犬の飼育にかかる毎月の支出額はどのくらい?緊急時にかかるお金まで

犬の飼育にかかる毎月の支出額はどのくらい?緊急時にかかるお金まで

お気に入りに追加

私の愛犬の場合の、食費・お薬代・お手入れ・緊急時の4つの費用についてご紹介しています。余すことなくご紹介することができたわけではありませんが、ご自身と比べながら楽しんで読んでいただけると嬉しいです。

5161view

犬の毎月の飼育費について

メガネをかけた犬

愛犬に必要な毎月の費用、みなさんはどのくらいでしょうか?
カラダの大きさによっても違いがありますし、男の子と女の子でも違いがありますし、長毛なのか短毛なのかによっても違いがありますし、平均を出すのはなかなか難しいかもしれません。

また、季節によっても費用が増えたり減ったりします。その理由についても後ほどご紹介します。

私には、体重15kgの中型犬・ミックスの男の子、体重3kgの超小型犬・ポメラニアンの女の子がいますが、愛犬に必要な毎月の費用はそれぞれ違います。それほど大きな差があるわけではありませんが、それぞれにどれくらいの費用が必要なのか、しっかりと把握しておかなければなりません。

1ヶ月分の食費について(私の愛犬たちの場合)

犬と野菜

  • ミックスの男の子 6000円くらい
  • ポメラニアンの女の子 2000円くらい

同じフードを与えているのですが、食べる量が大きく違うため、食費にも大きな差があります。

ドッグフード(総合栄養食)だけではありません

フードとは別に、野菜や果物なども与えているのですが、全て含めると15000円~20000円なのではないかと思います。毎月、食費として用意している金額は30000円なのですが、使い切ることはありません。

残った分の金額は、風邪をひいたり、胃腸炎になったり、食欲がない時など、特別な食事を必要とすることがあった場合の食費として貯金している分にプラスしています。

与えるフードによって金額も大きく違います

フードの金額も様々ですよね。同じ量であっても1000円以下のフードもあれば、5000円以上のフードもあります。同じフードであっても食べる量によって大きく変わります。

愛犬のカラダと健康と幸せの元になる食事ですから、値段ではなく、栄養や品質などを重視して選びたいですよね。

サプリメント

お口の中(歯)の健康を維持するためのサプリメントを与えているのですが、100粒で3000円ほどです。ミックスの男の子は1日2粒、ポメラニアンの女の子は1日1粒です。サプリメント代は食費から支払っているため、ここでご紹介しました。

お薬代について(私の愛犬たちの場合)

犬とダニ

  • 寄生を予防するお薬
  • ワクチンの接種
  • 狂犬病の予防注射

上記3つは毎年必ず必要とします。

フィラリア症を予防するためのお薬代(5月~12月)

  • ミックスの男の子 1296円
  • ポメラニアンの女の子 864円

ノミとダニの寄生を予防するためのお薬代(1年を通して)

  • ミックスの男の子 1544円
  • ポメラニアンの女の子 1382円

ワクチンの接種

私の愛犬たちは「9種混合ワクチン」を接種しています。費用は二匹で20000円ほどです。

  • ジステンパー
  • 伝染性肝炎
  • アディノウイルス2型
  • パラインフルエンザ
  • パルボ
  • 黄疸出血型(レプトスピラ)
  • カニコーラ型(レプトスピラ)
  • ヘブドマディス(レプトスピラ)
  • コロナ

この9つの病気を予防することができます。
1年に1回接種していますが、ワクチンの接種は「任意」であるため、接種させない飼い主さんもいらっしゃいます。

狂犬病の予防注射

狂犬病の予防注射は1年に1回必要であり、「義務」です。私の愛犬たちは、かかりつけの病院へ行き獣医さんにお願いしていますが、二匹で6000円です。私の一代目と二代目の愛犬は、老犬になったとき、獣医さんの診断によって免除され、書類を作成していただきました。

お手入れに必要な費用について

シャワーされる犬

トイプードルなどの被毛が伸び続けてしまう犬種は、毎月のトリミング(被毛のカット)が欠かせません。トリミングが必要な犬種と必要ない犬種ではお手入れに必要な費用が大きく変わりますよね。

1ヶ月お手入れ代(私の愛犬の場合)

  • ミックスの男の子 0円
  • ポメラニアンの女の子 540円

ポメラニアンの女の子のトリミングフルコースをお願いしたことがあるのですが、シャンプー・全身カット・爪切り・耳掃除・肛門周り・リボン・香水、7つで6000円ほどでした。しかし、愛犬たちのお手入れは全て私の手で行っているため、ほぼ0円です。

ポメラニアンの女の子にかかる540円は爪切り代であり、どうしても私の爪切りを嫌がるため獣医さんにお願いしています。

道具を買い揃える

  • シャンプー
  • ブラシ(被毛のブラッシング)
  • 爪切り
  • イヤークリーナー(耳掃除)
  • バリカン(被毛をカットする)
  • ハサミ(被毛をカットする)

私はこれらの道具を買い揃えました。

ブラシは短毛であるミックスの男の子と長毛であるポメラニアンの女の子で違いますし、ブラシの種類も数種類あります。イヤークリーナーは獣医さんに処方していただいていますが、1本3000円ほどです。

バリカンとハサミは10000円ほどで買いましたが、ポメラニアンの女の子の被毛をカットするために買ったもので、お尻周りの汚れを防止するために定期的にカットしています。

緊急時に必要な費用について

包帯と犬

いろんなご意見があると思いますが、私は愛犬たちに避妊手術や去勢手術をさせません。

病気を予防するために…と考えたこともありましたが、させていません。そのため、二代目の愛犬・豆柴の女の子は10歳の時に子宮内膜炎になってしまい、手術と入院で50000円ほどの費用がかかりました。

一代目の愛犬・ミックスの女の子は15歳の時に抜歯の手術をし、手術と入院で30000円ほどの費用がかかりました。

一代目と二代目の愛犬は上記の事柄以外に緊急を要したことがなかったため、緊急時の出費は二匹で80000円ほどでした。

緊急時ってどんな時?

病気をしたとき、ケガをしたとき、事故に遭ったとき、診察・治療・お薬・手術・入院に必要な費用のことを言うことが多いのではないでしょうか。

数万円が必要なこともありますし、十数万円が必要なこともあります。数十万円が必要なこともありますし、100万円を超えることもあるかもしれません。

保険に加入していることで費用を抑えることもできますが、私は愛犬用の貯金をしています。一匹100万円あれば良いかなと考えて貯金していますが、足りないときは自分の貯金から出せば良いと考えています。
緊急時のために愛犬用の貯金をしていますが、正直どれくらいの金額を備えれば良いのかわからないため、100というキリの良い数字にしているだけです。

最近は、地震などの災害によって緊急避難が必要になったとき、愛犬たちのためにどれくらいの現金を手元に置いておいたら良いのだろう…と考えることもあります。

まとめ

見つめる犬

犬の毎月の飼育費については、もっともっとご紹介したいことがたくさんあります。

今回は私の愛犬の場合の、食費・お薬代・お手入れ・緊急時の4つについてご紹介しました。みなさんの愛犬の場合の4つについても知りたいです。

「犬」ではありますが、「人」と同じ、もしくは「人以上」にお金を必要とする場合もあるのではないでしょうか。「ペット」と呼ばれることもありますが、私にとって愛犬たちは我が子であり、人間の子供を育てることと同じくらいの費用と覚悟が必要だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。