犬のヒゲは触っても大丈夫?嫌がる時の理由3つ

犬のヒゲは触っても大丈夫?嫌がる時の理由3つ

犬がヒゲに触れられることを嫌がるとき、どんな理由があるのか、まとめました。犬のヒゲには役割があり、その役割を遮られてしまう可能性があるとき、ヒゲに触れられることを嫌がることがあるようです。

お気に入り登録

犬のヒゲが持つ役割と触れられることを嫌がる理由

柴犬のマズルのアップ

1.犬のヒゲには異物の接近を察知する役割があります

犬がヒゲに触れられることを嫌がるのは、“異物が接近しているため”や、“異物によって目が傷つけられてしまうことを恐れているため”などの理由があります。例えば、草むらを歩くとき、生い茂る草をかき分けながら歩かなければなりません。私たち人間であれば、手を使ってかき分けることができますが、犬にはできません。

そのため、草などの異物が目に接近していることを、ヒゲが察知するという役割を担っています。ヒゲに異物が触れることで、その異物によって目を傷つけてしまわないよう、自然と目を閉じてしまいます。試しに、犬のヒゲに触れてみてください。

両方のヒゲに同時に触れると、両方の目を閉じます。右のヒゲに触れると右の目を閉じ、左のヒゲに触れると左の目を閉じます。パチパチとまばたきをするような感じです。

異物が接近したとき、私たちも自然と閉じてしまいますよね。犬にはヒゲがあることで、目に近づくよりもずっと早く、異物の接近を察知することができるんです。

2.犬のヒゲには視力の代わりとなるセンサーのような役割があります

犬がヒゲに触れられることを嫌がるのは、周りの状況を把握するための、センサーの役割を遮られてしまうかもしれないからです。暗闇の中を移動するとき、ヒゲによって風向きや空気の流れを察知し、出入口を発見することができます。シニア犬や老犬となり、視力が低下してしまったとき、ヒゲによって物や家具の位置を把握するなどし、安全に歩くことができます。

暗闇の中にいるときや、視力が低下してしまったとき、センターとしての重要な役割を持つヒゲは、感度が良く、敏感な部分です。そのため、触れられることを嫌がるのです。

3.犬のヒゲには感情を伝えるための役割があります

犬のヒゲは、よく動きます。嬉しいとき、不安なとき、怯えているとき、緊張しているとき、興奮しているときなど、ヒゲの動きをよく観察してみてください。犬は、いろんな仕草や行動によって感情を伝えようとしますが、ヒゲにも感情を伝えるための役割があるようです。

犬がヒゲによって感情を伝えようとしているときに、ヒゲに触れるということを、人間で例えてみましょう。私たち人間は、言葉を使って話すことで、感情を伝えようとしますが、話の途中で口元を手で覆われるようなイメージでしょうか。

とても不快な気持ちになってしまいますよね。感情を伝えようとしているとき、ヒゲに触れられては、犬も嫌がって当然なのではないでしょうか。

犬のヒゲを切ってはいけない!?

微笑むチワワの顔アップ

トリミングをお願いするとき、トリマーさんから「おヒゲはカットされますか?」と聞かれることがあります。犬のヒゲが持つ役割や触れられることを嫌がる理由を知り、犬のヒゲを切ってはいけないのではないか、と思われるかもしれません。

犬のヒゲには重要な役割があることは確かなのですが、現代の犬はヒゲがなくても生活することができます。

草むらの中をかき分けながら獲物を捕る必要はありません。暗闇の中をたった一人で歩くこともありません。夜のお散歩をするときは、街灯がありますし、飼い主さんがライトを持って、照らしながら歩いてくれます。リードを引き、安全に誘導しながら歩いてくれます。

視力が低下してしまったり、失われてしまったりしたときは、犬が安全に暮らすことができるよう、飼い主さんによって配慮されます。このようなことから、犬のヒゲが持つ役割や機能は、退化しつつあるのかもしれません。

まとめ

犬のマズルのどアップ

犬がヒゲに触れられることを嫌がるのは、

  • 異物の接近を察知する役割があるため
  • 視力の代わりとなるセンサーのような役割があるため
  • 感情を伝えるための役割があるため

などの理由があると考えられます。

トリミングのとき、ヒゲのカットを勧められることがあります。見た目を重視するためや、整えるという意味があるようです。必要ないのであれば、カットを勧められても断って構いません。ヒゲが持つ役割を重視してあげても良いのではないでしょうか。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。