犬の毛が抜ける「換毛期」の時期とは?

犬の毛が抜ける「換毛期」の時期とは?

わんこの抜け毛掃除に苦労している飼い主さんも多いのではないでしょうか?今回は、そんな皆さんの頭を悩ませるわんこの換毛期について、詳しくご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

年に2回の衣替え!わんこの換毛期

寝転がる柴犬

季節や気温の変化に応じて、夏毛から冬毛へ、また冬毛から夏毛へとわんこの被毛が生え変わる時期のことを換毛期と呼びます。人間でいえば、ちょうど衣替えに当たりますね。

換毛期は春と秋の2回訪れますが、1回の換毛期の期間は環境や個体によって差があり、長い場合には数カ月に及ぶこともあります。

抜け毛の量は一概には言えませんが、特に抜け毛が多いことで知られている柴犬になると、「抜け毛で同じ大きさのわんこがもう一頭作れるのでは?」と思うくらい抜けます。飼い主さんにとっては、換毛期はまさに試練の時期ともいえますね。

あなたの愛犬はどっち?犬の被毛タイプの違いと換毛期の有無

スリッカーブラシと抜け毛

換毛期は全ての犬にあるわけではない

この換毛期、全てのわんこにあるわけではありません。換毛期があるわんこは、いわゆるダブルコートの犬種です。ダブルコートとは、被毛がオーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)の二層構造になっているものをいいます。オーバーコートは毛質が固く、主に皮膚を守ることが役割ですが、アンダーコートは柔らかな毛質で保湿や保温を役割としています。換毛期に一気に生え変わるのはこのアンダーコートです。

一方、シングルコートと呼ばれる被毛を持つ犬種では、一年をかけて少しずつ被毛が生え変わります。そのため、ダブルコートの犬種のように、「一気にたくさんの毛が抜けて大変!」ということはありません。

また、常にエアコンが効いて快適な気温が保たれている室内飼いのわんこだと、ダブルコートの犬種であってもはっきりとした換毛期が現れないこともあるようです。

抜け毛の多い犬種・少ない犬種

ご紹介したように、抜け毛が多いのはダブルコートの犬種、少ないのはシングルコートの犬種ということになります。ダブルコートの犬種は、柴犬、ゴールデンリトリバー、チワワ、ダックスフント、ポメラニアンなどが代表的です。一方、シングルコートの犬種で代表的なものには、プードル、ビーグル、パピヨン、ヨークシャーテリアなどがあります。

換毛期のケア

女性にブラッシングされる犬

基本は毎日のブラッシング

ブラッシングはわんこと生活するうえで欠かせないデイリーケアですが、換毛期には特に重要性を増します。毎日のブラッシングで、抜け毛をしっかり取り除いてあげるように心がけましょう。

ブラッシングを怠って抜け毛が皮膚の近くにたまってしまうと、毛玉の原因になったり、通気性が悪くなって皮膚炎等を引き起こしてしまう可能性もあります。

プロのトリミングを受ける

自宅でのブラッシングだけでなく、プロのトリミングを受けることも1つの方法です。1度トリミングに行ったからといって、次の日から抜け毛が一切なくなるということはありませんが、抜け毛の量を少なくすることは可能です。

ブラッシングでは取りきれないアンダーコートをごっそり処理してくれる「レーキング」という技術を提供しているサロンもあり、換毛期にはオススメです。

お掃除対策には洋服を

抜け毛が飛び散って掃除が大変という場合には、わんこに洋服を着せることで抜け毛の飛散防止になります。特にドッグカフェやペット同宿ホテルなど、屋内のわんこ連れOK施設にお出かけする場合には、マナーの面でも役に立ちます。

洋服が苦手なわんこには無理をさせず、お出かけ前にブラッシングをよくしてから出かけるようにしましょうね。

まとめ

レトリバー

いかがでしたでしょうか?抜け毛掃除は飼い主さんにとっては大変な試練ですが、わんこにとっては1年を快適で健康に過ごすために重要なリズムの一部です。換毛期の仕組みや重要性を理解したうえで、季節の変わり目を乗り切りたいですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。