犬の留守番の友に、オーディオブックはいかが?

犬の留守番の友に、オーディオブックはいかが?

お気に入りに追加

犬は音楽よりも人が朗読をする声を好みリラックス効果が高いというリサーチ結果をもとにして、犬のためのオーディオブックという素敵な企画がスタートしました。

2745view

犬のためのオーディオブックの企画がスタート!その背景は?

本を持つ男性と犬

皆さんは愛犬を置いてお出かけする時、テレビやラジオをつけたままにしたり、音楽を流したりしますか?音楽も悪くないのですが、本の朗読が録音されたオーディオブックが音楽よりも効果的というリサーチも発表されています。

そしてそのような研究を受けて、このたびアメリカのAmazonが犬のためのオーディオブックの企画をスタートさせました。

オーディオブックの声は犬をリラックスさせるというリサーチ

リラックスしている犬

2015年のことですが、イギリスのハートプリー大学の研究チームが、保護施設で暮らしている犬たちに音楽やオーディオブックを聞かせて、その影響を調べるために身体の状態や行動を観察するというリサーチが行われました。

施設に保護されている31匹の犬に、犬舎の中で過ごす2時間のあいだ、いくつかの種類の音楽または物語を朗読するオーディオブックを流して聴かせ、犬たちの様子をモニターカメラで5分おきに撮影して観察するというものです。

音楽はクラシック音楽、イギリスのヒットチャートに入っているポップミュージックのオムニバスアルバム、『犬のための音楽』として周波数を調整してデザインされた犬用音楽アルバム、オーディオブックは俳優が朗読する『ナルニア国物語』、そして全くの無音状態という5つの違う状態が観察されました。

結果

その結果、オーディオブックを聴かせた時に、犬たちは最もリラックスした様子で、くつろいだり眠りに落ちたりする犬が多かったとのことでした。犬舎内をウロウロ歩き回ったりする行動も減り、吠える、唸る、キュンキュン鳴くなどの行動も目立って少なかったそうです。(ちなみに最もリラックスしなかったのはポップミュージックだったそうです。)
リサーチはその後、保護施設ではなく一般の家庭犬100匹を対象にしたものも行われ、76%の飼い主が「4週間のリサーチ期間の後、犬が落ち着きリラックスした様子でいることが増えた」と答えたそうです。

なぜオーディオブックが犬をリラックスさせるのか?

畳の上でリラックスする犬

犬は突然大きな音が鳴ったり、激しいリズムの音楽などは好みません。一定のリズムで自然に流れていく音に安心する傾向があります。静かなタイプのクラシック音楽やレゲエが犬に好まれるのはそういうわけですね。
(「犬のストレスを軽減する音楽ジャンルのリサーチ結果」https://wanchan.jp/osusume/detail/6300
音楽よりもさらに一定のリズムで自然に流れ、しかも人間の話し声であるという点で、オーディオブックは犬にとってより心地良いようです。
またテレビやラジオは番組が切り替わったりCMが入ることで音声やリズムが一定でなくなるためリラックスが途切れやすく、オーディオブックの方が好ましいとされています。

アメリカやイギリスの保護施設では、ボランティアの人々が犬に本の読み聞かせをするというプログラムを実施している所も多くあります。中には本の音読が苦手な子供たちに読み聞かせを任せ、犬のリラックスと子供たちの苦手克服の両方を助けている施設もあります。
リラックスした様子で吠えたり唸ったりする行動の少ない犬は新しい家庭が見つかりやすくなるので、保護施設の譲渡率のアップにもオーディオブックや読み聞かせが一役買ってくれます。

犬のためのオーディオブック!

寝ているトイプードル

このようなリサーチや実践を背景にして、このたびアメリカのAmazonがオーディオブック版ストリーミングサービスの自社ブランド『オーディブル』において、『オーディブル・フォー・ドッグズ』という企画をスタートさせました。

この企画は日本でもテレビ番組でよく知られる動物行動士のシーザー・ミラン氏との共同作業で始まりました。35万ものオーディオブックを擁するオーディブルのカタログの中から、犬のリラックスにふさわしいものをシーザー・ミラン氏とオーディブルのチームが選び出し『AUDIBLE FOR DOGS』というカテゴリーで紹介しています。

日本語版のオーディブルでは、犬のためのセレクションという企画はないのですが、愛犬をお留守番させる時などにオーディオブックを流しておくことは簡単に真似できそうですね。ミラン氏によると、オーディオブックを選ぶ時は、読み手が犬をメインで世話している人と同じ性別で、声なども似たタイプの人を選ぶのがコツだそうです。

まとめ

ラジオを聴く犬

いくつかのリサーチの結果、犬は音楽よりもオーディオブックを聴く方がリラックスして落ち着くようだと報告されています。一定のリズムで穏やかな人間の声が聞こえて来ることで、犬にとって一種の瞑想のような効果があるそうです。保護施設などで、犬のストレスを軽減させるために犬に本を読み聞かせるプログラムを実施しているところも多くあります。

アメリカのAmazonでは、定額制のオーディオブックのサービスで「犬に聴かせるためのオーディオブックセレクション」をスタートさせました。

お留守番の時など、犬がリラックスして眠りにつきやすくなるという嬉しい効果のあるオーディオブック。無料で利用できるオーディオブックも色々ありますし、犬の身体に負担をかけることはありませんから、気楽に試してみられそうですね。

お気に入りのオーディオブックを聴きながら愛犬といっしょにリラックスタイムというのも素敵だと思いませんか?

《参考》
http://www.appliedanimalbehaviour.com/article/S0168-1591(15)00312-3/fulltext
https://www.usatoday.com/story/tech/2017/08/06/audible-teams-up-cesar-millan-calm-dogs/539529001/

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。