小さすぎる子犬達…飼い主さんに考えてほしいこと

小さすぎる子犬達…飼い主さんに考えてほしいこと

お気に入りに追加

同じ犬種でもペットショップやブリーダーでは、小さければ小さいほど値段が高く売れます。果たして小さな犬は犬にとって幸せなのでしょうか。

9471view

犬は小さいほど高い

ミニチュアダックスフンド

今日本で流行っている犬種は、やはり小型犬です。動物病院に来院する患者さんのほとんどが小型のワンちゃんです。
同じ犬種でも、小さい子もいれば体の大きな子もいます。それは人と同じで、遺伝や生活環境によって変わります。「小さければ小さいほど高い犬だから、大きくなる事はダメな事。」…そんな間違った考えから愛犬を命の危機に晒す事もあります。

低血糖の「ガリガリプードル」

プードルの子犬

夜間救急の動物病院に勤めていた時の出来事です。

「生後1ヶ月位のプードルの子犬で、さっきまで鳴いていたのに急に倒れて痙攣を起こしている。」

と、深夜に電話がかかりました。

すぐに連れてきてもらい診察を行うと、ガリガリに痩せていて体も異常に小さく毛の艶もありません。自宅で生まれた子犬だという事でしたが、その姿は私の目から見ると異常なぐらい痩せていました。

すぐに緊急の処置を行いましたが、栄養不足による低血糖でした。すぐに糖分を与え、意識は戻りましたが栄養状態が悪い事から朝まで入院する事になりました。
その事を先生から飼い主さんに伝えると、「しっかりご飯はあげていました。」と答えます。しかし、その後の言葉に私達は驚いてしまいました。

「この子のお父さん犬もお母さん犬も体が大きく育った。この子は小さく育てたいからご飯の量減らしてあげていたからからですかね?」

小さく育てる為にご飯の量を減らせば、子犬が栄養不足から低血糖になるのは当たり前です。話を聞いていると、ずっとお腹が空いていたのかごはんを食べ終わっても器を舐めていたり、空腹から食糞もよくしていたそうです。
処置が早かったため命は助かりましたが、この状態が続いていれば確実に亡くなっていました。先生からは「今の時期はしっかりご飯は食べさせてあげて下さい」と飼い主さんに伝え、子犬は朝退院しました。しかし 、疑問の残る出来事でした。

初心者の飼い主さんがよくする「間違った食事の与え方」

ご飯を食べる子犬

動物病院に勤めていると、初めてのワクチンや2回目のワクチンに子犬がやってきますが、身体検査をして体を触ると、時々痩せてあばらが浮いている子がいます。
痩せていることについて飼い主さんにお話を聞くと、「食事はきっちりペットショップやブリーダーの指示通り与えているのになんで?」と口にします。ブリーダーさんに言われた通りの分量で言われた通りの回数を与えているし、時には栄養剤やサプリメントも一緒にあげている方もおられました。

こういった方々の子犬が痩せてしまう原因は、指示通りの分量をずっと与えればいいと勘違いし、ずっと同じ量を与え続けているからです。子犬は日々大きくなります。ずっと同じ量だと痩せていくのは当然なのです。それとは逆に「〇グラムずつ増やして下さい。」といわれてそれをそのまま実行する方もいますが…。

子犬の成長はみんな同じではありません。フードの袋に書かれている量は目安量なので、それを参考にして体重や様子をみながら調節してあげて下さい。

体の小さな犬のデメリット

毛布にくるまる子犬

ペットショップに勤めていた知人の話では、一部のペットショップやブリーダーでは大きく育たないよう餌の量を減らし売っている事もあるそうです。それはより「小さいほうがよく売れ、高く売れるから」という理由からです。

ただでさえ子犬の抵抗力は強くありません。痩せていると病気にかかるリスクは高くなります。感染症予防のワクチンや駆虫をしていても、全くかからない訳ではありません。しっかりとした栄養状態の子犬なら、もし感染してもそれを耐えれる体力がありますが、痩せて体力のない子犬だとそれに耐えられない事もあります。大人とは違い、少しの下痢や嘔吐で命の危機に晒してしまうこともあります。

