犬は写真を撮られているのを理解してる?

犬は写真を撮られているのを理解してる?

愛犬の可愛い表情やおもしろい姿を写真に撮ろうと、愛犬とのお出かけ時は常にカメラを持ち歩いている人も少なくありません。では犬たちは写真を撮られていることをどのように感じているのでしょうか?

お気に入り登録

犬は写真を撮られていることを理解している?

スマホで写真を撮られる犬

愛犬の写真に撮るのが好きだという飼い主さんは多いと思いますが、犬は写真を撮られているということを理解しているのでしょうか?

この疑問については実験や検証などが行われているわけではないため明確な答えは出ていませんが、恐らくカメラや写真というものについて正確に理解することはできていないと思います。“カメラによって自分の姿が映され写真として残る”ということはやはり理解できないと考えられます。

しかし、カメラが自分に向けられるとき、その相手から期待をかけられていることや愛情を向けられていることなどは犬たちも十分感じ取ることができると思います。そのため写真を撮られることに慣れている犬などは、ばっちりカメラ目線になったり動きを止めたりして飼い主の期待に応えてくれるのです。

犬が写真を撮られることを嫌がる理由

カメラにおびえるボーダーコリー

犬はカメラや写真というものについて正確には理解できていないと考えられますが、それでもカメラで写真を撮られることにさまざまな反応を示します。写真を撮られるときの反応は犬によって異なりますが、中でも多く見られるのが目を伏せたり顔を背けたりどこかに行ってしまったりと嫌がっているような様子です。

犬が写真を撮られることを嫌がるのは私たち人間のように「恥ずかしい」「自分の姿が写真に残るのが苦手」という思いからではなく、どちらかというと写真を撮っている最中の雰囲気を苦手としていることが多いようです。

愛犬のかわいい姿をカメラに収めようと、飼い主さんが一生懸命になるほど犬は緊張し不安を感じてしまうのです。「こっち向いて!」「動かないで!」などと飼い主さんが焦った様子を見せたり真剣な顔でカメラや愛犬を見つめたりすることで、犬は「怒られている」と勘違いして背を向けたりどこかに行ってしまったりすると考えられています。

犬の写真を上手に撮るコツ

落ち葉の中で笑顔の犬

愛犬の写真を撮ろうと思ってもなかなか上手く撮れない…と悩んでいる飼い主さんは少なくありません。遊んでいるときの自然な表情を写真に収めようと思っても、カメラを構えた途端うつむきがちになってしまったり硬い表情になってしまったりしていつものかわいい表情や姿を残すのは意外とむずかしいものだと思います。

カメラを構えて写真を撮ろうとしたときに犬が緊張や嫌がる様子を見せる理由の多くは、カメラの向こうに見える飼い主さんの顔があまりに真剣であることや「動かないで!」など強い口調での声掛けや焦った様子によるものだと考えられています。

そのため、リラックスした状態の犬の表情や姿を写真に収めたいときには撮影している飼い主さん自身もリラックスしていることが大切。また、カメラをのぞき込まずに自然に話しかけながらカメラは胸元あたりに構えて犬に撮影していることを意識させないようにすることもポイントです。

まとめ

カメラを構える子どもと犬

犬は人間のようにカメラや写真について正確に理解しているわけではないと思います。しかし、カメラを構えている相手からの愛情や期待などの気持ちを感じている犬は多いと思います。そのためしっかりカメラ目線で写真に収まってくれる犬もいますが、反対に緊張してしまう犬も少なくありません。愛犬の自然な表情を写真に収めたい場合にはカメラを構える飼い主さんも真剣な顔になりすぎないようにリラックスして撮ることを意識するといいでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。