。撫でてはいけないタイミングで無理に撫でてしまうと、しつけに悪影響を与えたり、愛犬が十分に休めなかったりします。一緒に遊んでいる時や甘えたそうにしている時など、最適なタイミングで撫でてあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。