犬に構わないほうがいい5つのタイミング

犬に構わないほうがいい5つのタイミング

飼い主のことが大好きな犬。そんな愛犬とはたくさんスキンシップをとり、絆を深めていきたいですよね。しかし、タイミングによっては構わないほうがいい時もあります。今回はそんな犬に構わないほうがいいタイミングを理由と共にご紹介します。

お気に入り登録

犬に構わない方がいいタイミング

首をかしげる柴犬の子犬

可愛い愛犬のことは、なるべくいつでも構ってあげたいと思ってしまいます。犬側も、大好きな飼い主さんに構ってほしいと思っている犬が多いでしょう。しかし、あるタイミングだけは、犬に構わない方がいいとされています。

1.離れた場所で休んでいるタイミング

外を見つめて休む犬の後ろ姿

まず、離れた場所で愛犬が1匹で休んでいるタイミングです。「いつもは近くにいる愛犬が、さっきから姿が見えないな」と辺りを見渡してみると、少し離れた場所で外を眺めながら休んでいたという状況を指します。

この場合、わざわざ犬自身が飼い主の傍から離れ、1匹になれる環境を探して休んでいます。犬は常に飼い主と一緒にいたいというわけではなく、時々1匹で静かに過ごしたいときもあるのです。

そのため、それを邪魔するようにわざわざ近寄り、無理に構ってしまうのは良くありません。愛犬が自らこちらへ戻ってくるまで、そっとしておいてあげましょう。

2.寝ているタイミング

眠るトイプードル

『離れた場所で休んでいるタイミング』と少々似ているタイミングではありますが、寝ているタイミングも無理に構う必要はありません。それが飼い主の近くであってもです。

単純な話ですが、寝ているので、無理に構い起こす必要はないからです。人間も安らかに眠っているタイミングで無理に構われると、不快な気分になりますよね。犬も同じです。「せっかく寝てたのに、何で起こすの?」と思われてしまいます。

犬は元々眠りの浅い動物です。そのため、ゆっくり眠ることができる時間はそうありません。飼い主が起きていて、敵が来ても大丈夫な時間帯である日中こそ、存分に休める時間でもあります。寝ているタイミングもそっとしておくのが最善です。

3.吠えているタイミング

吠えるミニチュアダックスフンド

ここからはしつけの一環として、構わない方がいいタイミングをご紹介していきます。まずは、家の中で無駄吠えをしているときです。

チャイムが鳴ったとき、家の外で何か物音がしたときなど、犬が無駄に吠えることがありますよね。そんなとき、「大丈夫だよ~」と落ち着かせてあげたくなる気持ちはわかりますが、声のかけ方を間違えると「褒められた」と勘違いしてしまいます。

すると、今後も引き続き吠え続けるようになってしまうので、無駄吠えをし始めたら一度「ダメ」と低い声で指示するだけに止めましょう。それでも吠え続けるようであれば、一度構わず、部屋を出るなどし、「吠えると飼い主が構ってくれなくなる」ことを学習させましょう。

4.いたずらをしたタイミング

スリッパを咥えて持っていくトイプードル

『吠えているタイミング』と同じ理由ですが、いたずらをしているタイミングに構うのもやめましょう。ここで構ってしまうと「褒められた」「飼い主も喜んでいる」と勘違いしてしまい、その後の行動がエスカレートする可能性があります。

いたずらをしているところを発見したら、まずはすぐにやめさせましょう。その際も優しく声をかけるのではなく、低い声で「ダメ」と言って強制的にやめさせ、いたずらが続行できないようにしましょう。(ゴミ箱を片付ける、スリッパを片付けるなど)

そして一定時間(10~15分ほど)、犬を無視するように構わないでください。そうすることで、やはり先ほどと同様に「これをしたら構ってもらえなくなる」ということを理解するようになります。

5.トイレを失敗したタイミング

カーペットの上に粗相をした犬

トイレの失敗も、その後の対応が難しいところではありますが、飼い主に構ってほしくてわざとトイレを失敗している場合は、そのタイミングでは構わない方がいいでしょう。

ここで構ってしまうと「やっぱりトイレを失敗すると構ってもらえる」と確信してしまい、その後もわざとトイレを失敗するようになってしまうからです。せっかくトイレトレーニングが完了しているのに、意味がありません。

しかし、子犬期やシニア期など、どうしてもトイレを失敗してしまうという理由であれば、無視する必要はありません。粗相は落ち着いた態度で片付け、その後は普通に接するようにしましょう。あまり高圧的に怒りを見え付けてしまうと、逆効果となってしまう恐れがあるからです。

まとめ

床の上で遊ぶ犬と女性

いかがでしたでしょうか。どんなタイミングであっても、愛犬を構ってあげるほうがいいというわけではありません。犬にも静かに過ごしたい時間はありますし、しつけ上、構わない方がいいタイミングもあります。ぜひこれらを参考に、愛犬とのスキンシップタイムを考え直してくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。