愛情表現ではないことも?犬が飼い主を舐める時の心理5つ

愛情表現ではないことも?犬が飼い主を舐める時の心理5つ

お気に入りに追加

愛犬が自分のことをぺろぺろと舐めてくる…という経験は、犬を飼っている人ならば一度はあるでしょう。この犬が飼い主を舐めるときの心理は様々ですが、場合によっては愛情表現だけでないこともあります。今回は犬が飼い主を舐めるときの心理をいくつかご紹介します。

38661view

犬が飼い主の手を舐めるときの心理

手を舐める犬

犬が飼い主を舐めるときは、口や手を対象に舐めることが多いです。実は犬が舐めた部位によって、その時の犬の心理は異なります。まずは犬が飼い主の手を舐める時に考えられる心理をご紹介します。

1.「遊んで」「構って」

手を舐めるシベリアンハスキーの子犬

犬にとって飼い主さんの手というのはどのような存在でしょう。犬からしてみると、「いつも自分を撫でてくれる手」「一緒に遊んでくれる手」という印象が強いため、手を舐めたときには「構って欲しい」という甘えたい気持ちが隠されていることが多いです。

例えば飼い主さんがテレビを観ているときや雑誌を読んでいるとき、愛犬が隣にやって来て手を舐めてきたという経験はありませんか?

この場合は、「テレビ(雑誌)ばかりじゃなくて僕のことも見て!遊んでよ!」といった気持ちを飼い主さんに知らせるために行動を起こしていることがあります。「今日はあまり構ってあげられていないな」と感じたら、一緒に遊んであげましょう。

2.リラックスしている

子供の手を舐めようとする犬

また、構って欲しいという心理だけではありません。犬が飼い主の手を舐めるときは、「今、リラックスしています」「不安なことはありません」という心理の表れである可能性も考えられます。

手を舐められたときに「さっきも遊んだのに」と思い当たるのであれば、「ありがとう」「今は満足です」といった気持ちや「飼い主さんの隣にいることで安心できる」といった気持ちを伝えようとしているのかもしれません。

犬が飼い主の手を舐めるときの心理は主に上記の2つが考えられます。その日の状況(構ってあげているかどうかなど)を見て、どちらが正しい心理かを見極めましょう。

犬が飼い主の口を舐める時の心理

男性の口を舐めようとする犬

先ほどは手を舐めたときの愛犬の心理をご紹介しましたが、続いては口を舐めるときの犬の心理です。こちらも似たような心理もありますが、まったく違う心理が隠されていることもあります。

3.「甘えたい」

ベンチに座っている男性の顔を舐める犬

やはりこちらもまず最初に考えられる心理は、飼い主さんに構って欲しい、甘えたいという気持ちです。特に飼い主さんが大好きな甘えんぼうな性格の子は、手よりも口を舐めようと寄ってくることが多いです。

この口を舐めるという行為は、元々子犬が母犬に対して行う行為で、お母さんに甘えるときなどに見られる仕草です。そのため、口を舐めてきたときには、まず飼い主さんを母犬のように慕っているということが言えるでしょう。

その上で、飼い主さんに甘えたい、もっと遊んで欲しいといった欲求を伝えてきているのです。お母さんとして認められているということは、飼い主としては非常に嬉しいですよね!

4.「あなたのことが大好き!」

子供の顔を舐める犬

そして犬が相手の口を舐めるときは、愛情表現である事も多いです。飼い主さんのことが大好きな犬に多い行動であるという話しが出ましたが、飼い主さんに対して「大好きですよ」と愛情を伝える際にも口を舐めることがあります。

また、「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える際にもこの行動をする事があります。例えば、ごはんをお腹いっぱい食べた後、飼い主さんのところへ寄ってきて、口を舐めるということはありませんか?

これは「ごはん美味しかったです。ありがとう。大好きです」といった気持ちを表現しています。特にごはんを食べた直後に飼い主さんのところに来る場合は、飼い主さんのことをとても大切な存在として認識している証拠です。これに対して飼い主さんは、優しく撫でてあげるなど軽いコミュニケーション(挨拶返し)をとってあげましょう。

5.「お腹が空いたよ」

女性の顔を舐める子犬

先ほどごはんの話しが出ましたが、実は犬が飼い主さんの口を舐めているときの心理として、もう1つの心理が考えられます。それは「お腹が空いたよ。ごはんが欲しいです」という心理です。

子犬は母犬に対して甘えたいときに口を舐めますが、それ以外にもごはんを母犬から口移しでもらうことがあります。この名残が今でも残っており、ごはんが欲しいときには飼い主さんの口を舐めることがあるのです。

まとめ

女性の顔を舐める犬

いかがでしたでしょうか。このように犬が飼い主さんのことを舐めるときは、様々な心理が考えられます。まずはどこを舐められたか、次にその時の状況などを考慮して、愛犬の心理を正しく理解してあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。