犬にとっての飼い主は『恋人』なの?どんな感情を抱いてる?

犬にとっての飼い主は『恋人』なの?どんな感情を抱いてる?

犬にとって飼い主は大切な存在であることに間違いはありません。しかし、それはどのような意味での大切な存在なのでしょうか。恋人のような感覚なのか、友達のような感覚なのか…。今回は犬にとっての飼い主は『恋人』なのかについて考えていきます。

お気に入り登録

いろんなスキンシップ方法を求める犬

女性と犬

毎日犬と一緒に暮らしていると、さまざまな表情を見せてくれますよね。ある時は甘えるようにすり寄ってきたり、ある時は私達飼い主を守るために警戒から吠えてみたり。そんな愛犬を見ていると、ふと「愛犬にとって私はどんな存在なのだろう」と思うことはありませんか?

お互い大切に思っていることは確かでも、犬にとって自分は『親』のような存在なのか、あるいは『恋人』のような存在なのか、少し気になりますよね。

恋人が来ると嫉妬する犬

犬と奥に見えるカップル

犬を飼っている人の中には、自分とは異なる性別の犬を迎え入れる飼い主も多いです。もちろん、それは偶然であったり、意図的にその性別を選んでいたりと、その人によって理由は異なるでしょう。

このように性別が異なる飼い主と犬(例:飼い主が女性で犬がオス)の場合、飼い主が恋人を連れてくると嫉妬するような態度を見せる犬も非常に多いです。

わざと2人の間に入ってみたり、恋人に対して異常なまでの警戒心を見せたり、明らかに「なんだか邪魔してくる」と思うような行動を起こす犬は珍しくありません。

このような行動や態度を見ると、愛犬は自分のことを恋人のような存在として認識しているのでは、と思ってしまいますよね。

犬にとっての飼い主は『恋人』なのか?

ソファーに座る女性と柴犬

本題に入りましょう。先ほど恋人を連れてくると嫉妬するような態度や行動を取る犬は多いという話が出ました。では、犬にとっての飼い主は『恋人』に近い存在なのでしょうか。

犬は基本的に飼い主に迎えられるまで、2ヶ月ほど母犬の元で育てられます。母乳を飲み、兄弟たちと一緒に遊び、社交性などを育てるのです。

その後、ブリーダーさんから直接、あるいはペットショップなどを経由して飼い主となる人の家族として迎え入れられるのです。突然、一緒に暮らしていた母犬や兄弟と離れ、初対面の相手の元へと行くのですから、最初は不安でしょう。

しかし、一緒に過ごす時間が経過するにつれ、犬も飼い主となる人を頼り、大切な存在へと変わっていきます。この『大切な存在』というのは、自分を2ヶ月ほど育ててくれた母犬に替わる存在が最も近いです。

つまり、犬にとっての飼い主は恋愛感情のある『恋人』ではなく、甘え頼れる『母犬』、つまりお母さんのような存在であると言えます。

嫉妬は恋愛感情ではなく母を盗られそうという危機感

カップルに甘える犬

前述した『母犬のような存在』ということを踏まえた上で、最初に挙げた恋人を連れてきた時の犬の態度や行動をもう一度振り返ってみましょう。

恋人ではなく、母のような存在として認識している犬から見ると、突然他の人よりも親密にしている異性がやってきて、「お母さんが盗られてしまうかも」「嫌だな」という感情が最も近いと言えるでしょう。

そのため、邪魔するような行動を取ったり、威嚇や警戒のために吠えるといった行動をとっているのです。

そのため、「この人は安心だよ。○○のことも可愛がってくれるよ」ということを理解してもらうことで、収まるケースが多いです。

まとめ

芝生に転がるカップルと犬

いかがでしたでしょうか。犬にとって飼い主は『恋人』のような存在なのでは、と言われることがありますが、多くの場合、犬にとっての飼い主は『母犬』のような存在です。そのため、犬にとって存分に甘えられるような安心感のある飼い主を目指しましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。