犬はネガティブな事とポジティブな事、どちらを覚えやすい?

犬はネガティブな事とポジティブな事、どちらを覚えやすい?

みなさんはネガティブな事とポジティブな事、どちらのことをよく覚えていますか?今回は犬の記憶力やしつけにおける記憶の重要性などについて考えてみたいと思います。

お気に入り登録

ネガティブな記憶の方が残りやすい

姿勢を低くするチワワ

みなさんは愛犬のことを見ていて「ネガティブな事=嫌な事・辛いこと」と「ポジティブな事=楽しいこと・嬉しい事」のどちらをよく覚えていると思いますか?

実は犬に限らずほぼ全ての動物が「ネガティブな事=嫌な事・辛いこと」に対して強い反応を示し、記憶し続ける傾向にあると言われています。ネガティブな事に対する強い拒否反応や嫌悪感、恐怖感はいわゆる“トラウマ”と呼ばれるもので、たった一度の出来事でも忘れることができなくなってしまったり、それによって生活に支障が出てしまうことなどがあります。

一方「ポジティブな事=楽しいこと・嬉しい事」は瞬間的にはある程度反応を示しますが、ネガティブな事に比べるとやや弱く、実感を伴う記憶としては持続しにくいとされています。また、「ポジティブな事=楽しいこと・嬉しい事」に対しては慣れてしまいやすくより強い事象を求める傾向にあるのです。

これは野生で生きてきた動物たちが命の危険を回避するために持つ危機感や防衛本能などと深い関係があると考えられています。命をつなぐこと、繁殖を行うことを目的として生きる動物にとっては楽しみや喜びよりも危険や恐怖の方が重要だということは確かですので、ネガティブな事象に対して強い反応をし、記憶するというのも納得です。

犬種によって記憶の仕方に違いがある?

斜め上を見るEコッカー

犬を含めたほとんどの動物がポジティブな事よりもネガティブな事を記憶しやすいと言われています。しかし、記憶力や記憶の仕方、また考え方や感じ方には個体差や犬種による傾向というものがあります。

ネガティブな事を覚えやすいとされているのが警戒心の強いタイプの犬で、日本犬に多いタイプと言われています。警戒心や危機意識が強い分、痛い・辛いなどネガティブな感覚を受ける事に対して神経質になってしまいがちなのです。反対にレトリバー系など陽気ですぐに誰にでも心を開くタイプの犬はネガティブな事象をあまり気にせず、楽しい・おいしいなどポジティブな事に強い反応をする傾向にあるとされています。それぞれの性格により、しつけなどで一度叩いただけでその人に対してずっと警戒心や不信感を持ち続け距離を取ろうとする犬もいれば、普段楽しく遊んでくれる相手であれば何度叩かれても尻尾を振って近づいていく犬もいるということになります。そのため、犬との接し方はそれぞれの性格に合わせて慎重に考える必要があるのです。

犬の記憶力はしつけにも深い関わりがある

人の前でおすわりをする犬

犬がネガティブな事とポジティブな事のどちらをより強く覚えているかということについては、ネガティブな事の方が記憶に残りやすいということがわかっています。では具体的に犬はどのような事をどれくらいの期間覚えているのでしょうか?

犬は6秒前後しかそのときの出来事や感情を記憶していないと言われることがありますが、これは短期記憶に関してです。そのためしつけなどで犬がした行動に対してほめたり叱ったりする場合、6秒以内を目安に行わないと犬は何をほめられて何を叱られているのか理解できないと言われています。留守番中の粗相やいたずらを帰宅後に叱っても意味がないと言われるのはこれが理由で、犬は数時間も前のことと“今”叱られていることを結び付けて考えることができないのです。

そのため、帰宅後に叱るということを続けていると「飼い主が帰ってくると怒られる」や「飼い主が帰ってきたときに出迎えに行くと怒られる」などと勘違いしてしまうので注意しなければなりません。犬の行動に対してほめたり叱ったりするときは、6秒以内、または犬が別の行動をしてしまう前に行わなければ正確には伝わらないということになります。

まとめ

女性にキスされる犬

犬は基本的にポジティブな事よりもネガティブな事を強く長く記憶しやすいと言われています。そのため、犬のトラウマになるような接し方やしつけにおける罰の与え方などについては慎重に考えてあげなければなりません。ポジティブな記憶はネガティブな記憶に一気に置き換えられてしまう事はあっても、ネガティブな記憶が一度のポジティブな記憶で消されるということはほとんどないのです。もちろん記憶の仕方については個体差もありますので必ずしもそうとは言えませんが、できるだけネガティブな記憶を持たせないような関わり方をしてあげられると犬は安心して暮らしていけると思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。