犬が白い液体を吐く原因と考えられる病気、適切な対処法について

犬が白い液体を吐く原因と考えられる病気、適切な対処法について【獣医師監修】

お気に入りに追加

犬が吐く白い液体の正体は「胃液」です。空腹時に刺激が原因となり、胃液が逆流してしまったのです。予防法や対処法、病気の可能性についてもご紹介しています。

10264view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。仙台市の動物病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

愛犬が白い液体を吐いてしまったら

具合の悪い犬

犬は吐くことが多いとされていますが、それでも愛犬が突然に吐いてしまったら心配になってしまいますよね。ほとんどの場合、白い液体を吐いてしまっても、その後は何の問題もなく、元気も食欲もあり普段通り過ごすことができますが、白い液体を吐いてしまう原因や病気の可能性なども知っておく必要があると思います。

白い液体を吐いてしまう原因と予防法

白い液体を吐いてしまう原因は、特にごはん前の場合は、お腹が空きすぎてしまったことによって、胃液が逆流してしまったことが原因であることが多いです。

  • 食事の量が少ない場合には食事の量を増やす
  • 食事の回数を増やす
  • 食物繊維の多い食材を食べさせてあげる
  • 空腹時のハードな運動は避ける
  • 空腹時間を少なくする

このような対策をすることによって、白い液体を吐くことを予防することができます。

食事の回数ですが、1日1回与えている、朝と夜の2回に分けて与えている、このような場合が多いようですが、空腹の時間が長いことで白い液を吐きやすい犬の場合、回数を増やしてあげると良いと思います。

満腹になりにくい犬や空腹になりやすい犬の場合、さつまいもなどの食物繊維の多い食材を食べさせてあげることで腹持ちを良くしてあげることができます。間食として食べさせてあげるのも良いと思います。
またダイエット用のごはんも腹持ちがよく作られている場合が多いのでそのようなごはんにかえてもらうのもいいかもしれません。

空腹のときに激しい運動をしたりお散歩をしたことで胃液が逆流しやすくなってしまうことがあります。そのような場合には、運動やお散歩の前に食事を与えても良いと思います。
ただし、大型犬などの胸が深いわんちゃんなどは胃捻転を引き起こす恐れもあるので、食後すぐの激しい運動やお散歩にも注意が必要です。ある程度休ませてから行きましょう。

白い液体は何なの?

白い液体は「胃液」です。透明に近い色である場合もありますし、泡立っている場合もあります。
白い液体を吐きやすいのは、空腹であるときや朝起きたときです。

胃液は食べた物を消化するために必要な消化液であり、決してカラダに害のあるものではありません。
自然と胃の中で分泌されているものです。過剰に分泌されてしまったときや空腹時の運動など何等かの刺激によって逆流してしまうことがあるのです。

ドッグフードの切り替え時にも注意が必要です

仔犬用のドッグフードから成犬用のドッグフードに切り替えるとき、いつものドッグフードから別のドッグフードに切り替えるとき、このようなときにも白い液体や食べたごはんを吐いてしまうことがあります。一気に変えるのではなく、元のドッグフードに少しずつ混ぜながら切り替えるようにしましょう。

少しずつ切り替えていったにも関わらず白い液体や食べたごはんを吐いてしまう場合、そのドッグフードがカラダに合っていない可能性を考えることができます。

  • 粒の大きさが合っていない
  • 粒の硬さが合っていない
  • 成分が合っていない
  • アレルギー物質が含まれている

などの可能性があります。

白い液体を吐いたときの病気の可能性は?

病気の犬

白い液体を吐いてしまったとき、嘔吐したものや愛犬の様子を注意してみてあげてください。

  • 消化されていないものが混じっている
  • 消化途中のものが混じっている
  • 血が混じっている
  • 異物が混じっている

など、白い液体に他のもは混じっていないか確認してみましょう。

  • 下痢をしていないか
  • 熱は出ていないか
  • 咳は出ていないか
  • 鼻水は出ていないか
  • ぐったりしていないか
  • 食欲はあるのか
  • 興奮していないか

など、愛犬の様子も確認してみましょう。

  • 食前に吐いたのか
  • 食後に吐いたのか
  • 嘔吐する頻度
  • 嘔吐する前に食べたものは何か

なども把握しておくと、獣医さんに診察していただく際に伝えることで役立てることができます。

まとめ

茶色い犬とヨダレ

白い液体は胃液であり、食べたものを消化するために自然と分泌されているものです。吐いてしまう原因は、空腹時に胃液が多くなりそれが胃を刺激してしまうことや、激しい運動などをしたことで刺激され、逆流してしまったことがほとんどです。白い液体以外に何等かの異物が混入している場合には獣医さんに相談しましょう。

うちの愛犬たちも月に1回は白い液体を吐くことがあるように思います。お散歩の後に吐いてしまうことが多く、最近はお散歩の前に少しだけビスケットやジャーキーを与えるようにしています。空腹によって吐いてしまうことが多い犬の場合、「おやつの時間」を与えてあげることが予防に繋がるかもしれません。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。