実は『犬に与えてはいけない水』がある?知らずに与えるのは危険!

実は『犬に与えてはいけない水』がある?知らずに与えるのは危険!

犬にとっても人間にとっても大切な『水』。しかし、水ならば何でも犬に与えて良いというわけではありません。実は、『犬に与えてはいけない水』が存在するのです。今回は『犬に与えてはいけない水』について解説していきます。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

皆さんは犬にどんな飲み水を与えていますか?

透明なボウルで水を飲む犬

皆さんは愛犬に飲み水を与える際、どのような飲み水を与えていますか?水道の水をそのまま与えているご家庭や、ウォーターサーバーから汲んだ水を与えているご家庭など、様々だと思います。

たかが水、と思いがちですが、されど水です。人間にとっては体の良い水であっても、実は犬にとっては健康に害を及ぼす可能性がある水もあるのです。それが『犬に与えてはいけない水』です。

今回はそんな『犬に与えてはいけない水』とは、どのような水なのかを解説していきます。また、どのような水を与えるべきかにも注目していきます。

犬にミネラルウォーターはNG

お店でミネラルウォーターを持つ人

結論から言ってしまうと、通常お店で売っているようなミネラルウォーターが、ずばり『犬に与えてはいけない水』です。「え?健康によさそうなのに」と思ってしまいますよね。

厳密にいうと、ミネラルウォーターでも『硬水』が犬にとって健康被害を及ぼす恐れがあります。なぜならば、ミネラルウォーターの中でも、『軟水』より『硬水』にカルシウムとマグネシウムが多く含まれているからです。
カルシウムとマグネシウムを適量摂る分には問題ありませんが、多量摂取してしまうと結石の原因となるため、『犬に与えてはいけない水』となります。

したがって、『硬水』が問題なのであって、日本で人気の『軟水』は問題視しなくても大丈夫という見方もあります。

できるだけ水道水を飲み水に

水を飲むビーグル犬の顔アップ

『軟水』のミネラルウォーターであれば、マグネシウム量やカルシウム量を気にする必要がないという話をしましたが、やはり犬に与えるべき水は水道水です。

日本の水道水は既に綺麗に浄化されているため、細菌などが含まれている可能性が極めて低いこともありますが、カルシウムやマグネシウムがほとんど含まれていないので、健康被害が及ぶことがありません。

また、水道水であれば飼い主としてもコスト的に心配が要らないので、犬を飼っているご家庭にとっては『一石二鳥の水』とも言えるでしょう。

浄水器の水はOK

浄水機能付きの蛇口

ご家庭によっては、水道の蛇口に浄水機能を搭載しているご家庭もあるでしょう。「浄水器で出した水は大丈夫なの?」と疑問の声を聞くことがありますが、こちらは問題ありません。

浄水器で出したからといって、マグネシウムやカルシウムが加えられるわけではないので、犬の健康に支障をきたさないのです。

そのため、「水道水をそのまま犬に与えるのは気が引ける」という方は、浄水器を取り付けて、そこから出した水を犬に与えるという方法もおすすめです。

犬用の水が市販で販売されている

実は近年、犬や猫などのペット向け飲料水が販売されています。ご存じですか?やはり水にこだわりたいという方は、こちらのペット用飲料水を購入し、与えるという方法もあります。

ペット用として販売されている飲料水は、硬度も低めに改良されていて、マグネシウムやカルシウムの含まれている量が人間用ミネラルウォーターと比べて少ない点が特徴です。

まとめ

水道水を飲むゴールデンレトリーバー

いかがでしたでしょう。良かれと思って与えていたミネラルウォーターが硬水であった場合、実は結石の原因を作り出してしまっている可能性があります。なるべく水道水を与え、健康に害を及ぼさないよう、正しい知識で愛犬の健康を維持してきましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    犬の飲料水ですが家では水道水を沸騰させ冷やしてから犬に飲ませています
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。