犬が不機嫌なときに見せる3つのサイン

犬が不機嫌なときに見せる3つのサイン

皆さんは愛犬に対して「今、不機嫌なのかも?」と感じたことはありますか?犬は不機嫌な時、あるサインを出しています。今回は犬が不機嫌な時に見せるサインや、そのサインを出した時はどのように対応すべきなのかをご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が不機嫌な時に見せるサイン

あくびをするゴールデンレトリバー

人間誰しもが不機嫌になってしまう時がありますよね。それは犬も同じです。いつも「飼い主さん大好きー!」とご機嫌というわけではありません。しかし、気持ちを言葉で伝えない犬の機嫌を理解するのは非常に難しいですよね。そこで、犬が不機嫌な時に見せるサインを3つご紹介します!

1.頻繁にあくびをする

まずはあくびをするというサインです。あくびは眠い時にするものという概念は犬には通用しません。犬があくびをする時は、不安や緊張、そしてイライラしているというサインなのです。

「何だか暇だなぁ~」「どうして飼い主さん、構ってくれないのかな~」といった小さなイライラを感じている時にあくびをすることがありますので、あくびを頻繁にする時は「もしかしたら今は少し不機嫌なのかも?」と察してあげると良いでしょう。

2.鼻に皺を寄せている

怒っている犬

犬が怒っている時の表情は、人間と似ていることがあります。人間が怒っている時、眉間に皺を寄せるように、犬も機嫌が悪い時には鼻の部分に皺をギュッと寄せていることがあります。

このサインを見せた時は、先ほどのあくびをするというサインの時よりも不機嫌の度合いが高いことを示していますので要注意です。「今は放っておいて」「あんまり邪魔すると怒っちゃうぞ」と周囲を威嚇している時に行う仕草だからです。

この時むやみに「どうしたの~」と近付いたり、無理矢理頭をなで回したりしてしまうと、唸り声をあげる子もいます。もしもついしてしまった時は、ごめんねと静かにその場を立ち去ってあげると良いでしょう。

3.名前を呼んでも耳は動くのに無視

普段、名前を呼ぶとすぐに振り向いたり、駆け寄ってくる愛犬も、機嫌が悪い時はそのまま無視を決めつけることがあります。やはり機嫌が悪い時は人間と同様、あまり構って欲しくないという心理が働いているのです。

そんな「絶対聞こえているはずなのに」という時は一度耳を確認してみましょう。名前を呼ばれると犬は無条件に反応します。その反応は耳に現れやすく、ピクッと耳だけ動いていることが多いです。

もしも耳を動かしながらもこちらをまったく見なかったり、無視をしている場合には「今は構って欲しくないんだな」「機嫌が悪いんだな」とそっとしておいてあげましょう。

犬が不機嫌!どうするべき?

考える女性

3つの犬が不機嫌な時に見えるサインをご紹介して参りましたが、もしも愛犬がこのようなサインを見せ、不機嫌だとわかった時、飼い主はどのような対応を取るべきなのでしょう。こちらも3つの対応策をご紹介しますので、ぜひ愛犬の気持ちを考え、どの対応が最も適切かを見極めましょう。

1.手が空いたら構ってあげてください

まず確認しておきたいことは、その日、まったく愛犬を構っていなかったということはないかどうかということです。甘えんぼうな子ほど、飼い主さんがまったく構ってくれないと不機嫌になってしまうことがあります。人間の子どもが親に構ってもらえず拗ねてしまうのと同じです。

構っていなかったかもと思ったら、その日、愛犬が何度も構って欲しいというアピールをしていなかったかを思い返してみましょう。やはり、頑張ってアピールしているのに無視されたら、犬でなくても寂しく感じますよね。

もしもこれらに当てはまった場合は、様子を見つつ、構ってあげてください。隣に座って軽く撫でてあげるだけでも機嫌を直し、こちらに目を向けてくれる子もいますよ!

2.気分転換させてあげる

ドッグランで走り回る白い犬

不機嫌になっている子の中には、運動不足によるイライラを抱えている子もいます。梅雨の時期など、雨が続いており散歩に行けていないという場合には、雨が止んでいる隙を見つけて、少しでも外に連れて行き、気分転換してあげましょう。

また、どうしても散歩に行ってあげる時間がないという場合には、一軒家であればお庭に出してあげるだけでも気分転換になります。また外の風に当たれる場所があれば、そこに出してあげるというのも1つの手段です。

3.状況によっては放っておいてあげる

最後にどちらも当てはまらなかった場合は、「今は構って欲しくないです」という意思表示を込めた不機嫌の可能性が高いです。この場合は無理に何かしてあげようとせず、しばらく放っておいてあげる事が大切です。

人間も1人でいたいと感じることはありますよね。犬もたまには1人でのんびりしたいと思うことがあります。そんな時は飼い主さんや家族から少し離れた場所で休んでいることがありますので、邪魔をしないようにしましょう。ここで邪魔をしてしまうと、余計イライラを増幅させてしまいます。

まとめ

笑顔のダックスフンド

いかがでしたでしょうか。このように犬が不機嫌な時にはサインを出していることがあります。このサインを見逃さず、愛犬が今どのような心理状態なのかを理解し、飼い主として対応してあげるようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。