犬が『強い不安』を感じている時にする行動3つ

犬が『強い不安』を感じている時にする行動3つ

この記事では「犬が『強い不安』を感じている時にする行動3つ」をテーマに、犬が強い不安を感じているときにする行為についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

『強い不安』を感じている時にする行動1:自分の身体を執拗に舐める

舌を出して鼻を舐めている犬

犬は強いストレスを感じた時や、強い不安感を抱いた際に自分の身体を舐めたり、尻尾や手足を噛む行為をします。

普段から自分の手足をペロペロと舐める犬でしたら、あまり気にならないかもしれませんが、普段からあまりそのような行為をしないのに、ふと気づくと自分の手足を執拗に舐めたり噛むような行為をしていたら、犬の精神状態が乱れているかもしれません。

様子を見て少し異変を感じたら、目新しいことや環境の変化など、犬が不安や葛藤を抱く原因はないか考えてみましょう。散歩中やドッグラン内、おでかけ先で見られる場合には場所を変えてみたり、大好きなおやつを与えて気を紛らわせてみたりしてみましょう。思いあたることがあればその不安の原因をなくしてあげ、また気分を変えさせることで落ち着いたなら大丈夫です。

【手先を舐めることについての補足】

一時的な不安ではなく、慢性的なストレスから体の一部、特に手先、前足の指をしつこく舐めることがあります。手先をしょっちゅう舐めている場合、まずは皮膚や指に異常がないのか確かめる必要がありますので、動物病院を受診して下さい。

精神的なもの以外で手先をしょっちゅう舐める原因には、けがや異物(植物の破片がささったり砂利がはさまったりなど)、アトピー性皮膚炎などがあります。

獣医師:木下明紀子

『強い不安』を感じている時にする行動2:アクビをする

アクビをしている犬

犬は強い不安を感じたときにアクビをすることもあります。しかし、寝起きや普段眠る時間帯にする場合はもちろんただ眠いからでしょう。そうでなく、アクビをした際はストレスや強い不安を感じているかもしれません。

例えば、大きな音がしたときや、知らない人が犬に近づいて触った時、慣れない場所に行った時などです。何かきっかけになる出来事が起こり、犬がアクビをした場合は、強い不安やストレスを感じているのと同時にその出来事を嫌がっていることが多いため、その際は犬の様子を見て、そのまま慣れさせるために放っておくか、犬をその場から避難させるか、飼い主さんが判断する必要があります。

『強い不安』を感じている時にする行動3:目や顔をそらす

目をそらし座っている犬

目や顔をそらす場合も、犬は強い不安を感じていることが多いです。犬という動物にとって目を合わせるという行為は、喧嘩など戦う姿勢でいるときにすることがです。家庭で飼われていて普段から飼い主さんを含める人間と接触する機会が多くなっている現代の犬では、信頼している人と視線を合わせることは良いコミュニケーションの一つですが、親しくもない人や他の犬と視線を合わせることは敵意の表れとなります。

そのため、近づいてきた人や散歩中に出会った犬などに対して目や顔をそらした場合、その犬は「敵意はないよ」と伝えたくてそうしているのです。つまり、相手とは争いたくない、それ以上相手に近づかないで欲しいと思っているのです。そんなメッセージを無視してその犬にさらに近づけば、その犬は大きな不安や恐怖を感じ、逃げるか自分を守るための攻撃をするか、ということになります。もし自分の犬がこのような仕草を見せていたら、飼い主さんはその人や犬がそれ以上自分の犬に近づくのを止めてあげて下さいね。

もしそのような行為をした場合は何か前後にきっかけとなるような事が起きていないか思い返し、該当するようなことがあるならば犬のために避けてあげると犬もより安心して過ごすことが出来ると思います。

まとめ

伏せているパグ

犬は強い不安やストレスを感じると合図として様々な行動をとります。今までの環境や個体差により、紹介したこと以外のことをすることもあり、気付きづらい場合もありますが、不安やストレスを感じたら何かしらの行動をとることが多くあります。

もし、この行動は強い不安を感じているのかもしれないと思い当たることがあるならば犬の行動学に詳しい獣医師さんやトレーナーさんに相談してみてください。そうすることで、犬のことが更に分かるようになり、強い不安やストレスから解放してあげることが出来るようになるかもしれません。

【カーミングシグナルについての補足】

犬が不安を感じた時に行う上記の行動は、一般的に「カーミングシグナル」と呼ばれ、自分自身と相手を落ち着かせようとして行うものです(カーミングとは、英語で静かにする、落ち着くという意味です)。

行動学的に言うと、相手に敵意がないことを示す服従行動や、不安や葛藤がある時に気を紛らわすために行う行動である転位行動がカーミングシグナルに含まれます。カーミングシグナルには他にも、地面のにおいをかぐ、鼻や口周りをなめる、ブルブルをする、伏せるなどがあります。

獣医師:木下明紀子
はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。