犬の甘噛みを放置するとどんな悪影響があるの?

犬の甘噛みを放置するとどんな悪影響があるの?

子犬のほとんどがする甘噛みですが、甘噛みをそのまま放置してしまうと実は大きなトラブルにつながることがあります。甘噛みを放置するとどのような悪影響があるのかしっかりと考えてみましょう。

お気に入り登録

犬の甘噛みを放置するとどうなる?

歯をむき出すチワワ

まず甘噛みとは、主に一歳未満の子犬が人や他の犬などに対して攻撃の意思なく力加減をして噛む行為のことを言います。噛む力が弱いため噛むことで歯が相手の皮膚に刺さったりするようなことがありませんが、生後半年未満程度の子犬の場合は歯が細く尖っているため、犬の意図に反して相手に引っかき傷などをつくってしまうことがあります。甘噛みが本能的な行動でほとんどの子犬がするもので、基本的には母犬や兄弟犬に対してする遊びやコミュニケーションの一貫でもあります。

子犬として自然な行動ではありますが、甘噛みに対して何もせず放置してしまうと噛み癖がついてしまうことがあります。特に飼い主に対しての甘噛みを放置すると「噛んでもいい相手なんだ」と勘違いして飼い主の言うことを聞こうとしなくなってしまったり、自分の思い通りにならないときなどに噛むことで解決しようとしたりするようになってしまいます。さらに年齢を重ねると優しく噛む甘噛みではなくなって、力が強くなって相手にケガをさせてしまうこともあります。

犬が甘噛みをする理由

人のズボンを噛んでいる犬

子犬の時期にする甘噛みを放置してしまうと、大きなトラブルにつながったりさまざまな悪影響が出ると考えられています。ではそもそもなぜ子犬は甘噛みをするのでしょうか?

子犬が甘噛みをする理由や原因には以下のようなことが考えられます。

  • 歯の生え変わりで口の中がかゆい
  • 退屈、ストレス
  • 遊び、コミュニケーション
  • かまってほしい、甘え
  • 犬としての習性本能

子犬の甘噛みの中には、遊んでいる間の“じゃれ噛み”や“うっかり噛み”なども含まれますが、いずれにしても攻撃性などはなく遊びの一部である場合がほとんどです。甘噛みの場合、噛む力を加減していることもありますがあまりにも月齢が小さかったり、テンションが上がりすぎてしまうと力加減がコントロールできなくなってしまう場合もあります。

犬の甘噛みへの対処法

甘噛みしているJRTのパピー

噛んできたら遊びをやめる

遊んでいる最中に犬の歯が手などに当たった場合は、その時点ですぐに遊びを中止してください。犬はついつい楽しくなると遊びが激しくなったり力加減ができなくなって噛んでしまうことがあるので、「噛んだら遊ばない」という意思をはっきりと伝えるために歯が当たったらすぐに遊びやスキンシップをやめてください。犬は飼い主にかまってもらうことに大きな喜びを感じるので、それがなくなることが一種の罰となって「噛む=遊んでもらえなくてつまらない」と学習します。そうすることで噛まないように気をつけながら遊べるように成長していくのです。

「NO!」などの言葉でやめてほしいと伝える

犬同士の場合遊びの中で噛む力加減などを学んでいきますが、人間に対してはどんなに優しい力であろうとも噛むということをさせないように教えていく必要があります。そのため、わざとでもわざとでなくても人間の手などに歯が当たったら「NO!」「いけない!」「ダメ!」などの言葉ではっきりとやめてほしいということを伝えましょう。そのときに使う言葉は犬にわかりやすいように短めの言葉にして家族内でも統一するとより伝わりやすいと思います。だらだらと長い文章でやめてほしいと伝えるのではなく、短い言葉ではっきりと伝えることを意識してください。

無視をする

犬が甘噛みをしてきたら遊びやスキンシップをやめるといいとしましたが、その際にはしばらくの間無視をするようにするとさらに効果的です。子犬のように遊んでほしい、かまってほしいという気持ちが強い犬の場合はそれが叶わないことで「どうして?」と考えるようになります。遊びをやめるときには目を合わせたり声をかけたりせず、犬が落ち着くまで無視するようにしましょう。

まとめ

茶色い子犬

子犬の甘噛みはごく自然な行動でどんな犬にも見られます。しかし、甘噛みをそのまま放置してしまうと人や他の犬に対してケガをさせてしまうような強さで噛むようになってしまったり、思い通りにならないときなどに噛むことで解決しようとするようになってしまったりするので注意が必要です。甘噛みには“騒がす冷静に”対応することが大切。犬の歯が手などに当たった場合にははっきりと「NO!」と言い、遊びやスキンシップを中止して「噛む犬とは遊びたくない」という意思をわかりやすく伝えてあげるようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。