エリザベスウェアとは?エリザベスカラーに変わる犬服

【獣医師監修】エリザベスウェアとは?エリザベスカラーに変わる犬服

お気に入りに追加

犬が手術などをしたときに欠かすことができないアイテムと言えばエリザベスカラーです。しかし、最近はエリザベカラーよりも画期的なエリザベスウェアが注目を集め、処置後の管理に大きな新風を巻き起こしています。そこで、今回はエリザベスウェアとは一体何なのか?エリザベスカラーと何が違うのかなど、エリザベスウェアの魅力について詳しくご紹介していきたいと思います。

7749view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬の処置後の傷口管理に使うエリザベスカラー

エリザベスカラーを付けてる犬

まずは、犬を飼って手術や何かしらの傷を治療したことがある飼い主さんなら、エリザベスカラーという言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

エリザベスカラーは16世紀のエリザベス朝時代に流行った、襟巻のような襟首のデザインと似ていることから名付けられ、小型犬から大型犬まで豊富なサイズがそろえられています。

では、どういったときにこのエリザベスカラーを使うのかというと、主に犬の口が患部に届かないようにするためを目的として使用されます。

犬は傷があったり包帯などで体に違和感があると、その部分を舐めたり包帯をはぎ取ってしまうことが多く、そうすると当然傷口は修復が遅くなるだけでなく状態が悪化してしまいますし、包帯などは誤飲に繋がり二次トラブルの原因にもなるため、それらを防ぐためにエリザベスカラーが使われるのです。

犬に使うエリザベスウェアとエリザベスカラーの違い

フードを被った犬

傷口の回復や誤飲防止のために使われるエリザベスカラーですが、最近大きな注目を集めているエリザベスウェアは簡単に言うとその洋服版です。

獣医師と共同開発 犬用術後服エリザベスウエア【小型犬女の子用】ピンク
3,900円(税込)

【男の子用】Amazon楽天

商品情報
・ワンコの為の術後服
・術後の傷口舐めを防止できるパンツ
・エリザベスカラーが苦手な子にもおすすめ
・着たまま排泄可能

エリザベスカラーとは違い大きな襟巻のような見た目ではありませんが、単に患部に口が届かないようにするといったエリザベスカラーとは違い、洋服として体全体を覆うことができるので首に大きな襟巻ができることがなく、患部をしっかりと覆い隠すことができます。

この患部を覆い隠すというところが大きなポイントで、エリザベスカラーだと患部の場所によっては大きめのサイズを装着しなければ
いけませんが、エリザベスウェアであれば洋服として体全部か隠れるので、あえて大きめのサイズを選ばなければいけないといったこともなく、過ごしやすい環境を犬に与えられます。

犬のストレス軽減にエリザベスウェアがおすすめ

洋服を着て並ぶチワワ

エリザベスカラーだとどうしても顔周りにくるため、ご飯を食べたり水を飲むとき邪魔になってしまったり、動くとエリザベスカラーが壁や家具などに当たって場所によっては身動きが取れなくなってしまうなんてこともあります。

患部を正しく管理するためには必要なことではありますが、生活をするうえでエリザベスカラーの存在は大きなストレスとなり、犬の性格によってはエリザベスカラーを付けようとしたり付けたりするだけで大暴れしてしまうことも少なくありません。

治療のために必要なこととは言え、やはりストレスを与えることはできることなら避けたいですし、犬によってはエリザベスカラーに強い恐怖心を持つ子もいるため、それが原因で大暴れして治療箇所に悪影響を及ぼすこともあります。

こうしたストレスを軽減し快適な生治療生活を送らせてあげるためにも、今注目を集めているエリザベスウェアをおすすめします。

エリザベスウェアならエリザベスカラーの役割を果たしながらも洋服と変わりない状態でいられるため、洋服に慣れている犬であればストレスを与えることなく患部を保護することが可能です。

このように、洋服であれば恐怖心で装着時や装着後に大暴れすることもありませんし、食事や移動といった生活での不便もないので犬にとっても管理するにとっても、エリザベスウェアは非常にありがたい存在と言えます。

まとめ

獣医と並ぶ犬

手術などの処置後に必要不可欠なエリザベスカラーですが、装着することで与えるストレスが大きいことが多く、そのせいで治療の経過が遅れてしまうこともあります。

もちろん、そうならないために動物病院での徹底した管理や飼い主としての管理などが重要ではあるのですが、一番は術後の管理や生活においても限りなくストレスなく過ごすことができることですよね。

それを可能にしてくれるエリザベスウェアはまさに救世主のような存在であり、エリザベスカラーとうまく使い分けることで治療の進め方にも変化を与えてくれることでしょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    うちの愛犬のチワワ2匹も去勢と避妊手術後はエリザベスカラーではなくウェアを利用しました!
    カラーだと動きづらそうでお水を飲むのも大変そうで、カラーがどこかに当たるとその音にビックリしていました。
    ウェアに変えてあげたらストレスもなさそうでゆっくりしていました。
    ウェアにして良かったです!
  • 投稿者

    40代 男性 匿名

    うちのワンコは皮膚が敏感で何度かエリザベスカラーにお世話になっています。ただ凄いストレスでぐるぐる回ったりして可哀想でした。 エリザベスウェアを使用された方の体験談多く聞かせて頂けたら嬉しいです。
  • 投稿者

    30代 女性 こてつママ

    エリザベスウェアを購入して、手術に挑みました。
    朝エリザベスウェアを渡しておきましたが、やはり術後は患部をしきりに気にしてしまったようで、少しだけ腫れてしまったので、エリザベスカラー着用しました。とのことでした。

    当たり前ですよね。
    病院に一日中いて、飼い主さんの姿はない。他のわんちゃん猫ちゃんとゲージの中。寝て起きたら体に異変がある。
    気にして当然といった所でしょうか。

    自宅に帰りおちつきたくて寝床に!と思いきや、エリザベスカラーのせいで
    クルートに入れない。
    トイレもゲージの柵に当たりまくりで何もできないよぉー。状態。

    カラーを外しウェアに着替えてようやく落ち着きました。

    ただやはり患部は気になる様子。

    タンクトップ部分は肩が抜けて一度脱げてしまいました。

    なので、飼い主さんの目が届く時はいいですが、
    長時間のお留守番の際に脱げたら大変です。

    動きやすい様に、フィットしやすいように伸縮する背中のクロス部分が脱げやすいと仇になると思っていませんでしたので、
    急遽縫い合わせて固定しました。

    ただ脱げたら!
    が不安な方はソフトタイプやドーナツ型のエリザベスカラーを選択されてもいいのかな?と思いました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。