犬が『不調』を訴えている時にするサイン3つ

犬が『不調』を訴えている時にするサイン3つ

この記事では「【要監修】犬が『不調』を訴えている時にするサイン3つ」をテーマに、ワンちゃんが不調を訴える際にしている行動についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

不調を訴えている時にするサイン1:大人しい

こちらを見ている犬

不調を訴えている時にするサインとしてまず考えられるのが、ワンちゃんがあまり動きたがらなくなることです。これは普段から元気なワンちゃんの方が分かりやすいですが、大人しいワンちゃんでも体調が悪いと明らかに動かずじっとすることが増えます。

また、大人しくなることによって日常とは真逆の行動を取ります。例えば飼い主さんと遊ぶことが大好きなワンちゃんであっても、いくら飼い主さんが遊ぼうとよく遊ぶおもちゃで誘っても全くと言ってよいほど寄りついて来ません。

散歩に行くことが大好きなワンちゃんであっても、いくら飼い主さんが誘っても行こうとしなかったり、いつも決まった時間に行っていた場合でも、その時間になってもワンちゃんは散歩に行きたいというサインをしなくなります。

不調を訴えている時にするサイン2:食欲がない

ドッグフードの横で寝ている犬

上で書いた大人しいと似ていて、普段から食欲のあるワンちゃんであると分かりやすいのですが、ご飯や大好きなおやつを目の前にしても全く喜ばず、進んで食べようとはしません。

このような日頃とは真逆の行動をすると「どこか具合が悪いのか?」と、心配になってしまいます。フードが気に入らなくなってしまったのかなと思い違う種類の物を買ったり、おやつも色々と用意し試行錯誤するのも無理はありません。それでもなお食べないとなると最終的には無理矢理食べさせようと思ってしまうかもしれませんが、決してそのようなことはしてはいけません。

仮に無理矢理食べさせて上手く食べたとしても体調が悪いため胃腸も弱っています。そのため消化が上手くいかずに、消化不良をおこし下痢をしてしまったり、ワンちゃんが嘔吐をしてしまうことがあります。そうなると今度はワンちゃんが脱水症状になってしまう恐れが生じます。体調不良で嘔吐をすることにより体力をさらに消耗させてしまうことになります。

こうなってしまうと飼い主さんもさらに不安になってしまい負の連鎖が続いてしまいます。普段から食の細いワンちゃんだと気づきづらいですが、極端にご飯を食べなくなってしまったら、何かする前にまずは動物病院に行き診察をしてもらった方が良いと思います。

不調を訴えている時にするサイン3:普段はしない動き方をする

寝ている犬

体調が悪い時はワンちゃんも普段通りに生活するのが苦しい状態です。そのため普段はしない動き方をすることがあります。

小刻みに震えたり、寝方が少し異なっていたり、普段とは別の場所で寝たりと少しの違いかもしれませんが、これはワンちゃんが体調不良であるということを訴えているサインでもあります。

まとめ

コップを抱えて寝ている犬

ワンちゃんが体調不良である時に共通して言えることが普段とは異なる行動をするということです。様子を見て何か少しでも違和感を感じたらそれはワンちゃんからのサインであるかもしれないので、そういった際は獣医師さんに相談などしてみた方が良いかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。