犬と猫を一緒に飼うと大変なこと3つ

犬と猫を一緒に飼うと大変なこと3つ

『犬と猫を一緒に飼うと大変なこと』についてまとめました。犬と暮らすことに慣れていると、生活や行動の違う猫が家族に加わることで、戸惑うことや大変だなと感じることが多くなります。

お気に入り登録

犬と猫を一緒に飼うと大変なこと①「昼に活動する犬」と「夜に活動する猫」

ゴールデンレトリバーに甘えるグレーの猫

犬は昼に活動し、夜に眠ります。私たち人間と同じですね。一方で、猫は夜に活動し、昼に眠ります。昼に生活する犬や人間とは違い、猫は夜行性です。もし、飼い主さんが昼の生活サイクルを送る人なのであれば、夜に活動する猫のお世話をすることが、大変がと感じることがあるかもしれません。

夜眠っている飼い主さんの耳元で「構ってほしいよ~」と鳴いたり、部屋中をドタバタと走り回ったり。一緒に暮らす犬に対しても、夜に眠っている犬を起こし、「遊んでほしいよ~」と、ちょっかいを出してくるかもしれません。

犬と猫を一緒に飼うと大変なこと②「雑食の犬」と「肉食の猫」

寄り添って一緒に眠る犬と子猫

犬の場合、飼い主さんによって、ごはんの時間が決められています。与えられたとき、与えられた分を全て食べきる、という犬がほとんどです。年齢や体重などに合わせ、一日分のごはんの量もしっかり決められています。

一方で、ごはんを用意する時間は大体決めているものの、与えられたときに食べるとは限らないのが猫です。そのため、朝に一日分の量をお皿に入れておいておく、という飼い主さんが多いようです。猫が食べたいときに食べる、という食事スタイルです。

また、特に一日分の量を決めたり量ったりすることもなく、適当にお皿に入れている、食べ終わったらまた追加する、という飼い主さんもいらっしゃるようです。

雑食の犬と肉食の猫では、必要な栄養素が全く違います。置きっぱなしの猫のごはんを犬が食べてしまう、ということが習慣化されると、犬の肥満の原因になってしまうかもしれません。

犬と猫を一緒に飼うと大変なこと③「お散歩へ行く犬」と「外に出たがる猫」

同じ姿勢でくつろぐシェパードと猫

犬は、飼い主さんと並んで歩き、飼い主さんの指示に従って歩くことができます。そして、まるで犬にようにハーネスとリードをつけ、お散歩を楽しむ猫もいますが、稀なケースです。ほとんどの猫は、ハーネスやリードをつけることを嫌がり、こっちだよとリードを引いても指示に従ってくれません。

“ちゃんと帰ってくるから”とか、“猫だから”などと言って、猫を野放しにしている飼い主さんもいらっしゃいますが、決して良いことではありません。他所のお宅で排泄をしてしまったり、事故に遭ってしまったりする猫もいます。外に出たがる猫は多いですが、ハーネスやリードをつけることを嫌がり、飼い主さんの指示に従って歩くことができないとなると、外へ出してあげることができません。

犬はお散歩へ連れて行ってあげられるけれど、猫は外へも出してあげられないとなると、何だか可哀想な気持ちにもなります。犬とお散歩へ行くことが当たり前になっていると、猫も…と考えるのですが、猫の場合、そう簡単にはいかないようです。

犬と猫は一緒に飼っても仲良くなれない?

落ち葉の上でジャレ合う子犬と子猫

群れで生活することを好み、人間社会にも適応している犬。単独で生活することを好む猫。生活や行動の違う犬と猫が一緒に暮らすことは、もちろんできますし、まるで兄弟姉妹や親子のように仲の良い犬と猫もいます。

しかし、活動する時間帯が大きく違い、生活サイクルが違う犬と猫は、飼い主さんの配慮なしでは、お互いにストレスを感じやすくなってしまいます。犬と猫、それぞれに合った生活を送ることができるよう、工夫してあげることで、お互いが仲良く一緒に暮らすことができるのではないでしょうか。

まとめ

頬を寄せ合うフレブルと猫

犬と猫を一緒に飼うと大変なことについて、

  • 活動する時間帯の違い
  • 食生活の違い
  • お散歩(外)へ行くことの違い

この3つをテーマに「大変だな…」と思うことをご紹介しました。

私の元にも突然に猫がやってきて、家族の一員になりましたが、大変なことや戸惑うことがたくさんあります。犬と猫と人間が、お互いに少しずつ歩み寄り、お互いを知ることで、仲良く一緒に暮らすことができます。いきなり仲良くなれなくても、ゆっくり時間をかけると良いと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。