犬もペットロスになる?多頭飼いで残された犬への接し方

【獣医師監修】犬もペットロスになる?多頭飼いで残された犬への接し方

お気に入りに追加

私たち人間と同じように、犬にも先輩犬や仲間を喪った悲しみにより、ペットロスがあるとされています。残された愛犬のために何ができるのでしょうか。残された愛犬への接し方などについてご紹介しています。

9774view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にもペットロスのような症状が起きるの?

うるうる目のパグ

愛犬を亡くし、ペットロスになってしまう人がいらっしゃいますが、犬にも同じような症状が起きることはあるのでしょうか。

先輩犬が亡くなってしまい、ごはんを食べなくなってしまったり、お散歩に行きたがらなくなってしまったり、体調を崩してしまうなど、元気がなくなってしまう後輩犬の話を聞くことがあります。やはり、先輩犬を亡くしてしまった後輩犬は、寂しさや悲しさから落ち込んでしまっているのでしょうか。

犬のペットロスとは?

犬にも私たち人間と同じようにペットロスがあるとされています。多頭飼いされている犬たちにとって、一緒に過ごしてきた仲間を喪ってしまえば、寂しさもありますし、悲しみもあります。

犬にも心がありますし、心の問題によって体調を崩してしまう犬もいます。泣いていたり、悲しんでいたりする飼い主さんの姿を見て、同じように悲しい気持ちになってしまう犬もいるでしょう。

犬のペットロスはいつまで続くのか

愛犬を喪ってしまった飼い主さんの悲しみはなかなか消えることがありません。私も一代目と二代目を喪い、ペットロスはありませんが、寂しい気持ちは今も消えません。悲しみを長く引きずってしまう飼い主さんも多いと思いますが、犬はそれほど長く引きずることはないようです。

食欲がない、元気がないなどの症状が長く続いている場合、それは、飼い主さんの悲しい気持ちや寂しい気持ちを敏感に感じ取り、同じような気持ちになってしまっているのかもしれません。

残された愛犬のためにできること

女性に抱かれた犬

先輩犬や一緒に過ごしてきた仲間を喪うことはとても悲しいことです。ひとりきりでお留守番しなければならない寂しさから、お留守番を嫌がるようになってしまう犬もいますし、鳴き続けてしまう犬もいます。多頭飼いしている場合、残された愛犬が飼い主さんの心の支えになってくれることもあり、深刻なペットロスを抱えてしまうことは少ないでしょう。

しかし、残された愛犬はどうでしょうか。とあるアンケート調査によると、「先だってしまった同居犬が、生前に好んで寝ていた場所をたえずチェックしていた」という回答が60%あったようです。同居犬の存在を確かめようとしていたのではないでしょうか。

悲しんでいる愛犬に対して

先輩犬や仲間を喪い、悲しんでいる愛犬に対しては、今まで以上にたくさんの愛情を注いであげましょう。先輩犬や仲間と過ごしていた頃と同じように、お散歩を楽しみ、新しいおやつやおもちゃを買ってあげたり、週末には遠出をしてみたり、人と過ごすことが大好きな犬ですから、一緒に過ごせる時間を多く作ってあげてください。

後輩犬を迎えること

いつも二匹で過ごしていたのに先輩がいなくなって寂しいだろうからと、すぐに後輩犬を迎えることはやめましょう。先輩犬や仲間を喪い、食欲がない、元気がないなどの症状がある場合、新しい犬を迎えることが大きなストレスになってしまうことがあります。

新しく犬を迎える場合には、残された愛犬の体調など様子をみて、考えてみましょう。私が一代目の愛犬を亡くし、三代目のポメラニアンを迎えたとき、二代目の豆柴と一緒にペットショップへ行きました。

一緒に後輩犬の候補を選んであげるのも良いと思います。

引きずらないこと

犬は人の気持ちにとても敏感です。飼い主さんが悲しみを引きずっていては、残された愛犬も元気を取り戻すことができません。残された愛犬のためにも、引きずることなく、「寂しいね」などの悲しい言葉をかけるのではなく、喪った先輩犬や仲間と過ごした楽しい思い出話などしてあげてください。

まとめ

窓の外を見るジャックラッセルテリア

私たち人間と同じように、犬にもペットロスがあるとされています。先輩犬や仲間を喪い、落ち込んでしまっている残された愛犬に対して、どんなことをしてあげられるのか、どんなことをしてあげたいのか、ゆっくり考えてみましょう。

焦る必要はありませんし、体調を崩してしまっているのであれば、無理に食事をさせたり運動をさせたりする必要はありません。症状が重い場合やなかなか立ち直れないでいる場合には、獣医さんに相談してみるのも良いと思います。

こんな話を聞いたことがあります。愛犬を喪った悲しみで泣いてばかりいると、その涙が雨になり、虹の橋は大洪水になり、渡ることができないのだと。虹の橋を渡り、無事に天国へとたどり着いて欲しいですよね。

先立った愛犬のためにも、残された愛犬のためにも、私たちが強い気持ちと愛情を持たなければならないのだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。