犬の鼻が乾いているのは病気ってほんと?今すぐ愛犬の鼻をチェックしてみて!

犬の鼻が乾いているのは病気ってほんと?今すぐ愛犬の鼻をチェックしてみて!

「犬の鼻が乾いているのは病気の証拠」という話を聞いたことはありませんか?犬の鼻はなぜ濡れているのか、鼻が乾いているときは本当に病気なのか、犬の鼻の仕組みを詳しく解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の鼻が濡れている理由

犬の黒い鼻アップ

基本的に犬の鼻は常にやや湿った状態でひんやりとしています。犬の鼻が濡れている理由は主に2つあると言われており、その1つ目が「嗅覚をより研ぎ澄ますため」です。

犬の嗅覚は非常に優れているということは広く知られていると思いますが、乾いている状態よりも濡れている状態の方がその能力がより高まると言われています。鼻が薄い粘膜に覆われて湿っている方が、においの成分をキャッチしやすく、より吸収できると考えられているのです。

犬が集中しているときや何かに注目しているときに鼻をペロッとなめるのは、自分の感覚をより高めて情報を得ようとしているのではないかとされています。

犬の鼻が濡れている理由として、次に考えられるのが体温調節のためです。犬の体には足裏など一部を除いて汗腺がなく、人間のように発汗によって体温を下げることができません。

そのため、口をあけてハアハアと息をするパンティングなどで体温調節を行いますが、濡れた鼻からの気化熱を利用して体の余分な熱を逃がしているとも考えられているのです。特に鼻は頭に近いため、脳が高温になることを防ぐためにとても重要な働きをしていると言われています。

犬の鼻が乾いていると病気って本当?

クッションを枕にして寝ているビーグル犬

犬の鼻が常に濡れていることには、上記で説明した通りの理由があります。しかし、犬の鼻が乾いているからといって過剰に心配する必要もありません。

犬の鼻が乾燥しているときは病気だと言われることがありますが、鼻の乾燥には室内の湿度や温度も影響しますし、元々乾燥気味の犬もいます。日当たりのいい場所やエアコンの風が当たる場所で過ごしているときには乾きやすいですし、眠っているときも乾いていることが多いと思います。寝ているときなど嗅覚を研ぎ澄ます必要がない場合などには、乾燥した状態のままになりやすいとされています。

また、老犬の方が乾燥しやすい傾向にもあります。ただし、ひび割れるほど乾燥しているときや常に乾燥している場合などには何らかのトラブルが起きている可能性もあります。鼻以外の健康状態などと合わせて様子を見ることが必要です。

反対に鼻が湿っていても鼻水が垂れているようであれば、体調不良を起こしている可能性があるので注意しましょう。透明のさらっとした鼻水が少量垂れているだけであれば問題ありませんが、黄や緑・黒色の粘液または泡状の粘液の場合は、動物病院で念のため診察を受けることをおすすめします。

犬の鼻が乾く原因となる病気について

氷嚢を頭に乗せている犬

犬の鼻が乾いているときに考えられる病気・トラブルには次のようなものがあります。

日焼け

鼻がカサカサと乾燥して赤くなっているときや、皮がむけているときは日焼けが原因の可能性があります。特に色素が薄く鼻の上がピンクになっている犬などは日焼けしやすい傾向にあり、長時間屋外で活動していた後などに鼻が乾燥していることがあります。

米国アジリティ―協会では、繰り返される日焼けは皮膚ガンの原因になることがあるので、日焼けしやすい犬・皮膚が敏感な犬は犬用日焼け止めローションを動物病院で処方してもらうといいでしょう。

皮膚疾患

日焼けや乾燥が進行して皮膚疾患となり、鼻が極度の乾燥状態になることがあります。ひび割れを起こしたり、傷やかさぶたがある場合には皮膚疾患を引き起こしたりしている可能性があるので、一度動物病院で診てもらうようにしましょう。

脱水状態

犬の鼻が乾燥しているとき、脱水状態に陥っている場合があります。日当たりの良すぎる場所やヒーターの目の前で寝ていた場合などにも体が脱水状態になって鼻が乾いてしまいます。

重度の脱水状態に陥っている場合は鼻の乾燥だけでなく、目の周辺がくぼんでいる、口内ノ乾燥、皮膚の弾力低下などが見られます。鼻が乾いていてぐったりと衰弱した様子が見られたら、重度の脱水状態の可能性があるので、すぐに動物病院に行ってください。

以上のような病気ではなくても、鼻が乾いてしまう場合があります。なかなか改善しない場合は動物病院を受診しましょう。

まとめ

犬の鼻に置かれた人の指

犬の鼻がいつも湿っているのは、嗅覚をより高めるためや体温調節のためだとされています。しかし鼻の濡れ方にも個体差があるため、やや乾燥気味の犬もいますし寝ているときには多くの犬の鼻が乾いていると思います。

犬の鼻が乾いている原因が自然な生理現象によるものなのか病気によるものなのかについては、それぞれの体質やそのときの状況によって異なります。まずは健康なときの愛犬の鼻の状態がどのようなものなのかをしっかりと把握しておき、異常があるときにはすぐ見極められるようにしておくといいでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。