犬が弱気になっているときにする4つの仕草や行動

10663view

犬が弱気になっているときにする4つの仕草や行動

お気に入りに追加

人間にも「どうしても強気で向かっていくことができない」という時があるように、犬にも同じように弱気になってしまうことがあります。では、犬の場合、このように弱気になっているときにはどのような仕草や行動を見せてくるのでしょう。

犬が弱気になっているときにする仕草や行動

上目遣いをする犬

人間にも「これはできないよ」や「ちょっと怖いな」など弱気な気持ちになる事があるように、犬にも何らかの理由で弱気になってしまうことが多くあります。そんな時、犬は行動や仕草にサインを出していることがあるのです。では、具体的にどのようなサインを出しているのでしょうか。

1.後ずさりする

後ずさりしている小型犬

まずは後ずさりするという行動です。これは人間もあまり乗り気ではないときや弱気になっている時、つい起こしてしまう行動ですよね。お化け屋敷に入ったとき、なかなか前に進めず、後ずさりしてしまうという人も多いでしょう。

実は弱気になっている時の行動として、犬も同様の行動をします。散歩に行った際、前から自分よりも強そうな犬が歩いてきた場合、「なんだか怖いな」「勝てる気がしないよ」といった気持ちで後ずさりをするのです。

やはり動物の本能というのは、同じように行動に表れることがあります。人間と犬に共通している弱気な時の行動として、基本的に重心が後ろに下がってしまうのです。

2.重心を後ろにかけながら相手を見る

低い姿勢になっている犬

先ほど人間と犬に共通している弱いな時の基本的な行動として、重心が後ろに傾いてしまうという話をしましたが、まさに、後ずさりしなくても重心が後ろにかかっているときには、犬が弱気になっていることを意味しています。

飼い主さんであれば、重心を後ろに傾け、腰を低く下ろして踏ん張ってる愛犬の姿…と聞いて、「あの時にしていた!」とすぐに頭に浮かんでくるという人も多いでしょう。

また「怖い」「勝てない」など弱気になってしまう対象のものをじっと見ながら、重心を後ろにかけているという場合には、「怖い…でも見張っていないと僕の方に来るかも…」といった心理を持っています。

3.尻尾が低い位置で停止/または軽く振られている

怖がっている黒い犬

尻尾を振っている時は嬉しいときであるという犬のボディランゲージに関する情報を聞いたことがあるという人も多いでしょう。しかし、尻尾が振られているからといって、必ずしも犬が喜んでいるとは限りません。

例えば高い位置でピンと立てたままジッと立ち尽くしているときは、何かに対して警戒しているときです。そして弱気になっている時には、尻尾が低い位置で停止していたり、あるいは低い位置で軽く振られていることが多いです。

中には「もう無理です。降参です」といった弱気を通り越して恐怖感や服従心を表している婆には、尻尾を足の間に丸め込んでしまうこともあります。

4.相手に対して上目遣いをする

テーブルの下に隠れている犬

犬が上目遣いをするときは様々な心理が考えられます。1つには「こうしてほしい」「お願いします」といった要求の気持ちを表しているときに上目遣いになる事もあります。しかし中には不安や恐怖といった弱気な気持ちを抱えているときに上目遣いをするときもあるのです。

基本的にこのように上目遣いをしている時というのは、対象者に対して感情を表しているときです。そのため、もしも飼い主さんに上目遣いをしているのであれば、おねだりをしているか、あるいは怒られている時に怖いといった感情を抱いているのでしょう。

状況に応じて心理が変わってくる仕草でもありますので、その時どのような状況であるかを見極め、愛犬の気持ちを判断してあげましょう。

飼い主が「弱気」な愛犬を察してあげよう

撫でられる白い犬

最後に、もしも今回ご紹介したような弱気な仕草や行動を愛犬がしていた場合、飼い主はどのような対応を取るべきなのでしょう。

例えば散歩中に前から大きい犬がやって来て、弱気になっているという状況であれば、「大丈夫だよ」と優しく声をかけながら撫でてあげるなど、愛犬が安心できるような対応を取ってあげる事が重要です。

最後にご紹介した「怒られている時に上目遣いをしている」という場合には、「もう怒らないで」という意味が込められています。しっかり怒っているということは伝わっていますので、叱ることを止めてあげると良いでしょう。

しかし、そこですぐに態度をコロッと変えてしまうと、何に対して怒られたのか理解できないままになってしまいますし、中には「怒ってなかったのかも」と勘違いしてしまう子も現れます。しばらくは放っておき、10分ほど時間が経ったら構って上げるなど、メリハリをしっかりつけてあげましょう。

まとめ

女性の膝で撫でられる犬

いかがでしたでしょうか。犬が弱気になっている時のサインを見たことがあるという人も多かったでしょう。ぜひ弱気になっている時は飼い主さんが傍で落ち着かせてあげるために、声をかけてあげたり撫でてあげたりしてくださいね!

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。