それでも飼う?犬を飼うと面倒くさい4つのこと

それでも飼う?犬を飼うと面倒くさい4つのこと

実はほとんどの飼い主さんが感じてる?『犬を飼うと面倒くさいこと』についてまとめました。面倒くさいと感じながらも、大切な愛犬のことを思うと、やらずにはいられません。面倒くさいと感じて放棄する人であれば、犬を飼うことには向かないでしょう。

お気に入り登録

感じるか感じないかはあなた次第!『犬を飼うと面倒くさいこと』

舌を出すヨーキーと目の前に置かれたフード

1.老犬の介護

犬を飼うと必ずやってくる介護。愛犬が寝たきりになり、介護が必要になると、一気に面倒なことが増えます。その面倒なことを、愛情を持って行うことができるでしょうか。排泄のため、夜中に何度も起きなければならないかもしれません。夜鳴きが止まず、眠ることができないかもしれません。床ずれを防止するため、一時間おきに寝返りをさせてあげなければならないかもしれません。

お世話のため、昼休みには職場を抜け出し、自宅に戻らなければならないかもしれません。愛犬が寝たきりになってしまうと、飼い主さんの生活も大きく変化します。愛犬がどのような状態になってしまっても、最期を迎えるときまで、愛情を持って面倒なこともお世話してあげることができるでしょうか。

2.お散歩

リードを咥えて散歩の催促をする犬

犬を飼う楽しみのひとつがお散歩です。飼い始めたばかりの頃は、誰が愛犬のお散歩をさせるのか、家族の中で奪い合いになることがあります。みんなで一緒に行けば良いのですが、今度は誰がリードを握るのか、奪い合いになることがあります。

しかし、いつの間にか、お散歩が面倒になってしまい、誰がお散歩へ行くのか、押し付け合いになってしまうことがあります。“今日はお散歩に行かなくて良い”なんて、飼い主さんの気分次第になってしまうこともあります。嫌々お散歩に行ったとしても、その気持ち、犬にはちゃんと伝わっています。愛犬の表情を見てみてください。申し訳なさそうな、寂しそうな、悲しそうな表情をしていませんか?

3.トイレのお世話

トイレトレーニングを行えば、室内で排泄をさせることが可能です。しかし、トレーニングを行わない飼い主さんも多く、排泄のために外へ出なければなりません。トイレトレーニングを行っても、どうしても外でなければ排泄をしたがらない犬もいます。

室内で排泄をすることができなければ、雨の日も風の強い日も、暑い日も寒い日も、排泄のために外へ出なければなりません。風邪をひいて高熱にうなされる日も、どんなに体調が悪くたって、排泄のために外へ出なければなりません。

室内で排泄ができたとしても、常に清潔な状態を保つため、掃除やお手入れをしてあげる必要があります。たまに失敗してしまうことだってあります。一日に何度もシートを取り換えてあげなければならないことだってあります。人間のように、サッと排泄して、サッと流せれば楽なのに、なんて思う瞬間があるかもしれません。

4.お手入れ

飼い主に歯磨きをしてもらっている犬

犬にも毎日の歯磨きが必要です。歯垢が歯石になり、歯周病を患い、歯や骨が溶け、身体中に菌が巡り、重篤な病気を発症し、死の原因になる、なんてことを防ぐためです。犬の爪も伸びます。月に1回程度の爪切りが必要です。

人間が髪の毛を梳かすように、犬にもブラッシングが必要です。被毛が絡まりやすい犬種や、長毛種、毛玉ができやすい犬種など、毎日のブラッシングが欠かせません。トイプードルなど、被毛が伸び続ける犬種は、月に1回程度の被毛のカットが必要です。毎月のトリミング代もかかります。月に1回程度のシャンプーが必要です。

自宅でもできますが、できなければトリミングサロンや動物病院で行ってもらうため、通わなければなりません。お散歩や排泄の後は、手足やお尻周りが汚れます。そのたびに拭いてあげたり洗ってあげたりしなければなりません。

まとめ

トリミングしてもらうポメラニアン

犬を飼うと面倒くさいことについて、

  • 老犬の介護
  • お散歩
  • トイレのお世話
  • お手入れ

この4つは、特に面倒に感じてしまうことなのではないでしょうか。ほとんどの飼い主さんが一度は「ああ…今日は面倒だな…」と、億劫に感じてしまった日があるはずです。面倒だと感じても、やらなければなりません。面倒だと感じながらも、やらない日はありません。面倒だと感じてやらない人は、犬を飼うことに向いていません。犬は、人を癒してくれるための、ぬいぐるみやアクサセリーではなく、命だからです。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    確かに長く暮らせば全てが面倒になります。俺自身面倒に感じます。でも命を預かった以上その責務を果たさなければなりません。犬は道具ではなく生命体です。飼い主が全ての動物です。面倒でも嫌でも飼い主がいなければ何にも出来ないのです。犬を思いやり責務を果たすこと、それが出来ないなら飼わない方が犬のためです。飼い主になる前に覚悟を決めてください
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。