犬のためを思うならやらない方が良いこと3つ

犬のためを思うならやらない方が良いこと3つ

犬にとっての幸せと人間にとっての幸せは違うこともあります。明らかに犬のためにはならない行動のほかに、良かれと思っていた行動でも実は愛犬のストレスになっている可能性もあります。今回は、大切な愛犬のために避けたい行動について解説いたします。

1.長時間の留守番

扉の前で伏せをして寂しそうな表情のレトリバー

犬は孤独が苦手

「核家族」「共働き」というライフスタイルが多くなった現代では、日中愛犬にお留守番を任せるご家庭も多いことと思います。これは仕方のないことですが、心に留めておきたいのは「犬は孤独が苦手である」ということです。犬は群れを成して生きる習性で、ひとりぼっちを嫌う動物です。犬はお留守番をすることはできますが、頑張ってくれているのだということを忘れずにいたいですね。

お留守番の環境を見直してみよう

とはいっても、どうしても愛犬にお留守番を任せなくてはいけないご家庭も多いことでしょう。愛犬がお留守番中にイタズラや破壊行動をしている場合は、強いストレスを感じている可能性があります。愛犬のストレスを少しでも軽減させるために、お留守番時の環境を見直してみましょう。

愛犬にお留守番を任せる際には、

  • 愛犬が安心してくつろげるスペースがあるか
  • 室温や湿度は犬にとって快適か
  • 家の中が真っ暗にならないか
  • 飲み水は清潔な一定量が保たれているか
  • トイレは清潔に保たれるか
  • ひとりで遊べる安全なおもちゃはあるか

などを確認してみましょう。わんちゃんは飼い主さんの帰宅を待っていますので、できるだけ早めに帰ってあげてくださいね。

2.頻繁に預ける

ケージの中から悲しげにこちらを見つめるフレブル

愛犬の性格によってはストレスになる

犬の性格も様々ですので、ペットホテルに預けられても楽しく過ごせる子もいます。しかし、神経質で人見知りなわんちゃんにとっては、知らない環境に預けられることがストレスになる場合があります。

自宅以外に慣れておくと安心

飼い主さんが旅行に行くときや諸事情で留守にする場合など、愛犬をペットホテルに預けなくてはいけないこともありますよね。最近ではペットの防災の意識も高まり、災害時のペットとの同行避難の認識も広まってきました。同行避難した際には飼い主とペットは別室になることがほとんどです。日常生活のペットホテルだけでなく、災害時に備えて子犬の頃から自宅とは違う環境に慣れていた方が安心です。

安易に「預ければ良い」と思わないで

自宅とは違う環境に慣れておいた方が災害時の同行避難の際にも安心ですが、だからといって頻繁にペットホテルに預けるのも、愛犬にとってストレスになる可能性があります。安易に「預ければ良い」と思わずに、まずは愛犬を預けなくても良い方法がないかをご家族で考えてみましょう。

3.過度な服飾

王様の服を着た犬

おしゃれを楽しむのは人間だけ

おしゃれな犬の服や首輪を見ると、つい買ってあげたくなってしまいます。しかし、忘れずにいたいのは「おしゃれを楽しむのは人間だけ」ということ。もちろん、犬に服を着させることは防寒・防塵・防水に効果的です。犬の服飾を選ぶ際には見た目のおしゃれさだけではなく、何の目的で着用させるのかが重要です。

品質と安全性を重視しよう

犬の服飾を選ぶ際には、

  • サイズは合っているか
  • 品質は良好か
  • 機能性があるか
  • 安全性は十分か

などを確認しましょう。サイズが合っていない服飾だと、動きづらかったり締め付けやこすれがあったりして、愛犬のストレスとなりケガの原因になります。犬の服や首輪などを選ぶ際には品質や安全性もしっかりと確認して検討しましょう。

犬にとっての幸せとは?

女性に抱っこされて笑顔の犬

犬にとっての幸せは、

  • 毎日ごはんを食べられること
  • 安心できる家で自由度が高く暮らせること
  • 飼い主と信頼や愛を共有できること
  • 健康を管理してもらえること
  • 適切なしつけを学び社会化されていること

などが挙げられます。人間にとっての幸せよりも、犬にとっての幸せはとてもシンプルなものです。愛犬との暮らしの中で「この行動は愛犬にとって幸せか」ということを考えてみることが大切です。

まとめ

飼い主に撫でられて嬉しそうに見つめる犬

今回は、大切な愛犬のために避けたい行動について解説いたしました。長時間の留守番をさせたり、頻繁にペットホテル等に預けたりすることは、犬にとってストレスになりやすい行動です。留守番や自宅以外の環境には子犬の頃から少しずつ慣れさせておくことが重要ですが、ご家族で留守番させなくても良い方法や、預けなくても良い方法を考えることも同じく重要です。

そして、過度な服飾も犬にとってストレスとなりやすいので、犬に服飾を着用させるときには必要性を考え、着心地や品質、安全性を重要視して選ぶようにしましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬の習性を知っていればわかることだと思います。あと過度な装飾は犬にとっては邪魔なだけ、見た目より質、機能性を重視するのが犬のためです。着せるなとは言わないが過度な装飾はやめましょう、犬が苦しむだけです
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。