これはしないで!犬にとって危険な抱っこのやり方

33612view

これはしないで!犬にとって危険な抱っこのやり方

お気に入りに追加

皆さんは犬の正しい抱っこの仕方をご存知でしょうか。意外と「なんとなく」という独自の方法で行ってしまっている人が多いです。抱っこの仕方によっては愛犬を危険に晒してしまう可能性もあるため、正しい方法を知っておくことが大切です。

犬にとって危険な抱っことは?

直立姿勢で抱っこされる犬

皆さんは愛犬を抱っこする際、正しい抱っこができていると自信を持って言えますか?独自の方法で抱っこをしてしまっていたり、子どもと同じように抱っこをしてしまうと、犬が怖い思いをしていたり、危険に晒している可能性が考えられます。では、どのような抱っこが危険なのでしょうか。

仰向けの抱っこは怖い

仰向けに抱っこされている子犬

人間の赤ちゃんを抱っこする際、基本的に仰向けの状態で抱っこすることがほとんどです。人間の赤ちゃんであれば、仰向けに下から支えている方が安定感もありますし、赤ちゃんも安心することが多いです。

しかし、犬の場合は違います。犬は無理矢理仰向けにされることに恐怖を感じる生き物です。なぜならば、仰向けにされる行為というのは「自分に従え!」という相手の支配を感じ取ってしまうからです。

飼い主としてはそのような感情を持っていなくても、犬にとっては恐怖や圧迫感を感じる行為ですし、居心地が悪いため嫌がる素振りを見せることが多いです。信頼している飼い主さんであれば暴れたりはしなくても、本心では「やめてほしい」と思っています。

直立姿勢は足腰に負担がかかる

女性に抱っこされている白い犬

人間のように2足で立つような姿勢のまま抱っこをしていませんか?直立姿勢とは、前足を上に、後ろ足を下にするような状態のことを指しますが、この状態で抱っこをしてしまうと犬の足腰に負担がかかってしまいます。

特に胴長短足と言われるコーギーやダックスフンドなどの犬種は注意が必要です。ヘルニアになりやすい犬種ともいわれているため、足腰に負担を掛けすぎてしまうとヘルニアになりやすい体になってしまいます。

上記で取り上げた犬種以外であっても足腰に負担がかかることに変わりはありません。直立姿勢の状態で抱っこすることは絶対にやめましょう。

足やお尻を宙に浮かせたままは危険

犬を抱っこするストライプの女性

1つ前に直立姿勢で抱っこをしてしまうと足腰に負担がかかるため、危険な抱っこの方法であるという話が出ましたが、もう1つの危険ポイントとして、直立姿勢で抱っこをしてしまうと、後ろ足が宙に浮いたままになってしまうことがあるからです。

足が宙に浮いた状態は人間であっても不快感を感じますよね。犬ならば尚更恐怖を感じます。そのため、足をバタバタさせるなど嫌がる素振りを見せることがあり、その衝撃で飼い主の腕の中から落下してしまう危険性があります。

座った状態であれば怪我に繋がる可能性は低いですが、立った状態で落下してしまった場合、小型犬などは骨折に繋がる恐れがあるため注意が必要です。

正しい抱っこの仕方をおさらいしよう!

犬を抱っこする笑顔の女性

危険な抱っこの仕方を理解したところで、改めて正しい抱っこの仕方を簡単におさらいしておきましょう。実は犬のサイズによって、正しい抱っこの仕方が異なります。皆さんは愛犬がどのサイズに当てはまるかを理解していると思いますので、それぞれに合った抱っこの仕方を身に付けましょう。

小型犬の場合

犬を自分の身体にくっつけた状態で利き手を犬のお尻の方から前足に向かって伸ばし、犬の胴体を下から支える形に持って行きます。反対の腕で自分の身体に付けている側面とは反対の側面をしっかりと支え、地面と平行になるよう(四足歩行で歩いているときと同じ状態)抱っこをします。

中型犬の場合

中型犬の場合も利き手をお尻の方からお腹の辺りまで持ってきて、下からしっかりと支える状態を作ります。反対側の腕でやはりこちらも同じようにしっかりと胴体の側面を安定させ、最後に下から入れている利き手で前足を軽く乗せるように掴み抱っこをしましょう。小型犬よりも重さがあるため、押さえる手や腕にしっかりと力を入れてあげる事が重要です。

大型犬の場合

最後に大型犬ですが、大型犬の場合は小型犬や中型犬とは抱っこの仕方が異なります。なぜならば、上記の方法では安全な抱っこができない可能性が非常に高いからです。

まず大型犬を抱っこする場合には、予め、平らで少し高い位置に移動させることが大切です。例えばソファやテーブルの上などがちょうど良いでしょう。地面から持ち上げようとすると、大型犬の重量に人間が負けてしまい、飼い主が怪我をする恐れがあるため注意が必要です。

大型犬の場合、人間の手を胴体の下に完全に入れてしまい、片手で持とうとすると持ち上げられないことが多いです。そのため、両手でしっかりと大型犬の足の付け根を持ちます。感覚としては、持ち、支えるというイメージです。

この時、利き手を後ろ足、反対の手を前足に持って行き、胴体はしっかりと身体に密着させるようにしてください。また自分の胸の高さに犬の身体を密着させることで、腕への負担が少し軽減します。このまま抱っこをしましょう。

まとめ

抱っこされるダックスフンド

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した危険な抱っこのやり方は、小型犬を飼っているご家庭では意外と行われていることがあります。ぜひ今日から正しい抱っこの仕方を身に付け、愛犬を危険に晒さず抱っこができるようにしましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。