また、痩せすぎている犬は骨の成長も悪く、ちょっとした事で骨折してしまうこともよくあります。生まれて数ヶ月の犬の骨折は、手術をしても障害が残ってしまったり、酷い場合は断脚するという事にもなりかねません。

無理に小さな子犬を作るという事は、こういった危険に晒しているという事です。

最後に

子犬3匹

確かに小さな犬は見た目がかわいいのも解ります。でも大きくなるはずの子犬をご飯を減らして小さな犬にしても、痩せて不健康になるだけで何の意味もありません。

子犬は成長して大きくなるのは当たり前のことです。日々成長します。どうしても体重が増えなかったり食事を食べないなどの不安な事があれば、遠慮なくかかりつけの先生に相談してみて下さい。

また、「小さな子が流行り」などの考えはそろそろ終わりにするべきだと思います。ペットショップやブリーダーもニーズがあるためをこういった事をするのであって、私達飼い主の気持ちが変わればそんな必要も無くなります。買う人がいるからいつまでも変わらないのです。家族に迎える子が健康で楽しい毎日が送れるのであれば、大きい・小さいは全く関係ありません。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 小次郎。

    ペットショップから引き取る時に教えてもらったフードの量は少なめでした。標準的な量にしてからは体重も増えてしっかりとした足取りになりました。
    家族に迎えるのに小さい方が良いという思い込みがあるのでしょうか。
  • 投稿者

    女性 匿名

    うちの豆柴は ティーカッププードルと豆柴を主に扱っているペットショップで出会いました。

    ガリガリ程ではなかったですが 柴の子犬ならではのコロコロした感じはなく、今思うとうちに来た頃は元気もなかった気がします。

    お迎えに行って 色々説明をうける中で 1日に与えるフードの量が余りにも少なく、まだ3カ月の子犬なのに1日2回でいいと言われ それなりに知識があったので 自己判断で少しずつ量も増やし、1日3回に分けて与えていました。
    お迎え後しばらくして健康診断に行くと 『痩せているので 餌の量を増やして下さい』と言われ 〇〇と言うペットショップで飼い こんな事を言われたと話したら そこのペットショップのすぐ隣に動物病院があり そこの店の子達がワクチンなどで来る際に 何回もフード量などの指導をしてるが 改善してくれないと聞きました。

    確かに日本は小型犬が人気で そこのペットショップも小さいのを売りにしているからかも知れませんが 大きくならない様に 成長期の子犬にフード量を減らして与えると 骨格不全などにもなりかねません。
    例え 少し大きくなったとしても 健康なのが1番だと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    今、うちにいるMIXの子も、ショップからでした。お迎えの日に聞いたご飯の量は、犬初心者の私でも少ないと思う量で、一日2回でとの事でした。幸い、今までの子を長年お世話になっていた信頼できる動物病院があり、迎えてすぐに連れて行ったところ「痩せてますね」と… 病院が、体重や年齢別に与えるべき一日のカロリーを表にしてくれたので、今は2週間ごとに体重を量り、その表を見て計算した量をあげています。

    他の方も言っているようにショップやブリーダーは、成長期の子犬にも、大きくならないようご飯の量を制限しているんだと実感し、違和感と不信感を持ちました。
  • 投稿者

    50代以上 女性 なな

    ペットショップで一目惚れした子犬、でもすでに多頭飼いだったので、諦めていました。時々見に行くたびに痩せてて、店員さんに聞くと「下痢しやすいから、フード少な目にしてるんです」1ヶ月過ぎたぐらいに骨盤がはっきり分かるぐらい痩せてて、思わず連れて帰りました、体力も落ちて病気もありました。まだなかなか太りませんが病気は治りました。
  • 投稿者

    女性 ぶうちゃん

    我が家の一員になった豆柴のちっちゃい子犬 いつのまにか豆柴の定義を超えて 普通に成長したしまった 豆柴ではなくなったけど 健康的で元気いっぱい飛び回ってます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。