犬が急に太ってしまう原因と考えられる病気

【獣医師監修】犬が急に太ってしまう原因と考えられる病気

お気に入りに追加

太らせつもりはないのになんだか最近急に太ってきた…。犬が太る原因は単に食べ過ぎなことが多いのですが、時にその原因として病気が隠れていることがあるため。ひとつひとつ原因を究明し対処することが大切です。

11652view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

カロリーの取りすぎによる犬の体重の増加

太りすぎている犬

人間と同じように犬も必要以上のカロリー摂取をすれば、当然それは体重の増加という形で目に見えて現れてきます。急激に太ってきたなと感じる場合、次のようなことが当てはまらないかまずは見直してみましょう。

犬の運動量の低下

ドッグフードはいつもと同じものを同じ量だけ与えているのに、なんだか丸くなってきたという場合は、運動量に変化がないか見直してみましょう。

日頃散歩に行っているのであれば散歩量が減っていないかや、散歩以外で過ごしている時間での運動量が減っていないかをみてみます。

体質によってちょっとした運動量の低下ですぐ太る子もいるため、もし運動量の低下が考えられる場合は元の運動量に戻すことで体重も元に戻ります。

ドッグフードの種類

運動量は変わってないけどドッグフードを変えたという場合、ドッグフードのカロリーが今まで食べていたドッグフードよりも高いと太ってしまうことがあります。

ちょっとしたカロリー差はどんなドッグフードにもありますが、特別カロリーが高いとやはり今までの運動量では足りないこともあるため、運動量を増やしてみるかもう少しカロリーの低いドッグフードに切り替えていましょう。

犬にドッグフードを与えすぎ

同じ犬種でも体格によって適正給与量は変わってきます。例えば、同じミニチュアダックスフントでも4kgくらいの子と7kgくらいの子では、4kgの子の方が給与量は少ないですし7kgの子の方が多くなりますよね。

それなのに、4kgの子に7kgと同じフード量を与えていたら太ってしまうのは当たり前なので、適正体重に合ったフード量を与えるようにしましょう。

犬におやつを与えすぎ

おやつを食べている犬

本来ドッグフードだけで十分なのですが、たまにのご褒美や喜ぶ姿を見るとやっぱりおやつもあげたくなりますよね。

もちろん、たまにのご褒美に与える分にはコミュニケーションの一環としてもいいのですが、ドッグフードのカロリーのことも考えて与えないとカロリー摂取量がオーバーし、ぷくぷくと太ってしまいます。

ですから、おやつを与える際には与えているドッグフードの量を1割程度減らす工夫をしたり、運動量を増やすといったことをするようにしましょう。

また、人間の食べ物をおやつと認識していない飼い主さんもいますが、ドッグフード以外のカロリーを摂取しているということを考えて調整してみてくださいね。

犬の避妊・去勢をした

避妊・去勢をしたあとは太りやすいと聞いたことがある人もいると思いますが、これは紛れもない事実で避妊・去勢後の食事管理は気を付けなければなりません。

もし、避妊・去勢後に太ってきたということであれば、低カロリーのドッグフードや専用のドッグフードがあるため、そうしたものに切り替えて適切なカロリー摂取になるようにしましょう。

病気の可能性もアリ!犬の急激な肥満化には早めの対処を

デブな犬

運動量もドッグフードの種類も変わっておらず、避妊・去勢もしていない。もちろん、おやつも与えていないし与えていたとしても、運動やドッグフードの量をちゃんと調整しているのになぜか急に太ってきた。

こうした不思議に感じることが起こった場合、一度病気の可能性も考える必要があります。考えられる病気としては、クッシング症候群や甲状腺機能低下症といったものです。

クッシング症候群や甲状腺機能低下症は内分泌系の疾患なので、体重が増えるといった変化以外にも、脱毛や多飲多尿など目に見えた症状が見られます。

しかし、あくまでも可能性であって必ずこうした病気が原因とは限らず他にも隠れた可能性もあるため、何かおかしいと感じたら早めに動物病院を受診するようにしましょう。

まとめ

おやつを加えている犬

ドッグフードやおやつの与え過ぎや運動不足といった、摂取カロリーに対して消費カロリーが追い付いていないだけならそこを改善すれば体重は戻ります。

しかし、そうではなく隠れた病気が原因となっている場合は、いくら食事や運動量を調整しても、増える体重やその他の異常を改善することはできません。

また、そうた場合早く対処しないと命に関わることもあるため、体重が増えてきた、急に丸くなってきたと感じたら一人で解決しようとせず、まずは動物病院へ相談してできる限りの早期発見・早期治療を心がけましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 男性 やみす

    我が家の柴犬は甲状腺機能低下症を発症しました 食事量も変わらないのに13キロから15キロ 18キロまで短期間に増えました 尻尾の毛がほぼ全部禿げて後ろ足の毛も抜けて腸にガスが溜まっていきました 高齢になってからの体重増加は甲状腺機能低下症を疑ってみてもよいですね この病気ホルモン治療を始めるとみるみる回復していきます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。