アルビノの犬とは?特徴や飼育上の注意点

【獣医師監修】アルビノの犬とは?特徴や飼育上の注意点

お気に入りに追加

時に全身が白い動物が生まれる場合があります。この生き物たちには、アルビノの特徴のあるものと、白変種と呼ばれるタイプがあります。今回はアルビノと白変種の違いや、アルビノの犬の飼育上で、気をつけることなどについて、まとめました。

5111view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

アルビノ種の犬が生まれる経緯

アルビノ犬と飼い主

アルビノは野性でも自然に生まれてくることもありますが、近年ではその美しい見た目から、故意にブリーディングされることもあります。古代のエジプトなどでもそうですが、元々は珍しいということもあってか、歴史の中では神の使いなどとして神格化されたこともありました。

しかしアルビノは元々、身体が弱い面があったり、犬の場合だと高確率で視聴覚に障害がある個体が産まれたり、内臓疾患、色素がないため皮膚ガンになりやすいなどの、リスクを持ち合わせています。

これは特に、犬の場合は神経細胞の生成が色素と大きく関わっていることが理由で、色素がないことは母親の胎内にいる時の目や耳の形成に影響を及ぼすとされています。このため犬のアルビノは、高い確率で目や耳に問題を抱えてしまうことが多いのです。

アルビノは見た目が美しいからといって、本来、ブリーディングなどにより人為的に作り出すべきではないのです。また、このようなケースでなくても、アルビノが生まれやすい犬種があり、例えばダックスフンド、ドーベルマン、ダルメシアンなどは、両親によってはアルビノ種が誕生しやすい特徴があります。

アルビノの犬を飼う際の注意点

サングラスをしているアルビノ犬

このようにブリーディングなどでアルビノを人為的に誕生させることには、様々な問題がありますが、場合によっては飼っている犬同士からアルビノ種が誕生したり、もしくは引き取ったりすることなどもあるでしょう。

その場合、色素を持つ他の犬達とは違う、気をつけるべき点があるので知っておいた方がいいでしょう。例えばアルビノは、視聴覚の障害が際立っていない場合でも色素がないため、非常に太陽の紫外線などに弱いという特徴を持っています。

そのため、アルビノの犬の場合、日中の散歩は避け、夜間に連れ出してあげる、普段でも日差しが強い時は犬用のサングラスをさせるなどの対策をしてあげることが必要です。

また、身体が弱いところがあるので定期的な健康診断が欠かせません。飼う場所も日差しなどにさらされない室内外が基本です。もしアルビノの犬が産まれたり、もしくはどこかからもらい受けたりした場合は、これらのことに気をつけて飼ってあげましょう。

アルビノと白変種の違い

首をかしげているアルビノ犬

白変種についてですが、こちらは体毛や羽毛など全身が白い色をしてはいるものの、色素を作り出す遺伝子に問題がなく、身体が単に白化した生物のことを言います。有名なホワイトライオンやホワイトタイガーはこの白変種であることが多いようです。

一方、アルビノは同じ白い色でも生まれつき色素を作り出すメラニンが生成できず、色が白くなっている状態のことを言います。(まれにアルビノでも色素が一部残り、身体に斑などがある個体もいます)

有名なアルビノの動物だと、山口県岩国市の白蛇がいます。これは大変珍しい、自然繁殖したアルビノの生き物で、地元の人によって保護されています。通常アルビノはとても目立つ見た目をしているため、野生ではいち早く獲物となってしまうのです。

白変種は一説によると、氷河期などを経て進化してきた過程で、雪景色などに身を隠すために環境に適応し、白くなったのではないかと言われています。それに対してアルビノは遺伝子に色素を作る情報がない、先天的な疾患となります。

両者を見分ける方法としては、白変種の動物が目や鼻などに黒い色などが残っているのに対し、アルビノ種は鼻、口周り、アイラインなどがピンク色をしていたり、目の網膜が赤い色、もしくは非常に薄い色をしていたりするのが特徴です。

まとめ

アルビノ犬と遊んでいる人

いかがでしたか?アルビノについて、実は知らないことが多くありましたね。このような動物は正しい知識を持ち、美しいからといった理由だけで繁殖が行われないように、個々人が意識したいものです。また、もしアルビノの犬をもらい受けたら、上記のことに気をつけて大切に飼育してあげてくださいね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 ウミネコ

    アルビノはどの生き物でも珍しくてミステリアスな雰囲気で人気がありますよね。熱帯魚などでもアルビノ種はちょっとだけ高価です。しかし身体が弱かったり、紫外線に注意しないといけなかったりのリスクがあるんですね。見た目のイメージだけで選ばないでリスクも承知しないといけませんね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。