冬にしてはいけない犬へのNG行為3つ

冬にしてはいけない犬へのNG行為3つ

冬はイベントごとが多いため、人によっては最も好きな季節にランクインすることもあるでしょう。しかし、そんな冬にも犬にとって危険な事がたくさん潜んでいます。今回は冬にしてはいけない犬へのNG行為をご紹介します。

お気に入り登録

冬にしてはいけない犬へのNG行為

ニットの帽子を被るチワワ

冬になると暖房器具や美味しい料理など、人間にとっても嬉しい季節になります。しかし、中には犬を危険に晒してしまうNG行為が潜んでいることにお気づきでしょうか。今回は、冬にしてはいけない犬へのNG行為をご紹介します。

1.暖房を点けずに犬をお留守番させる

毛布にくるまって鼻だけを出す犬

飼い主が外出をする際、犬は必然的にお留守番をすることになります。冬は室内であっても室温が一気に下がるため、お留守番させる際も必ず暖房を点けるようにしましょう。

中には防寒対策を全く行わずに外出してしまう飼い主もいますが、非常に危険です。体温が急激に下がることで体調不良はもちろん、持病を持つ犬の場合は病気が悪化してしまうこともあります。

また、寒さが精神的に負担をかけ、ストレスから肺炎になってしまう犬もいるほど、犬は温度差にも敏感です。特にシングルコート犬種は寒さに弱い傾向が強いので、必ず防寒対策を行いましょう。

2.留守番中、自由に動き回れる部屋の中にストーブ

ストーブの前に座る犬

こちらも留守番に関するNG行為です。先ほど防寒対策のために暖房は点けるべきという話をしましたが、今度は反対です。皆さんは室内を暖める際、どんな暖房器具を使用していますか?

犬にとって最も良いのはエアコンの暖房機能です。しっかり室内が暖かくなる上、危険性が低いからです。次にペットヒーターです。ペットヒーターだけではエアコンと比較すると寒いですが、ケージの中にいる犬であれば、+ブランケットで防寒対策ができるでしょう。

しかし、犬が自由に動き回れる環境を与えている場合は、ストーブが危険な器具となります。ストーブは触れてしまうとやけどをする恐れがあります。犬は被毛によって熱に鈍感なところがあるため、気付かないうちに低温やけどをしてしまうことが意外と多いのです。

また、軽量タイプのストーブの場合、犬が倒してしまい火事を引き起こす危険性もあります。これを防ぐためにも、犬の留守番中にストーブを使うのは控えましょう。

3.おもちを与える

網で焼かれているお餅

冬といえば、大晦日やお正月などのイベントが待っていますよね。そんな冬のイベントには、美味しい風物詩とも言える食材がたくさん並びます。その中でもおもちは12月に入る頃には、スーパーにたくさん陳列されるようになります。

しかし、犬にとっておもちは非常に危険です。おもちの成分自体には問題ありませんが、犬は食べ物を噛んで飲み込むという習慣がないため、そのままおもちを飲み込んでしまい、窒息してしまうことがあります。そのため、みんながおもちを食べている姿を見て犬が欲しがっても、おもちを犬に与えることは避けましょう。

屋外犬はできるだけ室内へ

屋外の犬小屋に入るパグ

ご家庭によっては犬を屋外で飼っている家庭もあるでしょう。一昔前まではそれが当たり前だったため、屋外で飼うこと自体は問題ではありません。

しかし、異常気象とも言われる近年、年によっては非常に寒くなる冬もあります。そのため、問題がないのであれば、夜だけでも玄関などの室内に入れてあげることを検討してみてください。

日本犬と呼ばれる犬種や寒い地方原産の犬種の場合は、寒さに強い犬種も多いです。しかし、シングルコートと呼ばれる犬種は寒さに弱い犬種のため、冬場ずっと外に出していると免疫力が低下してしまう恐れがあります。

屋外で過ごさせる場合はしっかり防寒対策を!

冬も屋外で過ごさせなければいけない場合には、こちらもしっかりできる限りの防寒対策を施しましょう。2年目の方は既に去年も行っているとは思いますが、是非参考にしてみてくださいね。

  • 寝床の場所や向きを変える
  • 断熱材を入れる
  • 中には防寒用のアイテムを入れておく

以上の3点を意識するだけでも大きく変わります。断熱材は効果が高い上、現在では通販などでも手軽に購入することができます。ぜひ検討してみてくださいね。

まとめ

雪の中を駆け回るコーギー

いかがでしたでしょうか。冬は楽しいことも多い反面、危険が隠れている季節です。危険な物はなるべく犬の周りに置かないようにし、愛犬と楽しい冬をお過ごしください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。