犬が同じ行動を繰り返してしまう理由と対処法

【獣医師監修】犬が同じ行動を繰り返してしまう理由と対処法

お気に入りに追加

ふと気が付くと愛犬が前足をずっと舐めていたり、尻尾を追いかけていたり、ずっと同じことをしていませんか。同じ行動を繰り返す原因と、解決法について書いていきます。

5070view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬の常同行動

部屋を散らかしている犬

ずっと同じ行動をしていることを、常同行動と言います。動物園等で、クマがずっと右に左にうろうろしていたり、ゾウがずっと揺れていたりするのも、常同行動です。

犬の主な常同行動

悲しんでいる犬

犬の場合、足を舐めたりかじったりし続ける、尻尾を追いかけ続けるなどがあります。
特に尻尾を追いかけてぐるぐる回っている姿は、ほほえましく映るようで、問題行動と認識しない飼い主さんもいます。

犬の常同行動の主な原因

海であくびをしている犬

ズバリ一言で表すと、「ストレス」が原因となっています。このように書いてしまうと身も蓋もないのですが、現代社会人間もたくさんのストレスを抱えて生活していますが、犬もまた人間には計り知れないストレスを抱えていることが多いようです。

  • 運動不足
  • 飼い主にかまってもらえない
  • 生活環境の急激な変化
  • 飼い主が仕事を始めたことにより、留守番の時間が増えた
  • 飼い主に子供が生まれたため、犬に目があまり向かなくなった
  • 飼い主が結婚して同居人が増えた
  • 多頭飼いの場合、仲の良かった片割れが亡くなった
  • 犬がボスになってしまい、家族を守らなきゃと常にピリピリしている

などが考えられます。もちろん、病気が原因の場合もありますので気になる際は獣医さんに相談しましょう。

犬のストレスを解消する方法

他の犬と遊んでいるわんこ

運動不足に関しては、まず愛犬の作出された目的を知りましょう。

例えば、最近人気が出てきているボーダーコリー。彼らは牧羊犬です。牧羊犬は仕事で平均1日に30kmは走ります。多い犬ですと100kmを超えることもあるそうです。
また、人気犬種であるダックスフンドも、そもそもは猟犬です。引き綱でふらふら歩かせるだけではなく、たまには思いきり走らせてあげましょう。
鳥猟犬は山一つ平気で走りまわれます。

作出の目的を知れば、運動量は想像できると思います。現代の犬は運動不足の傾向があります。飼い主さんもそれぞれ生活があるので、連日の運動など大変なこともあると思います。そんな時は仕事が休みの日にドッグランなどへ行って、たっぷり走らせてあげましょう。社交性のある犬であれば、他の犬と遊ばせてあげることも大いに有効です。

かまってもらえないで、気をひくためにそのような行動を取る犬もいます。でも、飼い主さんも生活があるので24時間べったり構うのは不可能です。ですから、遊ぶ時間は何をおいても愛犬と、徹底的に遊び、遊ばない時間とのメリハリをしっかりつけてあげてください。

生活環境の急激な変化は、少しずつ慣らしていくほかありません。やはり遊んであげる時間と、そうじゃない時とをはっきり分けてあげてください。遊べないときはおもちゃなどで紛らわせてあげたり、うんと遊んでゆっくり寝かせてあげるのもいいでしょう。

犬がボスになってしまった場合。まず、犬は明確な序列社会で生活しています。一度順位が決まると、それを覆すのは並み大抵のことではありません。しかし、犬がボスであると何かと不都合です。出かけるたびに吠えられたり、触ろうとして噛みつかれたりと、問題行動が起きてしまいます。それを防ぐためにも、幼少の頃からきちっと犬が家族の中で最下位であるということを教育していく必要があります。

また、もう大人の犬で飼い主さんの努力ではどうしようもなくなってしまった場合、もしくは子犬さんを家族に迎え入れた場合、プロに相談してみるのも一つです。適切な施設で適切な訓練をすることによって、犬が良くなって帰ってきます。しかし、帰ってきてからも飼い主さんは努力を怠らないようにしてください。甘やかしてしまうと、また元に戻ってしまいます。
あとは、飼い主さん自身が飼い主さんの環境にあったわんちゃんを選ぶことも大切です。

犬の常同行動の弊害

よくあるのが、足先をなめ続けることによって、よだれで足先の被毛が赤茶色に焼けてしまうことがあります。これは見栄えが悪いだけで、特に問題がないかといえば、とんでもありません。

赤茶色に焼けているだけでしたら、確かに問題はありませんが、なめ続けることによって、細かい傷ができます。そしてそこに雑菌が侵入してただれたり、指が腫れたりなどの炎症が起きてしまいます。そうなると、犬はさらに足先が気になるようになるので、なめ続けます。そして炎症が悪化していくという、悪循環になってしまいます。

まず、エリザベスカラーなどで足先をなめられないようにします。病院へ行き、薬をもらってきましょう。それと同時に、何が原因なのか、場合によっては、細菌や真菌感染、寄生虫やアトピー、アレルギーなどの病気が隠れていることもあります。しっかり診察してもらって、ストレス以外の原因がないのであればストレスの解消になるよう、日常生活を見直してみましょう。

尻尾を追いかけてかじるのも同じです。噛むことによって、毛が抜け、皮膚に小さな傷ができます。そこに雑菌が侵入すると炎症が起きます。そうなると犬は今まで以上に気になって、尻尾を追いかけてかじるようになります。

尻尾の場合も、エリザベスカラーは有効です。病院へ行って薬をもらってきましょう。

まとめ

窓際で伏せる犬

犬がずっと同じ行動をしている場合、犬からの「暇だよー。」「もっと私を見てよー」というサインの場合が多いです。気を付けていれば病院に行かなくて済みます。そのためにも愛犬をしっかり見てあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。