犬が来客のたびに吠えてしまう原因と対処法3つ

犬が来客のたびに吠えてしまう原因と対処法3つ

お客さんが来るたびに愛犬が吠えてしまい、困っているという飼い主さんも少なくないのではないでしょうか。今回は、わんこが来客のたびに吠えてしまう原因と、その対処法をご紹介します。

お気に入り登録

1.警戒心が強すぎる

歯を剥いて怒っている犬

かつては多くの家庭が番犬としてわんこを飼っていたように、わんこは元来、縄張り意識が強く、警戒心が強い生き物です。そのため、来客があるたびに「誰だ!出て行け!」と警戒吠えをしてしまう場合があります。多少の警戒吠えは、ある意味ではわんこに期待された役割でもあり、頼もしいものですが、飼い主さんが制止できないほど吠えつづけるのは困ってしまいますよね。

激しく吠え立ててしまう場合、もちろん、元々の犬種の特性や個体の性格が原因のこともありますが、社会化が十分でなく、家族以外の人に慣れていないことが原因であることも多いのです。

いろいろな人と触れ合う機会をつくる

過剰な警戒吠えをやめさせるためには、しっかり社会化を行うことが大切です。そのためには、同居の家族だけでなくさまざまな人と触れ合う機会をつくることが基本になってきます。まずは親戚や友だちを家に呼び、たくさん触ってもらったり遊んでもらって、仲良くなってもらうことから始めましょう。慣れてきたら、家の外で知らない人と触れ合うことにチャレンジします。

可能であれば、わんこが好きで声をかけてきてくれた人におやつを渡して、おやつをあげてもらいましょう。そういったことをくり返し、「他の人も怖くない」ということを覚えさせ、少しずつ社会化を進めていくことが大切です。

2.お客さんが好きすぎる

ウェルカムな犬

逆に、お客さんが好きすぎて、興奮のあまりに吠えてしまって手がつけられないというわんこもいます。これは、「早く遊んで!」「自分をかまって!」とアピールしようとする余りに激しく吠え立ててしまう、一種の要求吠えのです。可愛い理由ではありますが、訪れるお客さんの全員が犬好きとは限りませんし、遊ぶ時間がない場合もあります。

また、大事な話をしたいのに吠え続けられたら、たまったものではありませんよね。

落ち着くまでかまわない

この場合は要求吠えに当たるため、一番大切なのは、要求に安易に応えないこと。つまり、うるさいから仕方ないといってかまってあげたり、「はいはい」といった応答や「うるさい」といった叱責も含め、吠え声に反応するような声をかけないことが重要です。

可能であれば「オスワリ」でいったん落ち着かせてから遊んであげる、指示に従えないようであれば落ち着くまでは無視を貫き、落ち着いてから「えらかったね」と声がけをしてたくさん遊んであげましょう。

3.インターホンの音が怖い

インターホンを押す手

来客そのものではなく、インターホンの音に反応して吠えてしまう場合もあります。こういった子は、インターホンの音に恐怖や警戒を感じ、「何か普段と違うことが起こるぞ」「悪いことが起こるかもしれない」と怯えていることがほとんどです。

インターホンの音に慣らす

上述のように、インターホンに吠えてしまう子は、インターホンの音と「怖いこと」「悪いこと」を紐づけてしまっています。そのため、インターホンに吠えないようにするためには、インターホンの音と「良いこと」「楽しいこと」を紐づけることが大切です。具体的には、インターホンが鳴ったら、愛犬が吠えはじめる前におやつをあげるようにします。

まさにパブロフの犬方式ですが、「インターホンが鳴ったらおやつが貰える」ということを覚えさせることで、インターホンの音が良いことが起きる前兆であるという認識に変えてあげるのです。ただし、吠えてしまってからおやつをあげると、「インターホンに吠えるとおやつが貰える」と勘違いして覚えてしまうこともあるので、タイミングには注意が必要です。

まとめ

窓の外を見ている犬

いかがでしたでしょうか?お客さんが来ても吠えたりせず、良い子でお出迎えすることができたら、お客さんにも「えらいですね」と誉めてもらえること請け合いですよね。しつけにはある程度の時間がかかることを覚悟しなければなりませんが、ぜひむだ吠えのクセを直し、誰からも愛されるわんこを目指しましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。