犬はストレスを溜めすぎるとどうなるの?

犬はストレスを溜めすぎるとどうなるの?

みなさんは愛犬のストレスに気が付いていますか?犬がストレスを溜めすぎてしまうと一体どうなってしまうのか、ご存じでしょうか?

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬がストレスを溜めすぎるとどうなる?

伏せているビーグル

人間と同じように犬もさまざまな要因からストレスを感じます。食欲や睡眠などの本能が満たされないことや恐怖や不安を感じること、運動不足、愛情不足、体罰などによる身体的苦痛など犬がストレスを感じる原因は数多く考えられます。

ある程度のストレスは散歩やおもちゃ遊び、飼い主さんに甘えることなどで発散することができますが強いストレスを感じたり、長期的にストレスを受け続けているとそのストレスが蓄積していってしまいます。

私たち人間がストレスを溜めすぎると胃潰瘍や脱毛などの身体症状やうつ病などを発症することがありますが、犬もストレスによって同じような症状を引き起こすことがあります。発散できず、受け止めきれないストレスが身体や精神にさまざまな悪影響を及ぼし飼い主さんとの関係性をも変えてしまう可能性があるということをしっかりと認識しておきましょう。

犬のストレスサインや症状

あくびしている犬

犬はストレスを感じるとさまざまなストレスサインを発したり、病気の症状が現れることがあります。できるだけ早い段階でストレスに気が付き対処できるよう、ぜひチェックしておきましょう。

カーミングシグナル

犬がストレスを感じたときにまず現れるのが『カーミングシグナル』と呼ばれるボディランゲージです。『カーム』とは『落ち着く』などの意味がある言葉で自分の気持ちを落ち着かせるためや対峙している相手に「落ち着いて」と伝えるために行うものです。

よく見られるカーミングシグナルとしてはあくびや伸びをする、目をそらす、相手に背中を向ける、体をぶるぶると振る、体を掻くなどです。どれも普通にするような行動ばかりですが、寝起きでもないのにあくびをしたり、怒られると体を掻きだしたりと状況にそぐわない場合や頻繁にそのしぐさを見せるときにはカーミングシグナルである可能性が高いでしょう。

いたずらや問題行動

家の中でのいたずらが増えたり、吠えや威嚇、噛みつきなどの問題行動の原因がストレスであることもめずらしくありません。愛情不足やコミュニケーション不足から気を引くためにそれらの行動を取ったり、ストレスによって精神的な余裕がなくなり攻撃的な行動を見せる犬も多く見られます。

体調不良

ストレスレベルが高くなると犬自身も自分をコントロールできなくなり、身体的なトラブルや病気を引き起こしてしまうことがあります。ストレスによる症状としてよく見られるものが、自分の足先をしつこく舐め続けたり、尻尾を噛んだりして傷をつくってしまうというもの。さらに食欲不振や激しい脱毛、嘔吐下痢などの症状が現れることもあります。

また、見た目にはわかりにくいですがストレスが溜まることで免疫力が低下するためあらゆる病気にかかりやすくなるということも考えられています。

犬のストレスを軽減する方法

女性に抱きしめられる犬

犬にとってもストレスは精神や肉体に大きな負担をかけてしまうものです。犬がストレスを溜めすぎてしまわないためには飼い主さんが早い段階で気が付き適切な対処をすることが大切。

そのためには、まず犬のストレスサインを発見しその原因が何かを突き止めること。原因を取り除かなければ根本的な解決には至らないからです。家の中でのいたずらが増えたとき、それらを叱ったりいたずら対策を行ってもストレスが原因でいたずらをしている場合にはなかなか解決せず他の問題行動に移行してしまうこともあります。

いたずらの原因が運動不足によるものだった場合、散歩時間を増やしたりコミュニケーションの取り方を変えることでいたずらがなくなる例なども数多くあります。

原因を見つけるのは簡単なことではないと思いますが、日頃の生活習慣や愛犬との接し方などを改めて見直してみるようにしましょう。わかりやすい恐怖や不安などのストレスはなくとも、かまいすぎや寝不足などがストレスの原因になっていることもあります。少しでも思い当たることがあれば、それらの改善ができるよう色々と試してみましょう。

まとめ

あごをつけて伏せるパグ

犬にとって適度なストレスは必要だとされていますが、犬がストレスサインを出すようになったら要注意です。自分では発散できないほどのストレスが犬にかかってしまっている可能性があるので、飼い主さんが手助けをしてストレスをしっかり解消してあげるようにしましょう。

そのためには愛犬をしっかり観察することや愛犬とのコミュニケーション方法を見直すということがとても重要になってきます。愛犬の言葉にならない訴えに耳を傾け、きちんと向き合うことでストレスが解消されるだけでなく飼い主さんとの関係性もよりよくなるに違いありません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。