犬にも加湿器は必要?冬の適切な湿度とは

【獣医師監修】犬にも加湿器は必要?冬の適切な湿度とは

人間にとって冬は乾燥にも注意しなければいけない季節ですが、それは犬も同じです。暖房器具を使う冬こそ、湿度には気を付けなければいけません。今回は犬にも加湿器が必要なのか、また適切な湿度などをご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にも加湿器は必要?

加湿

冬は乾燥が大敵だという言葉が様々な場所やメディア内で取り上げられるようになります。その言葉どおり、乾燥を放置しておくと、体が痒くなってしまったり、細菌の増殖によって風邪を引き起こしやすくなってしまう可能性も考えられます。

しかし、これは人間だけではありません。犬も冬は乾燥しやすいため、加湿器を使うことでなるべく乾燥を防ぐように努力する必要があるのです。

冬は暖房器具を使うため乾燥する

まず冬に乾燥しやすい原因として、家の中で暖房器具を使うことが挙げられます。ただでさえ、日本の冬は乾燥しやすい季節と言われていますが、暖房器具を使うことで、より部屋の中が乾燥しやすい状態になるのです。

特に暖房器具の中でも部屋全体を暖めるタイプのヒーターやエアコンなどは、非常に乾燥しやすいです。しかし、部屋全体を暖めておかなければ、愛犬が寒さに耐えられず、風邪を引いてしまう恐れもあります。

したがって、暖房器具を使いながら乾燥を少しでも防ぐためには、加湿器を使用して湿度を上げることが重要なのです。

加湿器を使わなければ風邪の原因に?

加湿器の主な目的は、当たり前ですが使用する部屋の湿度を上げることです。最初にもお話ししたとおり、部屋の湿度を保つことで、乾燥による痒みを軽減する他、細菌の増殖を防ぐ効果も期待できます。

そのため、加湿器を使わずに暖房器具を使っていると、湿度が20%台、あるいは20%を切ってしまう状態になる事も珍しくなく、細菌が増殖しやすい環境ができあがってしまうのです。

そうなると、体内に細菌が入り込み、免疫を低下させてしまうことにも繋がりかねません。免疫力が低下してしまうことで風邪を引き起こしやすくなってしまったり、老犬、子犬の場合は体を弱めてしまうこともあるため、湿度維持は非常に重要です。

冬の適切な温度・湿度は?

湿度計

では、犬が快適に過ごすために、どのくらいの室温、そして湿度が適切なのでしょうか。まず第一前提として、犬が快適に過ごせる湿度と温度は、人間が快適に過ごせるそれとはまったく異なるということをご理解ください。そのため、「私たちが快適だから愛犬も快適だろう」という考えを持ってはいけません。

まず犬にとって最適な室温は、18℃~22℃と言われています。これは私たち人間とそう変わらないため、一見「問題ない」と感じる事でしょう。しかし、重要な点は22℃を超えてしまうと「暑い」と感じ、息づかいが荒くなることがあるということです。

そのため、冬は寒いから暖かい方が良いという考えから、無闇やたらに暖房器具の温度設定を高くすることは控えましょう。

そして最適な湿度ですが、40~60%とされています。私たちは湿度が高いと「ちょっとむしむしするな」、低いと「乾燥している」という感覚ですが、犬の場合、この湿度を下回ったり上回ったりすることで、体調に異変が生じてしまいます。

冬場は湿度管理をしていなければ、20%台まで下がってしまうことも多いため、加湿器を使用することによってしっかりと湿度を管理しなければ、愛犬にとっての快適な環境作りは叶わないのです。

加湿器を使う際の注意点

注意喚起

最後に加湿器を使う際の注意点をいくつかご紹介します。基本的な注意点と犬ならではの注意点がありますので、どちらもしっかり頭に入れておきましょう。

換気は定期的に行う

まず換気は定期的に行うようにしましょう。「換気をしてしまうと湿度が…」と思われる方もいるかもしれませんが、加湿器や暖房器具を付けっぱなしにしている状態で換気をしないと、部屋の中を悪い空気が充満してしまいます。

これをしっかり外に逃がし、新しい空気を部屋の中に入れ換えなければ、せっかく加湿器を使って風邪予防をしているのに、結果的に体内の免疫力を低下させることに繋がってしまいます。

冬の外気は非常に冷たいため、換気するのは嫌だなと思ってしまいますが、暖房器具や加湿器を使用しているならば、定期的に換気をするよう心がけましょう。

アロマ効果のある加湿器は避けて

アロマディフューザー

最近では、加湿器の種類も多種多様となっておりますが、犬がいるご家庭の場合はアロマ効果のある加湿器はなるべく避けるようにしてください。

アロマの種類によっては犬の体に害をなすものもありますし、アロマを使うときには濃度を守らないと人間にとっても害になることがあります。また、犬は匂いに非常に敏感なため、嫌いな匂いが部屋中に充満してしまうと、それだけで快適な部屋とはほど遠い環境状態となってしまうのです。したがって、アロマ効果のない、無臭の加湿器を選ぶことを推奨します。

まとめ

帽子を被って眠るチワワ

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介したように、加湿器は非常に重要な冬の必需品です。「自分が大丈夫だから」と渋らず、愛犬のことを考えて加湿器を1台用意しておくようにしましょう。
加湿器のタンクなどの消毒は定期的に行いましょう。タンク内のカビがミストに混じって室内に散布されると呼吸器などにトラブルを起こすことがありますので要注意です。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。