犬を撫でる時に嫌がられる5つの理由

犬を撫でる時に嫌がられる5つの理由

お気に入りに追加

犬は撫でられることが好きという話はよく耳にしますが、いつでも、どんな条件であっても撫でられることが好きというわけではありません。今回は犬を撫でる時に嫌がられた場合、どのような理由が考えられるのかをご紹介します。

12025view

犬が撫でられていやがる理由

上目遣いで伏せる犬

1.急に頭を撫でてしまったから

撫でた時に嫌がられた場合、今自分がどこを撫でたかを思い返してみてください。もしかすると、犬の頭を上から撫でてしまったのではないでしょうか。基本的に犬は頭を撫でられることは好みません。上から触られるということに対し、野生の本能が働き、自然と警戒してしまうのです。

飼い主さんならば頭を撫でさせてくれるという犬もいますが、多くの犬は我慢していることが多いです。または、飼い主さんがしっかりしゃがみ、犬目線になり、側面から撫でている場合には良しとすることがあります。

そのため、まったく知らない人であったり、あまり知らない人に頭を撫でられると警戒してしまったり、中には「ヴーッ」と唸ってしまう子もいるのです。

2.撫でられることに慣れていない

手を怖がっている犬

まだ家に迎えたばかりの子犬や、保健所から里親として引き取った犬の場合、人間に撫でられる、触られることに慣れていないという子も珍しくありません。そのため、撫でられるということに対して怯えてしまうことがあります。

犬は信頼している相手に触られたり、近付かれることは好きですが、まだあまりよく知りもしない相手に突然触られることはあまり好みません。

したがって、まだ家に迎えたばかりの犬の場合は、少しずつ自分(飼い主)に慣れてもらう努力から始めましょう。家という環境や飼い主に対して慣れてきたと思ったら撫でてあげるようにしましょう。

3.寝ているところを邪魔してしまった

寝ている時の愛犬の寝顔というのは、飼い主にとってとても愛らしく、ついつい撫でてしまいたくなる表情をしていますよね。しかし、人間も寝ているところを邪魔されることが嫌いなように、犬も寝ている時に邪魔されることを嫌います。

もしも飼い主さんが愛犬が寝ている時に撫でた場合、それを「気持ち良い」と感じる子と「邪魔された」と感じる子に分かれます。また、眠りに落ちる直前に撫でてしまった場合にもタイミングが悪いため、嫌がる仕草を見せることがあります。

このように寝ている時に撫でられることを嫌う犬も少なくありません。なるべく寝ている時は落ち着いて眠ることができるよう、撫でるのは控えるようにしましょう。

4.ごはんを食べている最中

ご飯を食べている犬

こちらも撫でるタイミングが悪いという理由で、撫でることを嫌がられている可能性が考えられます。犬にとって「ごはん」は非常に大切な時間です。野性時代であれば、ごはんを食べることができるかどうかで生死が分かれるほど重要な時間だったため、その習性が今でも残っており、食事中を邪魔されることを嫌う子は多いです。

また、まだ家に馴染めていない子犬ややって来たばかりの犬の場合、ごはん中に触られることで「ごはんを盗られるかも!」と警戒心を持つこともあります。そのため、寝ている時と同様、ごはん中も撫でることで邪魔をするのは避けましょう。

5.怪我をしている可能性

そして最後に考えられる原因として、怪我をしている可能性が考えられます。いつもは撫でさせてくれるのに、急に撫でられるのを嫌がる仕草を見せるようになったり、撫でると「キャンッ」と鳴き声を上げる場合には、可能性が高いでしょう。

考える怪我として、骨折や椎間板ヘルニアが挙げられます。特に椎間板ヘルニアは犬に非常に多い怪我の1つです。ダックスフンドやコーギーといった足腰に負担の掛りやすい体格の犬は特に注意が必要です。

さらに骨折も珍しいと考えている人が多いですが、小型犬にとって骨折は非常に身近な怪我の1つです。ソファーから飛び降りるだけでも骨折をしてしまうことがありますので、少しでも異変を感じたら病院へ連れて行きましょう。

まとめ

撫でられるハスキー犬

いかがでしたでしょうか。犬にも撫でられることが嫌な場所やタイミングが存在します。なぜ嫌がられてしまったのかを見極め、なるべく愛犬の邪魔にならないよう、また嫌な部分を無理矢理撫でることはしないようにしてあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。