犬との散歩でトラブルを起こさないためのマナー5つ

犬との散歩でトラブルを起こさないためのマナー5つ

犬を飼い始めて気にすることが”マナー”です。自分は良いと思っていても周りから見れば迷惑行為に当たることもありますよね。今回は、トラブルを回避できるマナーをいくつかご紹介したいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬との散歩でトラブルを起こさないためのマナー

ゴールデンレトリバーを散歩している女性

最近犬を飼い始めた方も、ずっと飼っている方も共通していえるのは「マナーを守る」ことですよね。きちんと守っているつもりが、実はマナー違反だったなんてことがないようにしたいものです。

さらには、国の法律や地方自治体の条例なども関係することがあります。気がつくと法律違反だったという事態は避けたいですよね。

今回は犬を飼うことでほとんどの飼い主さんが経験する”散歩”についてのマナーをいくつかまとめました。日頃の愛犬や自分自身の行動を振り返ってみましょう。

必ずリードを付けて散歩をする

ドーベルマンを散歩する女性

たまにノーリードの状態で散歩している飼い主さんを見かけますが、ノーリードは特殊な場合を除いては法律違反に当たります。

リードは逃走防止の目的以外にも、飼い主さんの意思を犬へ伝える重要な役割を持っています。また、長さを調節できるリードいわゆるロングリードを長い状態のままで散歩をしている方は最近よく見かけるようになりました。

ロングリードはトレーニングなどに用いられることが多く、公道で何メートルにも伸ばして使用するものではありません。周りの人の中には、犬が怖くて近づいてほしくない人もいます。

よく、報告されているケースでは意を決して「リードをもう少し短くしてください」と伝えても「この子は大人しいから(もう歳だから)人に向かっていくことはないから大丈夫」と返答されることが多々あるようです。突発的なことで周りの人に危害を加えてしまう可能性がないとは言い切れません。

また、リードは犬を守るための道具でもあります。急に飛び出してきた車や自転車などに犬が当たりそうになった時、側溝などに落ちそうになった時にリードが長いと咄嗟に引き寄せて助けられない可能性がありますよね。

リードは周りの方に迷惑をかけないだけでなく、犬を守る、飼い主さんの意思を伝える大切な道具であるということを再認識しましょう。

公共の場は清潔に

いつ迄、座って待つのかな?

散歩の時間=排泄する時間になっている犬も少なくないと思います。愛犬がオシッコやウンチをした後、みなさんどうしてますか?そのままにしていませんか?

オシッコをした場合は水をかけて洗い流す、ウンチをした場合は袋などに入れて持ち帰る、これは常識です。

大げさかもしれませんが、一歩家を出たら公共の場であることを意識して清潔に保つよう心がけましょう。また、稀に見かけますが公園などの公共の場で犬のブラッシングをすることもマナー違反です。

自転車に乗りながらの散歩はNG

Vintage bike

自転車に乗りながら、片手でリードを持ちもう片方はハンドルを持って散歩をするのは道路交通法違反に該当します。

また、ハンドルはしっかり両手で握っていても、犬のリードを自転車にくくりつけて散歩をすることは動物愛護法違反となります。

理由としては、リードを固定して自転車につけてしまうと、犬の動きを制御する「引き運動」が出来なくなるためとされています。

散歩中は犬の動きに集中する

ペットと公園を散歩する女性

犬を散歩するときは、突然の動きに対応できるよう常に意識を犬の動きへ向けている必要があります。ボーっと歩いていたり、歩きスマホをして意識が別の場所にいかないように注意して散歩を行いましょう。また、散歩は犬とのスキンシップが出来る行為でもあります。

大切な時間を漠然と過ごさないようにしたいものですね。

散歩する時間帯に気を付ける

朝の通勤風景

通学や通勤時間帯に散歩をすると、その分人や車通り、自転車で通行する人も増えてきます。駅周辺やバス停付近などにも人が集まるようになるので、出来る限りその時間帯を避けるか、人通りや車通りの少ないコースへ変更しましょう。

多くの人に囲まれると犬も満足に散歩できない可能性もありますし、人が増えるということは犬が苦手な人も多くなることがあります。

また、通勤などで急いでいる人と接触する危険も潜んでいるので、お伝えした時間帯の散歩は避けるようにしてくださいね。

まとめ

犬と女性

いかがでしたでしょうか?今回は散歩のマナーについてお伝えしました。

マナーを守るということは愛犬の身を守ることにも繋がります。「私は大丈夫」と思い込まず、一度自分自身の行動を振り返ってみましょう。

もし、マナー違反だと気付いた時、指摘された時は素直に受け入れて素敵な飼い主さんになってくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。