犬がトイレでぐるぐる回るときの心理4つ

犬がトイレでぐるぐる回るときの心理4つ

排泄をする前にぐるぐる回るわんこは多いですよね。可愛いですが、どうしてそんな行動をとるのか不思議でもあります。今回は、わんこがトイレで回る心理を解説します。

お気に入り登録

1.トイレはどこ?

トイレトレーニング中の子犬

地面の匂いを真剣に嗅ぎながらくるくる回っているときは、トイレを探している、もしくは、そこがトイレであるかを確認していると考えられます。わんこは、自分が以前に排泄したことがあり、自分のおしっこの匂いが残っている場所をトイレと決めたい傾向があります。

そのため、トイレはどこでも良いわけではなく、「ここで良いんだよね?」と入念に確かめていると考えられます。室内飼いで最初にトイレの位置を決める際には、まず愛犬に気に入った場所を決めてもらってそこにトイレを置くと、その後のトイレトレーニングがスムーズに進むことがありますよ。

2.ベストポジションを決めたい

ペットシーツの上に座っている犬

そこがトイレであると認識した後でも、くるくると回り続ける場合には、トイレの中でも最高に落ち着ける、自分のベストポジションを決めようとしているのかもしれません。室内でトイレが狭い場合や、壁が迫っている場合などには特に、身体が周りに触れてしまわない位置や、おしっこが自分にかかってしまわない位置を入念に調整します。

愛犬があまりに窮屈そうな場合には、トイレの位置を変えたり、トイレトレーを大きなサイズのものに変えてあげても良いでしょう。

3.草を踏みならしたい

草原でトイレしている犬

また、トイレでぐるぐるするのはわんこが野生で生きていたころの名残りだとする説もあります。

野生の頃、当然ながら、わんこのトイレはトイレシーツではなく、野山の草むらでした。下草がたくさん生えているエリアでは、そのまま排泄しようとすると草に当たって排泄物が自分にかかってしまったり、身体に草が刺さったり当たったりして落ち着いて用を足すことができなかったりします。

そのため、トイレの体勢に入る前にぐるぐる回って草を踏みならし、平らにしてから用を足そうと考えたのです。お散歩のときにお外の草むらでトイレをするわんこにとっては、野生の頃だけでなく現代でも、この理屈でぐるぐる回っている可能性は高そうに思えますよね。

4.南北軸に沿いたい?!

コンパス

また、わんこのトイレぐるぐるには、こんな研究結果もあります。わんこは排泄の際には南北を向く、つまり、コンパスの針のようにぐるぐる回ることで南北軸を探しているのだというのです。哺乳類の中には、地球の磁気、いわゆる地磁気を感じ取る能力に長けたものが多く、よく言われるわんこの帰巣本能も、この地磁気を活用したものだとされています。

地磁気は場所や太陽の影響によって常に変動していますが、地磁気が安定しているときほど、わんこは南北軸に沿って排泄をしたという研究結果が報告されています。

わんこがなぜ排泄時に南北を向こうとするのかはいまだに謎のままとのことですが、ついついコンパスを取り出して確認してみたくなってしまう、面白い研究結果ですよね。

まとめ

人間のトイレに座っている犬

いかがでしたでしょうか?意味がないように見えるかトイレの前のぐるぐる行動ですが、実はさまざまな理由が隠されていることがおわかりいただけたのではないでしょうか。みなさんも愛犬のぐるぐるをよく観察して、さまざまな仮説を立ててみたら面白いかもしれませんよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。