犬の目が開かない時の考えられる原因と予防法

【獣医師監修】犬の目が開かない時の考えられる原因と予防法

愛犬の目が開かない状態になったら、飼い主さんはとても不安ですよね。筆者の愛犬は、過去に瞬膜(目頭から出てくる、膜状のまぶた)がめくれて赤く見えた時があり、非常に驚いた経験がありました。それからというもの、愛犬の目はいつもチェックしています。犬の目が開かなくなる原因とは、どんなものがあるのでしょうか。また、目が開かなくなる前に、大切な愛犬のために予防できることがありますのでお伝えします。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の目が開かない原因

目を拭かれている犬

人間も異物やほこりが目に入り、目が開けられないことがあります。時には異物が取れずに目がゴロゴロすることもあります。その状態で目をこすると目に傷が付き、炎症が起きることも。

実は犬も同じ状態になる時があり、目が開かないことは犬自身が目に違和感を抱いていたり、痛みがあったりする状態です。全く開かないわけではないけれど、ショボショボさせている状態もあります。中にはただちに治療すべき病気があるので、早めに獣医師に診てもらうことがおすすめです。

犬の目が開かないことから考えられる原因

片目をつぶっているチワワ

比較的軽度の場合の原因

  • 軽い打撲
  • 軽度の炎症
  • シャンプーや異物が目に入った
  • 目やに

軽度とは言え、シャンプーが目の炎症の原因となり、ものによりますがシャンプー自体が目に負担がかかるものがあります。また、目やには色や状態によっては、病気から症状が出ていることもあります。多量であったり、黄色、黄緑色、べたべたしていたりする場合は異常のサインです。

犬の目が開かないことから考えられる病気

目薬をさしている犬

犬の目が腫れていたり、赤く充血していたりすると、とても心配になります。ましてや目が開かない状態はとても怖くなってしまいます。眼にはどのような病気があるのでしょうか。

  • 角膜炎
  • 結膜炎
  • 緑内障
  • 角膜潰瘍
  • ブドウ膜炎
  • まぶたの炎症
  • 異所性まつ毛
  • ドライアイ

角膜炎

目の一番外側の角膜に起こる炎症です。まつ毛の生え方や、ケンカなどにより角膜に傷がついてしまう、また細菌やカビ、ウィルスが目に入り増殖してしまったり、ビタミン不足で発症したりすることもあります。

結膜炎

まぶたの内側の粘膜が炎症を起こすものです。細菌、ウィルスが原因であったり、砂やほこりなどの異物で結膜が刺激されたりすることで炎症が起こります。

緑内障

眼圧(眼球内の圧力)が高くなることによって起こる症状です。眼の中の圧が上がり、痛み、視力の低下、失明などの障害がでてしまう病気です。

角膜潰瘍

角膜に深い傷ができている状態で、その傷から細菌が入り込み炎症を起こします。潰瘍が悪化すれば角膜に穴が開き、最悪の場合、失明してしまします。

ブドウ膜炎

角膜炎や結膜炎の悪化、水晶体の疾患、眼球に発症する腫瘍、外傷などが原因と考えられます。白目が赤く充血したり、目やにや涙が多くなったり、まばたきが多くなります。様々な要因が重なりて起こるので、初期では他の病気と見分けがつきにくいです。

まぶたの炎症

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)、眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)、眼瞼炎などでまぶたに異常があったり、目の周りが赤くなったりします。眼瞼内(外)反症はまぶたが内(外)側にめくれてしまう状態で、眼瞼炎はまぶたに炎症が起き、赤く腫れ、毛が抜けてしまうこともある病気です。

異所性まつ毛

まつげが通常とは異なるところから生えてきて、結膜下から生えると炎症反応が起きて赤く腫れてきます。

ドライアイ

角膜が乾燥する状態です。涙の分泌不足などが原因で、涙が角膜に十分に行き渡らないことで起こります。これらの症状が悪化している場合、違和感や痛みから犬は目を気にしてこすったり、物に擦りつけたりしてしまいます。その行為が原因でますます悪化してしまうこともあります。こういった場合はエリザベスカラーを付けて動物病院に行きましょう。

犬の目が開かない場合の予防法

見上げているダックスの目

  • 毛が長い犬種は毛を短くする(まとめる)
  • 皮膚のしわが目に入る犬種、目が大きい犬種は日頃から観察する
  • 目やにはこまめに除去する
  • 目の高さの草むらには入らせない

犬の痛々しい姿は見たくないものですから、普段からできる予防をしておきたいですね。

まとめ

目の診察を受けている犬

先ほども書いたように、筆者の愛犬は、過去に瞬膜(目頭から出てくる、膜状のまぶた)がめくれて赤く見えた時があり、非常に驚いた経験がありました。特に寝起きの時などに起こりやすいのだそうです。

また、草が生い茂る季節には小さい草だねが目の中に3粒ほど入っていたこともあり、あまり草むらには入らせないようにしました。目の病気は直接命に関わるものではないですが、最悪の場合、失明してしまうことが考えられますので、目の病気にさせないよう、そういった場所などに近寄らないことが無難です。

それから、自己判断などは危険ですので、飼い主さんが異変に気付いたら、いち早く獣医師の診察を受けましょう。また、犬の目の周りを清潔に保つことや、異変に気付けるよう、愛犬の目を日々観察することが大切です。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 魚

    知り合いの犬が、ドッグランで他の犬と遊んでいたのか攻撃されたのか、片目を負傷し腫れて目がうっすらとしか開いていない状態なのを見たことがあります。なんとも痛々しい姿でした。幸い視力に問題はなさそうだと、その後回復してかわいいお顔に戻りましたが、飼い主さんはショックで憔悴していました。犬の目が開かない状況が怪我の他にもあるということで、愛犬の怪我や病気はどれも起こって欲しくないことですが、異変にすぐ気が付けるように勉強しておくことは重要ですね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。