犬の皮膚が赤い原因と病気ついて

1526view

犬の皮膚が赤い原因と病気ついて

みなさんの愛犬が皮膚の一部が赤くなっていたり、痒がっていたりしていませんか?もしかしたら、その症状は犬の皮膚が赤いだけではないかもしれません。今回は、犬の皮膚が赤い原因や病気について見ていきたいと思います。

犬の皮膚が赤い原因

犬の皮膚を処置する手

犬の皮膚が赤い場合、よく考えられる原因に発疹(ほっしん)が挙げられます。私の愛犬も、元々食物アレルギーのある子で、小さい頃から耳の赤みや皮膚の発疹に悩まされてきました。

しかし、一言に「犬の皮膚が赤い=発疹」とは限らないものです。では、一体どんな病気が隠れているのでしょう?順を追って見ていきましょう。

犬の皮膚が赤くなる病気 『非寄生性皮膚疾患』

皮膚を掻いている犬

先程、犬の皮膚が赤い原因に、発疹の例を挙げましたが、この症状が多く見られる病気に、『非寄生性皮膚疾患』というものがあります。なんだか長い名前の上、あまり聞き慣れない病名ですが、この疾患は総称に過ぎません。

では、その総称の中にある数々の病気を見ていきましょう。

湿疹

犬の鼻

まずは、人間に近い存在の湿疹です。湿疹の特徴は下記の症状が見られます。

  • 発疹が見られる
  • 病変の境界が鮮明
  • 病巣が各所に多発
  • 再発しやすい

また、今回のテーマにもなっている、犬の皮膚の赤みにも直接的に関わっていて、この『赤み』については、紅斑期(こうはんき)という初期の症状になります。

蕁麻疹(じんましん)

続いて、蕁麻疹についてです。蕁麻疹も、人間にとって身近にある病気のひとつですが、これは一般に急性が多く、犬の場合は

  • 吸血昆虫の動物毒
  • 薬品による刺激
  • 食餌に対するアレルギー等

が挙げられます。しかし、これらによる原因からは1~2時間で症状が現れ、通常であれば、2~3日以内で症状は治まります。

犬の皮膚が赤くなる病気 『寄生性皮膚疾患』

ダニ

次は、『寄生性皮膚疾患』について、お話したいと思います。先程の『非寄生性皮膚疾患』とは違い、こちらは外因性による皮膚疾患になります。

疥癬症(かいせんしょう)

疥癬症は、ヒゼンダニ科に属するヒゼンダニの寄生によって発症する犬や猫の寄生性皮膚疾患の代表的な病気です。特徴として最も初めに多く見られるのは、以下のものが見られます。

  • 激しい痒みと湿疹様の皮膚炎
  • 境界不鮮明な脱毛

ヒゼンダニの特徴は、健康な皮膚に取り付き、2~3分で皮膚内に穿入(せんにゅう)する能力を持つことです。また、感染力も強く、敷物、首輪、ブラシ類を介しても感染します。

耳疥癬症(みみかいせんしょう)

耳の赤み

耳疥癬症とは、ヒゼンダニ科に属するミミヒゼンダニが耳管内に寄生して発症する皮膚疾患です。ミミヒゼンダニは、オス0.3mm、メス0.4mmで虫卵、幼虫、若虫、成虫と5期の発育環を持っています。そして、犬や猫に高率に発症する疾患でもあります。

特徴としては下記の症状が表れます。

  • 耳に激しい痒覚が生じる
  • しきりに頭を振る
  • 後ろ足で耳を掻く

これらの動作によって、耳の周りの毛が抜け落ち、耳や目を傷つけ、炎症を起こすこともあるのです。

犬の皮膚が赤いときの対処法

赤くなった犬の皮膚

それでは、もしもご自身のわんちゃんの皮膚に赤い斑点や発疹が起こったら、どうすればいいのでしょうか?症状別に見ていきましょう。

湿疹治療

  • 原因を特定し、極力排除
  • 病状悪化を防ぐため、抗ヒスタミン剤やトランキライザー等の止痒(しよう)剤の投与

蕁麻疹治療

  • 局所に抗ヒスタミン軟膏を塗布する他、下剤、整腸剤の投与等
  • カルシウム液の静脈注射等、原因に合わせた処置

疥癬症治療

  • 原因療法の一つとして、ヒゼンダニ用の殺虫
  • 激しい痒みによって起こる傷を悪化させない為の痒み止め、抗生物質も効果的

耳疥癬症治療

  • 疥癬症同様、殺虫が必要
  • イベルメクチンやロテノンなどの殺ダニ剤を4~5日間隔で耳管内に塗布、治療は3週間前後継続することが必要。

以上の対処法があります。ですが、決してご自身のご判断だけで終わらせず、獣医師や看護師さんといった専門医にご相談して下さい。

まとめ

獣医とジャックラッセル

いかがだったでしょうか?犬の皮膚が赤いというだけでも、様々な病気の危険性があったと思います。中には、「生まれついての症状のために、薬に免疫が付いた」というようなわんちゃんを飼っている飼い主様も居られるかもしれません。

しかし、皮膚の異常は時に大きな病気の前触れになる可能性があります。そのため、「どうせ発疹」と思って放置せず、日頃からわんちゃんとのスキンシップを大事に、そして、もし異変が見つかったら、ただちに病院へ連れて行ってください。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

わんちゃんホンポ掲示板

人気のトピック

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。