愛犬にとって理想の飼い主になるための鉄則3つ

愛犬にとって理想の飼い主になるための鉄則3つ

犬にとっての理想の飼い主とは!?『理想の飼い主になるための鉄則』についてまとめました。犬は、私たちに対して、どんな飼い主であることを望んでいるのでしょうか。一緒に考えてみませんか。

お気に入り登録

理想の飼い主になるための鉄則を考える

人の手に手を合わせるジャックラッセルテリア

「私+愛犬」と「あなた+愛犬」の関係性が異なるように、「犬と飼い主」との関係性は様々にあります。そして、“こういった関係性が正しい!”という定義は一切ありません。犬にも、それぞれに性格があります。大人しい性格で穏やかな飼い主を望む犬もいるでしょう。活発で賑やかな飼い主を望む犬もいるでしょう。

そういったことから、自分と愛犬の関係性を、他人と愛犬の関係性と比べても、ほとんど意味はありません。愛犬は、あなたとの今の生活が当たり前のものだと思っています。あなたとしか生活を共にしたことがなく、今の生活以外を知り得ないからです。

犬にとって、飼い主さんが全てであり、一生涯を共にします。20年ほどの短い生涯の中で、愛犬がどれだけの幸せを得ることができるかは、全て飼い主さんが握っています。あなたの愛犬にとって、『理想の飼い主になるための鉄則』は何であるか、これを機会に、じっくり考えてみませんか。

1.『犬を犬として扱うこと』

私たち飼い主のほとんどには、犬に対して、ペットという概念がありません。我が子であり、家族です。しかし、まるで人間のような扱いを受けている犬を見ると、どうしてもいたたまれない気持ちになってしまうことがあります。

ギラギラに輝くアクセサリーや装飾を纏った服を着ている犬。身動きしにくいのではないだろうか、暑さや脱水症状はないだろうか、ストレスで健康を害していないだろうかと、心配になってしまいます。犬は、人間と暮らす中でも、犬としての習性や本能を忘れることはありません。犬は犬なのです。

2.『リーダーであること』

イタズラを叱られて顔を隠す犬

飼い主は、犬にとって、絶対的な権力者であるリーダーでなければなりません。よく、自分のことを“親”として振る舞うことがあると思います。愛犬にとって、ママやパパになるということです。しかし、犬にはママやパパという概念はありません。誰がリーダーであり、自分の立ち位置はどこか、本能的に見極めています。群れで生活する犬にとって、リーダーは絶対的な権力者です。

もし、犬がリーダーになってしまったらどうでしょう。絶対的な権力者が犬であったらどうでしょう。問題行動を引き起こす、恐ろしい存在になってしまうかもしれません。しつけを行うこともできず、手に負えなくなってしまうかもしれません。その結果、人を噛み殺してしまった、というニュースが流れてしまうのです。

3.『一生涯、飼い主であり続けること』

愛犬が亡くなるときまで、一生涯、飼い主であり続けること。何よりも、理想の飼い主になるための鉄則、という言葉に相応しいのではないでしょうか。面倒に感じてしまい、お散歩をサボってしまう日があるかもしれません。仕事や家庭のことでイライラしてしまい、感情的に愛犬を叱ってしまうことがあるかもしれません。自分の時間を優先し、愛犬を構ってあげない日があるかもしれません。

完璧な飼い主であり続けることは、なかなか難しいことです。それでも構いませんので、一生涯、飼い主であり続けてください。一生涯、飼い主であり続けることを誓うことができないのであれば、犬を飼わないでください。必ず犬を不幸にします。

まとめ

ラブラドールの子犬を抱いている女性

愛犬にとって理想の飼い主になるための鉄則について、

  • 犬を犬として扱うこと
  • リーダーであること
  • 一生涯、飼い主であり続けること

この3つをテーマにお話しました。

理想の飼い主になるということを考える機会を作っていただくきっかけにしていただくことができるでしょうか。見捨てられてしまったり、殺処分されたりしてしまう犬がこの世からいなくなるよう、私も理想の飼い主であり続けたいと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。