犬と一緒に引っ越しをする時に必要な手続き

犬と一緒に引っ越しをする時に必要な手続き

お気に入りに追加

皆さまは、わんちゃんと一緒に引っ越す際に必要な手続きがあることをご存知でしょうか?その方法は地域によって様々なのですが、今回は基本的な手続きをご紹介したいと思います。

4426view

転居届と併せてわんちゃんも手続きを!

書類に判を押す犬

お引っ越しをする際、犬を飼っている家庭なら必要な手続きがあるとご存知でしょうか?

実は、私たちが引っ越したら転居届を出すように、犬も住所が変わったら手続きを行うことが法律で義務付けられているのです。

もし、それを知らずに手続きを行っていないとしても罰則などはないですが、万が一愛犬が迷子になってしまったとしても、犬の引越し手続きをしていれば安心。犬鑑札の情報から、家に連絡してくれますよ。

それでは、犬の引っ越し手続きの方法を詳しく見ていきましょう。

犬の引っ越し手続きを行う場所

受付で話す男女

犬の引越し手続きは、市区町村役場や保健所で行います。

市役所に転居届を出すタイミングで、犬の引っ越し手続きも行っておきましょう!

犬の引っ越し手続きの方法

ノートパソコンとコーヒー

犬の引越し手続きは、まず役場や保健所の申請書に必要事項を記入します。そして、必要書類と一緒に窓口に提出するだけです。

もし、同一市区町村内で引越しをするのなら、役所の窓口申請のほかにも、電子申請での申請が可能な場合もありますよ。

犬の引っ越し手続きに必要な書類

注射される犬

犬の引越し手続きに必要な書類は、

  • 印鑑
  • 旧住所地での犬鑑札
  • 狂犬病予防注射済証(注射済みの場合)

です。

もし、旧住所地での犬鑑札や狂犬病予防注射済証を紛失した場合は、保健所で再交付してもらいましょう。

再交付には、犬鑑札1,600円、狂犬病予防注射済証340円の手数料がそれぞれかかってしまいます。大事な書類は、なくさないように保管しておきましょう。

犬の引っ越し手続きはお早めに!

目覚まし時計

では、犬の引っ越し手続きはいつまでに済ませるべきなのでしょうか?

厚生労働省は「犬の引越し手続きは、できるだけお早めに。」と勧めています。つまり、いつまでと決まりはないため、引っ越ししたのにも関わらず申請を忘れていたという方は、今すぐ役場か保健所に出向きましょう!

引っ越し後、新たに犬を飼う場合は?

ボールで遊ぶ子犬

犬を新たに飼育する場合は、その日から30日以内に登録をしなければなりません。それがもし子犬なら、生後91日以上になったら登録しましょう。

この登録変更は義務なので、怠ると20万円以下の罰金に処せられることもあります。同様に、予防注射もお忘れなく。

犬の引っ越し手続き完了!

笑うチワワ

申請が完了したら、旧住所地での犬鑑札と、新しい住所地の犬鑑札を交換します。交付された犬鑑札は、すぐに愛犬の首輪やリードに付けておきましょう!

まとめ

犬と家族

犬と一緒に引っ越しをする時に必要な手続きをご紹介しました。いかがでしたか?

犬の引っ越し手続きは、大切な家族であるわんちゃんが安心して生活するために必要な手続きだと分かりました。引っ越した際は、部屋の片付けなどで忙しいとは思いますが、できるだけ早めに申請して新しい犬鑑札を付けてあげましょう!

それとともに、もし引っ越した先で新たに犬を飼うことになったら、その日から30日以内に登録することをお忘れなく。子犬なら、生後91日以上になった時点で登録しましょう。

必要な手続きを済ませて、ぜひ新しい生活を楽しんでくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。