愛犬のことを「生意気」と思ってしまう瞬間5つ

愛犬のことを「生意気」と思ってしまう瞬間5つ

愛犬の仕草や行動に対して、飼い主さんが思わず「生意気!」と思ってしまう瞬間をまとめました。ちょっとした反抗であることもありますが、問題行動へと発展してしまう可能性も…。

お気に入り登録

放っておいて大丈夫?愛犬の生意気な瞬間

ピンク色のサングラスをしたパグ

1.威嚇してくる

見知らぬ他人や他の犬を威嚇することはよくありますが、飼い主さんに対して威嚇する犬は、あまりいません。もし、愛犬に威嚇されることがあるのであれば、その理由や原因を考えなければなりません。

愛犬のごはんやおやつに触れようとしてとき、奪われてしまうことを避けるため、威嚇することがあります。お気に入りのおもちゃを片付けようとしたとき、寝床を整えてあげようとしたときなど、阻止しようとし、吠えたり飛びかかったりすることもあります。

噛みつかれて怪我を負うようであれば問題ですが、「やめてよ!」「触らないでよ!」という程度であれば、改善する必要性は低いでしょう。生意気に感じるかもしれませんが、犬も飼い主さんに反抗する時期や、反抗したい瞬間があるようです。

2.無視する

飼い主さんに対して、いつだって従順な犬。寝床で寛いでいるときだって、飼い主さんに呼ばれれば、すぐにやってきます。待てと言われれば待ちます。止まれと言われれば止まります。

しかし、そんな犬にも、飼い主さんのことを無視してしまう生意気な瞬間があります。今は、構ってほしくないのかもしれません。自分の時間を満喫しているのかもしれません。何か拗ねてしまっているのかもしれません。

3.触れられることを嫌がる

触ろうとした人に威嚇をする犬

ゴロンと仰向けに寝転がり、“お腹を撫でてよ~”と甘える仕草、とっても可愛い姿ですよね。飼い主さんから身体を撫でてもらうことが大好きな犬にとって、大切なスキンシップやコミュニケーションの時間です。

中には、家族によって、触れても良い程度を示す犬もいます。お母さんには全身を許すけれど、お父さんにはお腹やお尻は許さない。お兄ちゃんには手足も許すけれど、妹が手足に触れると威嚇するなど。家族によって態度を変える瞬間は、生意気に感じるかもしれません。

そんな一方で、大好きな飼い主さんにさえ、身体に触れられることを嫌がることがあります。ただ構ってほしくないのであれば良いのですが、怪我や病気によって、不快感や痛みがあることが理由である可能性もあります。生意気だなと放っておかず、身体をよくチェックしてあげてください。普段から変わった様子や異常はないか、思い返してみてください。

4.愛想が悪い

お散歩のとき、愛犬に対して、優しく声をかけてくださる方がいらっしゃいます。笑顔でそっと近寄り、そっと頭を撫でてくれて、“かわいいね”とか“お利口さんだね”と褒めていただきます。それなのに、愛犬の態度といったら不愛想で、ツンとした表情。他人に対しても好みがあるようで、愛想良くする人と、愛想悪くする人と、使い分けていることがあります。

せっかく可愛がっていただいたのに、“なんて生意気な態度なんだ”と、申し訳なくなってしまう瞬間です。みなさんの愛犬にもあるでしょうか。

5.「いらない。」と言われたとき

ドッグフードの横でうなだれる犬

犬にも好き嫌いがあります。値段は少し高かったけれど、大切な愛犬の健康のため、無添加で素材にもこだわった美味しいおやつを買って帰ったとき。「これ、好きじゃない。」「いらない。」と食べてもらえなかったときは、生意気だなと思いつつも、かなりショックですよね。

味が濃く、香りが強いおやつを好むことはわかっていても、健康を考えると、より良く安全なおやつをと考えるものですが、犬には伝わらないようです。愛犬が気に入ってくれるかもと楽しみに買って帰ったおもちゃを「いらない。」と言われたときも、生意気だなと思いつつ、落ち込みますよね。

まとめ

フレンチブルドッグと舌を出したイラスト

愛犬のことを「生意気」と思ってしまう瞬間について、

  • 威嚇してくる
  • 無視する
  • 触れられることを嫌がる
  • 愛想が悪い
  • 「いらない。」と言われたとき

この5つをご紹介しました。犬の生意気な瞬間あるあるかなと思い、この5つを選んだのですが、みなさんにはいくつ当てはまるでしょうか。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。