犬の『拾い食い』がNGだと言われる理由3つ!やめさせる方法まで

犬の『拾い食い』がNGだと言われる理由3つ!やめさせる方法まで

犬の拾い食いによるアクシデントは、よく耳にします。特に散歩中などは、さまざまな物が地面に落ちているため、愛犬から目を離さず、飼い主側が注意していなければいけません。では、なぜ犬の拾い食いはNGなのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の拾い食いはNG!…どうして?

おやつの匂いを嗅ぐ犬

「愛犬が拾い食いをしてしまった!」というアクシデントは、様々な場所でよく聞きます。一般的に、犬の拾い食いはダメなことだからやめさせるべきという話が飛び交っていますが、なぜ拾い食いがダメなことであるか、ご存じでしょうか。

1.食べてはいけない物で中毒症状を引き起こすから

シャインマスカットと巨峰とデラウエアの葡萄

まず1つ目に、中毒症状の恐れがあるという理由です。食べ物や植物など、犬が食べてしまうと有毒性があり、中毒症状を引き起こす物は意外と多いです。有名な物だと、チョコレートや玉ねぎがありますよね。

もちろん、多量摂取しなければ、大事には至らないという話もありますが、実はこれも個体差が大きいです。多めに食べてしまっても中毒症状が現れない子もいれば、少量で死に至ってしまう子もいます。

そのため、「少量であれば、問題視するほどではない」と言われている食材や植物であっても、拾い食いをしないよう、しっかり見張る必要があります。

2.寄生虫が寄生している可能性があるから

芝生の上でうんちをする犬

散歩中に拾い食いをしている場合、その拾い食いしてしまった物は、誰が触った物なのか、あるいは他の犬が既に舐めてしまった物なのか、全く情報がありません。そのため、物によっては既に寄生虫が寄生している可能性もあるのです。

また、食糞の癖がある犬は要注意です。他の犬が排泄したうんちが片付けられずに残っており、それを食べてしまった…というトラブルも0ではありません。すると、糞を通して内部寄生虫が愛犬に感染する可能性があります。さらに、寄生虫の中には、犬から人へと感染する寄生虫もいるため、愛犬から飼い主へと感染するリスクも孕んでいます。

3.体調不良の原因になり得るから

拾い食いしてしまった物の中には、愛犬が初めて口にする物も多いでしょう。すると、犬にとって悪影響を与えるものも中にはあり、嘔吐や下痢といった体調不良の原因となることがあります。

中毒症状ではないため、一過性ではあるものの、やはり下痢や嘔吐を繰り返していると犬自身も辛いです。他の物を食べたり飲んだりすることもできなくなってしまうため、このような状態を回避するためにも、拾い食いはさせるべきではありません。

拾い食いをやめさせる方法

訓練中の犬と女性のシルエット

様々な危険性を孕んでいる、犬の『拾い食い』。こんなにも危険な理由があるのであれば、今すぐにでもやめさせたいと思う飼い主さんは多いですよね。

最も良い方法は、きちんと「待て」や「ストップ」という制止の言葉を学習させ、いざ拾い食いをしようとしたときに、言葉だけで制止させる方法です。しかし、この方法にも限度があります。

そのため、散歩中は、なるべく愛犬の意識を地面に向けさせないよう、声かけをしたり、時々走ってみたりと、メリハリをつけた散歩を行うように意識しましょう。そうすることで、「暇だなぁ。あ、いい物発見!」という状況を生み出さずに済みます。

家の中であれば、犬が届く位置に、口に入る大きさの物や食材、料理を置かないことが大前提です。犬の目に届かないところに置いておけば、犬も拾い食いのしようがないので、未然に防ぐことができます。

しかし、キッチンなどは、どうしても調理中に切った野菜の切れ端が落ちてしまう…ということが考えられます。したがって、愛犬がキッチンに入らないよう、柵を設け「ここから先は入っちゃいけないよ」と教えましょう。

まとめ

川沿いの道を散歩する女性とダックスフンド

いかがでしたでしょうか。犬は本能的に『拾い食い』をしてしまやすい動物です。しかし、拾い食いした物の中には、愛犬の命を脅かす危険な物も多いです。飼い主として、愛犬が拾い食いをしないよう、未然に予防したり、しっかり制止したりできるように日頃からトレーニングしておきましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。