犬にジャンプをさせるのが危険な理由3つ

犬にジャンプをさせるのが危険な理由3つ

みなさんは犬にジャンプをさせるのが危険な行為だと知っていますか?なぜ危険な行為なのか理由を調べてみました!

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にジャンプをさせるのは危険!?

変な顔でジャンプしてる黒い犬

散歩に行くときや、飼い主さんが帰宅したとき、犬がジャンプして催促したり喜んだりすることがありますよね。それ以外にもボールやフリスビーを投げると、ジャンプしてキャッチするなど、日々の生活の中で愛犬がジャンプする機会は多いと思います。

しかし、犬にジャンプをさせるのは危険だとされていることをご存じでしょうか?恥ずかしながら筆者は知らない事実でした。なぜジャンプさせる行為が危険なのか、理由を探ってみました。

危険な理由①足腰への負担

人間も同様ですがジャンプをすることで足腰へ負担がかかり、膝蓋骨脱臼や椎間板ヘルニアなどを引き起こす危険性があります。特に小型犬などは骨が細いため、より大きな負荷がかかることも。

また、着地した場所によってはそのまま転んでしまったり、滑ってしまったりして怪我をする恐れもあります。

膝蓋骨脱臼とは

膝にある膝蓋骨という皿状の骨が、正しい位置から外れる症状のことをいいます。

椎間板ヘルニアとは

骨と骨の間にある円板状の軟骨である椎間板が飛び出し、脊椎や神経を圧迫してしまう症状のことをいいます。

万が一、愛犬が足を引きずったり歩きにくそうな様子が見られたりした場合は、念のために病院へ受診しましょう。

危険な理由②要求が通ると学んでしまう

ジャンプをしたときに飼い主さんが要求通りの行動を取ると、ジャンプ=要求が通ると学んでしまいます。いわゆる“要求吠え”の代わりになってしまうのです。

例えば、散歩に行きたくてジャンプでアピールしたり、帰宅した飼い主さんに早く遊んでもらいたくてジャンプしたりと…。「もうしょうがないな〜」と要求を飲んであげていては、何度も繰り返すようになります。

危険な理由③周りへ怪我をさせる恐れ

ジャンプをさせることで犬自身だけではなく、周りへの危険性も心配されています。散歩中に近くにいる他の犬や寄ってきた小さい子供に対してなど、家の中いるよりも犬は興奮しやすくなりますよね。そんなときに、ジャンプして周りの犬や人間に飛びかかって怪我をさせてしまう恐れがあるので、散歩中はより一層の注意が必要です。

犬がジャンプする理由は?

ボールをキャッチしようとしてジャンプする犬

そもそも、なぜ犬はジャンプをすると思いますか?ジャンプは犬にとって感情の表現方法の一つでもあります。日々の日常を振り返ってもらうとわかると思いますが、散歩やご飯の催促時や飼い主さんの帰宅時などによく見られる行動ではないでしょうか。つまり興奮しているときや、嬉しいときなど、ジャンプをして気持ちを表しているのです。

犬のジャンプの対策法は?

子供の持つおやつを目掛けてジャンプしようとする犬

犬にジャンプをさせる危険性がわかったところで、ジャンプをさせないようにする対策は何かないのでしょうか?

ジャンプをしても構おうとしない

何か要求するときにジャンプをする癖がついてしまっている場合は、犬がジャンプした際に抱っこしたりスキンシップを取ったりするなどのアクションを起こさないことです。最初は可哀想かもしれませんが、ジャンプをしても無視して落ち着くまで様子を見ましょう。

高い段差にはステップをつける

高いソファなどにジャンプして飛び乗ったり、反対に降りたりすることで足腰に負担がかかってしまいますよね。よく愛犬がジャンプするところには階段のようなステップを付けると良いでしょう。少しずつステップを使って登ったり降りたりすることを覚えさせて、ジャンプをする回数を減らしてあげてください。

まとめ

フリスビーを咥えようとしてジャンプする犬

今回は犬のジャンプの危険性についてご紹介しました。ジャンプは犬にとって一つの感情の表現方法ですが、足腰への負担や要求吠えの代わりになっていることを考えるとやめさせておくべきだといえます。癖になってしまっている場合は、なかなかやめるまでに時間がかかりますが、根気強く続けていきましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。