犬が腰痛になる原因と兆候の見分け方

【獣医師監修】犬が腰痛になる原因と兆候の見分け方

犬の腰痛には様々な原因が考えられます。犬は具合の悪いところがあってもそれを隠そうとして我慢をしてしまうことが多いものです。そのため気がつきにくいこともありますが、犬の腰痛を放置してしまうと取り返しのつかない症状になることも。ここでは犬の腰痛の兆候や原因、注意するべきことについて解説していきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が腰痛になる原因

散歩をするブルテリア

①季節の筋力への影響

犬が腰痛になってしまう一つ目の要因としては筋肉の低下が挙げられます。この筋力の低下は加齢によることもありますが、若い犬の場合はそれだけではなく、暑い夏に散歩を控えていたことで筋力が低下してしまうことや、他にも暑い季節であれば夏バテによる食欲の低下でも筋力が弱くなることもあります。

夏の筋力低下による腰痛は秋頃になって表れることも多いようです。また、逆に寒い冬も筋肉が縮こまることで腰痛になりやすいようです。対策としては暑い夏であれば犬の食べやすい食事にしたり、暑くても無理のない範囲できちんと運動させてあげるようにしましょう。

夏バテによる運動不足は肥満の原因にもなりこれも腰痛の原因となるものです。冬は寒さで筋肉に負担がかからないように服を着せたり毛布を与えるといいでしょう。

②運動やしぐさによる負担

階段にいる2頭のダックスフント

人間もそうですが腰に負担のかかる動きやしぐさは腰痛のリスクを高めます。犬の腰に気付かないうちに負担のかかっている環境や行動としては、階段の昇り降りが多いことや滑りやすいフローリング、首輪の引っ張り癖による背骨への負担、急激なダッシュ、ジャンプ、高い所から飛び降りるなどの要因があります。

全てを抑制してしまうことは犬のストレスになってしまうのでできませんが、例えば階段の少ない平な散歩コースにする、首輪を負担のかかりにくいハーネスに変える、引っ張り癖をしつける、フローリングにはカーペットをひくことなどによって犬が腰痛になりにくい環境を作ってあげることが必要でしょう。

犬の腰痛を誘発する盲点

抱っこされるシーズー

犬の腰痛は上記したような体に負担のかかる激しい運動によっても引き起こされますが、実は日常の何げないしぐさからも誘発されます。例えば犬は飼い主が戻ってきた時やおやつをねだるとき、後ろ脚で立ったりすることが多いですがこれも腰に負担がかかりやすい姿勢のようです。

また、小型犬の場合、抱っこした時にきちんとした抱き方をしないと犬の腰に負担がかかることもあるようです。このように犬の腰に負担がかかるしぐさについてはきちんとしつけをしたり、抱き方に気をつけたりすることで腰痛を予防することが可能でしょう。

犬の腰痛の見分け方

あごをつけて伏せるゴールデンレトリバー

犬の腰痛は放っておくと症状が悪化し、ひどい場合は体に麻痺や下半身不随などの症状が出ることもある怖いものです。そのようなリスクを減らすためには早めにその兆候を見つけて動物病院に連れて行き、早期の治療をすることが大切になってきます。

犬が腰痛の痛みを感じている兆候となるしぐさはいくつかあります。例えば犬は排尿をする際に足を上げますが、これはオス特有のものであり、メスは座って排尿します。そのためオス犬が座って排尿するようになった場合は、腰に痛みがあり足が挙げられない可能性があるのです。

また、他にも急に散歩に行きたがらなくなる、足腰のふらつき、階段をちゅうちょする、ジャンプしない、腰などを触られるのを嫌がる、トイレに時間がかかる、抱き上げると痛がる、歩くのが遅くなる、散歩をするとひどく疲れるなども腰痛の痛みが原因となっていることがあります。

このような状態になると犬自身もかなり痛みを感じていることがあるので、ふだんの散歩で歩き方や姿勢に変化がないか見極めるようにすることが大切です。

まとめ

ハーネスで散歩するダックスフント

いかがでしたか?犬の腰痛になる原因や兆候には様々なものがありましたね。

犬は運動が好きですから全ての行動を抑制してしまうことはストレスになってしまいできませんが、飼い主が散歩中の状態をよく見て犬の体調に気を配る、しつけをきちんとすることなどによって犬の腰痛のリスクを減らすことが可能になってくるでしょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 もふころ

    抱っこの仕方で腰に負担をかけてしまうこともあるそうです。愛犬を抱っこする時は気を付けています。縦に持たないこと、仰向けの状態に持たないことを徹底しています。
    筋力維持のため適度な運動も大事だと思います
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。