犬に『あだ名』はつけない方がいい?

犬に『あだ名』はつけない方がいい?

人間同士も親しくなるとお互いに『あだ名』で呼び合ったりすることもありますが、犬も初めに付けた名前ではなく「ちゃん」を付けたりもっと変わったあだ名をつけて呼んだりしたことはありませんか? どんな名前で呼んでも振り返ってくれることが多いのですが、犬にあだ名をつけて呼んでもいいものなのでしょうか。

お気に入り登録

犬にとっての「名前」とは

首をかしげる様々な種類の犬たち

人間と同様に、犬にとっても名前とは他者に自分が呼ばれているということを認識するためにとても大切なものです。呼ばれたら「なあに?」と振り返ってくれたり、近くに寄ってきてくれたりと、コミュニケーションをとるためにも重要な「ツール」でもあります。

そのため、犬の名前は発音しやすく聞き取りやすく、そして覚えやすい短めのものが良いといわれています。「ポチ」や「コロ」なんてお名前は、犬にとっても聞き取りやすく覚えやすい良い名前なのかもしれません。

「名前=良いことがある」と覚えさせる

犬を飼い始めると、まず初めに名前を呼んで覚えてもらうことから生活がスタートします。このときに呼ぶ名前は犬にとって「うれしいこと」とセットにするとよく覚えてくれます。呼ばれて振り返ったら褒めてもらえたり、撫でてもらえたりした犬は、名前を「反応するといいことがある言葉」と覚えてくれるので、呼んだら嬉々として飼い主のところへ行くようになります。

反対に言うことを聞かないときに名前を連呼して、振り返ったときに叱られることが続くとどうでしょう。犬にとっては「反応するとイヤなことが起こる言葉」と覚えてしまい、ますます知らん顔を続けるようになります。

そのため、特に子犬の頃は注意を向けさせたり叱ったりする際に名前を呼ばないようにし、褒めるときに呼ぶようにすると良いようです。

犬にとっての「あだ名」とは

同じ方向を見つめるジャックラッセルと柴犬

友達や自分の子供に対して、親しみから様々なあだ名で呼んでしまうことも日常生活ではよくあるころです。これはもちろん犬に対してもついついやってしまうことで、例えば簡単な「くん」「ちゃん」付けで呼んでしまったり、あるいは本当の名前を短縮した形で呼んでしまったり、といったことはありませんか?

私もそうなのですが、我が家の犬を呼ぶときもついつい「もーちゃん」「もっちゃん」「おねえさん」「もーすけ」など、様々な呼び方をしてしまいます。どの呼び方をしても声が自分の方に向いているなと判断した犬は、ちゃんとこちらに反応してくれるのですが、これは長く一緒に生活しているから「どうやら自分が呼ばれているな」とわかるらしいんですね。

既に自分の名前をある程度認識していて、かつお互いにリラックスしている状態ならば、あだ名で呼んでも何のトラブルもないかもしれません。しかし、あだ名で呼ぶことがちょっとしたトラブルや問題行動につながってしまうこともある、という例を挙げてみたいと思います。

呼び戻しの場面

例えば、呼び戻しの場面で考えてみましょう。おうちで遊んでいるときや、ドッグランなどで少し飼い主さんから犬が離れているときです。手元に犬を呼び寄せようと、楽しい気分のまま、あだ名を呼んだとします。あだ名呼びに慣れている犬であって飼い主さんと信頼関係ができている犬はさっと近くに戻ってくるでしょう。

しかし、あまりあだ名に慣れていない犬だった場合、呼ばれたことに気が付かず遊びを継続してしまうかもしれません。そこでもっと犬の注意をひこうと変わったあだ名で呼ぶことは厳禁です。呼ばれなれていない名前は犬の注意をひくことはできず、犬は知らん顔をするでしょう。すると、呼んでも近くに来ない犬に焦れて、飼い主さんは少し語気を強めて犬の本名を呼んでしまいます。

名前を呼ばれたと思った犬は、いそいそと近づいてくるかもしれませんが、既に飼い主さんの語気が強く「いいこと」が起こる気配がないと感じると、犬にとって「名前=あまりうれしくないことが起こる」とインプットされてしまう危険があるのです。これが何度も続くと、犬は自分の名前を呼ばれただけで「また怒られる」と無視をするようになってしまいます。

本名とあだ名で混乱する

呼び戻しに限らず、日頃からあだ名で呼んでいれば自分の本名を呼ばれ慣れているあだ名と勘違いし、本名を呼ばれても無視するようになってしまったりします。また、様々なあだ名で呼ばれることで自分に対する声掛けがどれなのか混乱し、結果としてどの名前も定着しないこともあります。

まとめ

犬の横顔とクエスチョンマーク

人間同士であればあだ名の由来も理解できますし、親しみを込められているということもわかりますが、犬にとっては様々な言葉で呼びかけられるだけでとても混乱する「あだ名」です。常用せずに、ちゃんと名前で呼んであげる方が後々のトラブルにもつながらないのかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。