『帰宅時、犬に構ってはいけない』は本当?どうするべき?

『帰宅時、犬に構ってはいけない』は本当?どうするべき?

犬のしつけをする中で『帰宅時、犬に構ってはいけない』ということを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?それは本当なのか、そしてなぜ犬を構ってはいけないのかという理由について探ってみたいと思います。

お気に入り登録

帰宅時に犬を構ってはいけないって本当?

ドアのところに座る犬

犬のしつけについて調べたり勉強していたりすると『飼い主の帰宅時に犬を構ってはいけない』というルールを目にすることがあるかもしれません。これに対して「なんで構ってはいけないの?」と疑問に感じる人も多いと思いますが、これは犬の留守番トレーニングをする上でとても大切なポイントなのです。

帰宅時に犬を構わない方がいいのは、子犬などまだ留守番に慣れていない場合や留守番が苦手でひとりになるといたずらをしたりストレスで自傷行為などをしてしまうなどの問題が見られる場合。また、飼い主の帰宅時に興奮しすぎて飛んだり走り回ったりして体に負担をかけてしまうようなことがある場合にも当てはまるでしょう。そのため、ひとりきりでの留守番を落ち着いて過ごすことができ、飼い主の帰宅時にも特に問題が見られない場合には『帰宅時犬を構わないようにする』というのはそれほど気にしなくていい問題とも言えます。

帰宅時に犬を構ってはいけない理由

いたずらしている犬

留守番に慣れていない犬や留守番が苦手な犬、飼い主の帰宅時に過度に興奮してしまう犬の場合、なぜ犬を構わない方がいいのでしょうか?

その理由は帰宅時に犬を構うことで留守番をしている時間との区切りがはっきりしすぎてしまい、留守番時のさみしさが強調されてしまったり帰宅時の興奮を助長してしまったりするからです。これは出かけるときにも同じことが言えるもので「いってきます」や「ただいま」の儀式を過剰にやりすぎてしまうとひとりになったときに落差が生まれて、より留守番に対して嫌なイメージを持ってしまうのです。そのため、留守番前後に構いすぎることは控えて飼い主がいない時間があることも大したことではないということを伝えてあげてください。

帰宅時に犬に対して取るべき対応とは?

あごをつけて伏せるフレンチブルドッグ

犬が留守番に慣れていない場合や飼い主の帰宅時に興奮しすぎてしまう場合などは、帰宅後しばらくの間構わない方がいいとされています。では、そのような場合帰宅時にはどのような対応を取ればいいのでしょうか?

帰宅時に犬に構わないようにする場合でもあからさまに絶対的な無視をしなければならないということではありません。あくまでも”離れていた時間が協調されるような大げさな再会”をしないように意識するといいでしょう。帰宅時はあたかも“ずっと家にいて今トイレから帰ってきただけ”というような自然な行動を取るようにするといいでしょう。「ただいま~!」と犬に声をかけたり、なでたりハグをしたりするようなことはせず、犬の存在を感じつつも特に気にすることなく手洗いや着替え、荷物の整理など自分の用事を済ませてしまいましょう。

犬が帰宅したことに興奮して吠えたり飛び跳ねたりしているうちは犬に構わないようにして、自分の用事が終わって犬が落ち着いてきた頃に自然な声掛けをしたり軽くなでたりしてあげるようにしましょう。飼い主の帰宅を特別なことを感じさせないように、自然な雰囲気をつくるということがポイントです。「おかえりー!!!」と飛び跳ねて大歓迎してくれるとついつい構いたくなってしまうと思いますが、そこはぐっとこらえて犬が落ち着くのを待ちましょう。

まとめ

外を見て待つポメラニアン

時間や頻度は各家庭それぞれだと思いますが、ほとんどの家庭で犬だけで留守番をするということがあると思います。そのため、留守番に対して強い抵抗感やさみしさを感じすぎないように、小さなうちからひとりで過ごす時間にしっかりと慣らしてあげるようにするといいでしょう。その留守番トレーニングの一貫として、帰宅時に過剰に構いすぎないようにするなど留守番を自然なものとして受け入れられるように演出してあげることも大切なのです。その代わり、一緒に過ごしている間にスキンシップや遊びの時間をたっぷりつくってコミュニケーションをしっかり取るようにしてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。