犬が飛びかかって来た時にやってはいけないこと3つ

犬が飛びかかって来た時にやってはいけないこと3つ

犬が飼い主さんに飛びついている姿は微笑ましく見えますが、実は危険でやってはいけないことなのです。飼い主さんが転んで怪我をしたり、犬も巻き込まれてしまう可能性があります。

お気に入り登録

飛びかかってきた時にやってはいけない3つ

落ち葉の中を走る犬

1.ご褒美をあたえる

飛びかかってきた時に子犬や小型犬であれば可愛いかもしれません。そしておやつをあげてしまうこともあるでしょう。でもそれは犬のためにはなりません。犬は飛びかかると良いことがあると思い込んで、次もその次も飛びかかるようになります。

また、飼い主さんだけではなく他の人にも飛びかかるようになるので注意が必要です。
特に中型・大型犬の場合は相手が転んでしまったりして怪我をする可能性もあるので絶対にさせてはいけません。

2.褒める

これもご褒美を与えるのと同じで、飛びかかると良いことがあると覚えてしまいます。ついつい可愛くて「よしよし」「いいこだね」などと声をかけながら撫でてあげたくなりますが、そこはぐっと我慢して犬には厳しい態度を取るようにしましょう。

そうすると褒められていないことに気づき、逆にやってはいけないことだと学習できます。ただ難しいのは、今まで褒めていたのに褒めるのをやめてしまった場合です。犬は褒めてもらえるまでやめないこともあるので、しつけの見直しが必要です。一度獣医さんやドッグトレーナーさんに相談してみたほうが良いでしょう。

3.怯む

相手が怯むのも犬にとっては良いことのひとつなのです。自分のほうが優位な立場だと認識するからです。自分よりも弱いものには大きな態度を取ることもあり、飛びかかりがエスカレートして甘噛みしたりすることもあります。犬が飛びかかってきても怯まないようにしましょう。

しかし犬が攻撃的な場合は身を守るために行動してください。怯まないようにするのはあくまで犬が敵意を持っていないときです。敵意を持ってむかってくる犬からは身を守るようにしましょう。

飛びかからせないようにするには?

人差し指とミニチュアダックス

犬は最初から飛びかかるのが悪いことだと思ってはいません。むしろコミュニケーションのひとつとして行うことが多いでしょう。子犬や若い犬を見ていると飼い主さんに飛びかかったりすることが多いかと思います。犬同士であれば平気かもしれませんが、人間と犬とではコミュニケーションの取り方が違います。犬にその違いを教えなくてはなりません。

そのためには飼い主さんが小さな頃からきちんとしつけを行い、人に飛びかかるのは悪いことだと教えてあげてください。飛びかかってきたら無視したり、ダメという言葉がわかるようであればダメだと口で注意してそっけない態度をとったりしましょう。そうすると飛びかかると遊んでもらえない、嫌なことが起こると学習することができます。

もしそれでもダメそうだったり、どこかから譲ってもらった成犬が同じようなことをするようであれば、獣医さんやドッグトレーナーさんに相談してみましょう。場合によってはドッグトレーナーさんのもとに預けてみるのも良いかもしれません。場合によるのでまずは相談してみてください。

まとめ

リードをつけた犬

犬が飼い主さんを見つけて走ってきて飛びかかる光景は微笑ましいですが、これはやってはいけないことです。もし飼い主さんがバランスをくずして倒れたりしたら怪我をしてしまうかもしれません。犬には飛びかかることが悪いことであることを根気強く教えていきましょう。人間に怪我をさせてしまう犬の扱いは不幸なものになってしまうことが多いので、そうならないように犬のためにもきちんと教えてあげてください。

ひとりで教えるのが難しいようであればプロの力を借りるのも良い選択です。ドッグトレーナーさんは無料の相談会をやっていたり、ドッグスクールなどを開催しているところもありますので探してみましょう。もし飼い主さんでも手に負えない場合はそういった場所を利用して犬と一緒に頑張ってみましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。