犬の毛をカットしすぎると危険な理由5つ

犬の毛をカットしすぎると危険な理由5つ

清潔さを保ちやすくしたりお手入れが簡単になる!という理由で愛犬の毛を短くカットする飼い主はいると思いますが、必要以上にカットをしすぎるとさまざまな危険性が出てくるので注意が必要と言えますよ。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.毛が生えてこなくなることがある

サマーカットされているヨーキー

近年『サマーカット』として知られる短く毛をカットする方法は、清潔さを保ちやすくお手入れがしやすいことで知られています。またサマーカットは名前の通り、暑さ対策として夏に人気のあるカットとなりますが、寒い時期でも服を着せて寒さ対策をするので、意外と冬場でも愛犬にサマーカットをさせる飼い主は多いそうです。

そんなサマーカットには、あまり知られていない様々な危険性やデメリットがあるそうです。その1つが『毛が生えてこなくなることがある』というものです。何でも毛を短くカットしすぎると、発毛と脱毛を繰り返すサイクル『毛周期』に影響を与えることがあり、毛が生えてこなくなったり毛が伸びなくなってしまったりすることがあるのだそうです。

これらの症状は『バリカン後脱毛』または『毛刈り後脱毛』といわれていて、詳しい原因はまだハッキリと分かっていないそうです。ただ、カットのしすぎによって毛周期に何らかの異変を引き起こしている可能性が非常に高いといえます。

2.虫に刺されやすい

犬の周りを飛ぶ虫のイメージ

犬の毛は皮膚を保護する役割があるのですが、毛を短くカットすると当然皮膚を保護する効果が薄れてしまうといえるでしょう。例えば、皮膚を守る毛がなくなったり地肌が見えるほど短くなったりすると、虫に刺されやすくなってしまいます。その結果、酷い場合だと感染症を発症してしまうといったケースも少なからずあるそうですよ。

3.皮膚が傷つきやすい

後ろ足で耳元を掻く犬

毛をカットしすぎると皮膚を守る機能が低下してしまうので、皮膚が傷つきやすくなってしまいます。毛が伸びている通常の状態のときに少し枝に当たったり、自分で体を掻いたりするくらいでしたら、毛が衝撃から守ってくれるといえるでしょう。

しかし、毛を短くカットした場合だと枝や爪が直接皮膚に当たっただけでも炎症や出血をしやすいといえるのです。このように毛は皮膚を守るバリアの役目をしているので、毛を短く切りすぎると怪我をしやすいといったデメリットがあります。

4.毛の質が変わってしまうことがある

サロンでカットされている犬

犬に直接的な危険はないかもしれませんが、毛をカットしすぎると毛の質が変わってしまうこともあるそうです。元々はフワフワで細い毛だったのに、短くカットをしてからゴワついた硬い毛に変わってしまったといったケースが意外と多いようです。

ちなみになるべく毛に負担をかけないように、バリカンではなくハサミを使って長めに毛をカットするようにすると、毛の質が変わりにくいといわれていたりします。ですので、愛犬の毛の質を変えたくない場合は、必要以上に短くカットをしないよう気をつけてくださいね。

5.紫外線・直射日光の影響を受けやすい

外でサングラスをしたチワワ

毛を短くカットすると日光が直接皮膚に当たりやすくなってしまうので、紫外線や太陽の熱の影響を受けやすくなってしまいます。例えば、真夏の天気の良い日に帽子を被っているのと被っていないのとでは、暑さの感じ方が随分違いますよね。

帽子と同じように犬の毛は暑さ対策をする役割を担っていますので、毛が短くカットされていると暑さ対策ができなくなり、体内に熱がこもりやすくなってしまうのです。その結果、熱中症や日射病を発症する確率が上がってしまうといえます。

ですので、愛犬の毛をカットする場合は皮膚に直接紫外線や日光が当たらないよう、ある程度毛を残しておくことが大切といえるでしょう。

まとめ

ふさふさの毛並みのポメラニアン

今回は意外と知られていない、カットのしすぎによる危険性やデメリットを5つご紹介しました。おそらく一度は愛犬の毛をバリカンで短くカットをした経験をもつ飼い主は割とたくさんいるのではないでしょうか?

犬の被毛には『皮膚の保護』や『気温に順応するための機能』といったちゃんとした役割があるといえますので、カットをする際は必要以上に短くしすぎないようにすることをおススメします。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。