『見分けるのが難しい犬種』3選

『見分けるのが難しい犬種』3選

『見分けるのが難しい犬種』についてまとめました。これからご紹介する犬種は、とてもよく似ているけれど、見分けるためのそれぞれの大きな特徴があります。それぞれの犬種の魅力についてもご紹介しています。

お気に入り登録

1.【シェットランド・シープドッグ】と【ラフ・コリー】

笑顔で前かがみになるシェルティー

スコットランドのシェトランド諸島が原産地であるとされているシェットランド・シープドッグ。イギリスが原産地であるとされているラフ・コリー。ラフ・コリーは、スコットランドのハイランド地方で牧羊犬として従事していたとされています。どちらもスコットランドの関係のある犬種で、見た目もとてもよく似ていますよね。そして、どちらも古くから牧羊犬として活躍していました。

シェットランド・シープドッグ (Shetland Sheepdog)の特徴と魅力

シェルティー(Sheltie)の愛称で呼ばれることも多いシェットランド・シープドッグは、体重が7kgから12kgほどの小さな犬種です。カラダの大きさにはバラつきがあり、より小さな個体もいますし、より大きな個体もいます。性格はとても愛情深く、飼い主さんや家族との深い関係を好みます。一方で、他人に対しては素っ気なく、柴犬などの日本犬にも似た性格を持つ個体もいます。牧羊犬として活躍していたことから、運動能力が高く、楽しみながらカラダを動かすことが好きです。

ラフ・コリー(Rough Collie)の特徴と魅力

手を差し出すコリー

ラフ・コリーは、体重が20kgから35kgほどの大きな犬種です。被毛がとても豊かなため、実際のカラダの大きさよりも、より大きく見えることがあります。性格は、親しみやすく、人懐っこいです。神経質な個体や攻撃的な個体はほとんどいません。また、洞察力に優れていることから、飼い主さんや家族の気持ちを敏感に感じ取ります。高齢の家族にはそっと寄り添い、幼い家族と活発に遊ぶことも好きです。

2.【シベリアン・ハスキー】と【アラスカン・マラミュート】

岩場に座るハスキー

アメリカが原産地であるとされているシベリアン・ハスキー。とてもよく似ているアラスカン・マラミュートとは、近親関係にあります。アラスカン・マラミュートもまた、アメリカが原産地であるとされており、祖先はシベリア原産の犬なのではないかとされています。どちらの犬種もソリ引きレースに参加するイメージがありますが、シベリアン・ハスキーに関しては、夏はボートを引くこともあったようです。

シベリアン・ハスキー(Siberian Husky)との特徴と魅力

シベリアン・ハスキーは、体重が15kgから28kgほどで、骨太な手足が特徴的です。目の色は、ブルーとブラウンがありますが、左右の目の色が異なるオッドアイも認められています。ブルーの目をしたシベリアン・ハスキーからは、祖先とされるオオカミの雰囲気も漂いますよね。見た目の特徴から不安を抱く人もいますが、性格はとても優しく友好的で、過剰に警戒したり、攻撃的になることはほとんどありません。

アラスカン・マラミュート(Alaskan Malamute)の特徴と魅力

岩場に伏せるマラミュート

アラスカン・マラミュートは、体重が34kgから38kgほどで、筋肉質な手足が特徴的です。目の色は、ブラウンのみです。大きなカラダとオオカミのような見た目の印象とは違い、性格は穏やかで愛情深いです。献身的な一面も持ち、どんなときも飼い主さんや家族の遊びに付き合ってくれます。協調性のある犬種なのですが、他の犬からしつこくされると、強く出てしまうこともあります。

3.【ボストン・テリア】と【フレンチ・ブルドッグ】

伏せるボストンテリア

アメリカが原産地であるとされているボストン・テリア。アメリカ原産の犬種の中で三番目に古い歴史を持っています。1870年代にボストン市を中心に作りだされた犬種なのですが、当時は体重が23kgもあり、大型であることからボストン・ブルと呼ばれていたそうです。フランスが原産地であるとされているフレンチ・ブルドッグ。1880年代にパリで作り出された犬種なのですが、特殊な外貌を持つことから、芸術家や上流社会で愛されていたそうです。

ボストン・テリア(Boston Terrier)の特徴と魅力

ボストン・テリアは、体重が3つに分類されており、①6.8kg未満、②6.8kgから9kg未満、③9kgから11.35kgと分類されています。ガッチリとした筋肉質なカラダが特徴的ですが、実はとてもスリムな体型の持ち主です。快活で賑やかな性格ですが、飼い主さんや家族に対しては顔色をうかがうような繊細な一面も持ち、嫉妬深い性格である個体もいます。

フレンチ・ブルドッグ(French Bulldog)

芝生に伏せるフレブル

フレンチ・ブルドッグは、体重が8kgから14kgほどで、筋肉質なカラダと大きな耳が特徴的です。また、顎の力が強く、噛む力にも優れているとされています。遊び心のある活発な性格で、飼い主さんや家族に対する愛情がとても深く、甘えん坊で寂しがりやな個体が多いことで知られています。

まとめ

お布団で眠るハスキーの子犬

見分けるのが難しい犬種について、

  • シェットランドシープドッグとラフコリー
  • シベリアンハスキーとアラスカンマラミュート
  • ボストンテリアとフレンチブルドッグ

の6犬種をご紹介しましたが、それぞれの犬種の特徴や魅力を知っておくと、すぐに見分けることができますね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。